フレッツ光を解約しようかな

JR山手線に乗っていたら社内の液晶モニタでUQ WiMAXのCMが流れていました。目に留まったのはIOデータ製のWMX-GWMR。「家も外もこれ1台!」という触れ込みのやつ。ちょうど自宅の無線LAN環境を刷新しようと考えていたところなので、これは検討の価値ありです。外出時に持参すればWi-FiモデルのiPadもネットに繋がりますし。


I-O DATA モバイルWiMAXルーター WMX-GWMR

私の住居は新興住宅地なのでメタル回線が引かれておらず、数年前に引っ越してきた際にしかたなくフレッツ光に申し込んだのですよね。しかもマンションタイプではなく戸建てタイプ。当時は他に選択肢がありませんでした。それ以来、ずっとフレッツ光ユーザだったのですが、通信速度65M/secとか出てくれても嬉しいことはありません。明らかにオーバースペックです。

さて、フレッツ光(戸建てタイプ+ひかり電話)の料金は通話料金抜きで月額5,992円。合わせて申し込まされた提携プロバイダ費も含めれば7,245円。対してUQ WiMAXの「UQ Flat 年間パスポート」は月額3,880円でプロバイダ契約は任意なので私は不要。別途登録料2,835円が発生するものの、その差3,300円ほど。積み立てれば1年で36,000円もの差が出ます。安いツアーなら沖縄、グアム、サイパンには行かれる額です。年パスは縛りができますが、まあ次に引っ越しする際も圏内なら引き継げるので構わないでしょう。NTTの固定電話は震災以降、節電の意味もあって使っていませんので、こちらも解約可能です。

ならば、気になるのは端末の販売価格と利用エリアのみ。

売価の方は契約する料金プランごとに違うそうですが、ダイレクトショップでUQ Flat 年間パスポートを契約すれば5,800円(通常価格21,000円)とお手ごろです。

利用エリアに関しては15日レンタルサービスがあるので、ひとまずこちらに申し込むことにしました。出先はともかく自宅でまずまずのスピードが出るようなら、即刻NTTの契約をすべて解約してUQ WiMAXに乗り換えようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください