WiMAXの契約の不思議

WiMAXカラーのガチャピンとムックフレッツ光を解約してUQ WiMAXに乗り換えてから約1年が経ちました。来月が更新月です。

でも、この更新月って制度も妙な気がします。その期間以外で解約すると解除料5,250円(1年目は9,975円)が発生するのだとか。だったらこのタイミングで解約しますよね。光回線とは違って入り直しても特典が受けられるようだし、その方が何かと有利なこともあるので。

例えば私のWiMAXルータはI-O DATAのWMX-GWMRで、発売から1年あまりが経過した普通のWiMAX機。でも世の中には発売が新しく、より高感度なWiMAXハイパワー対応機が存在します。WiMAXは多重契約ができないらしく、解約後の新規契約という流れで空白期間が数日発生するにしても、古い機種のままもう1年間縛られたくはないのでここは乗り換えるのが懸命でしょう。WiMAXの再契約にはまた3,000円ぐらいの新規登録料が発生しますが、業者をうまく選べば相殺できる額です。

まあ更新月制度はWiMAXだけの話ではないけど、おいそれとキャリアを替えにくいケータイとは違って、モバイルルータの場合は気楽に乗り換えが可能です。中にはこのタイミングで他社のモバイル環境に移行する人もいるでしょう。実は私もWiMAXを続けるかイー・モバイルに変えるかで迷っています。というかかなりイー・モバイルに傾いています。

だったらWiMAXは更新月なんて制度はやめて単純に「最初の12ヶ月未満で解約すると解約料が発生します」だけにした方が良いのではないかと思うのですがね。そうしてくれていれば、私も何かの切っ掛けができるまで今の契約を続けたかも知れないのだし。

それとも世間一般には更新月に解約しない人が多いのかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください