鯨はシーフード

先日、小田急百貨店の長崎物産展で懐かしの鯨肉を購入しました。

鯨カツと鯨の竜田揚げ

ダイバーの端くれたるものもう鯨は食わないようにしようと思ってはいるのだけど、子供の頃に慣れ親しんだ味の誘惑には抗えません。特に甘く味付けされた竜田揚げはたまらんのです。この味に敵うのはサビ(クロシビカマス)ぐらいじゃないかと個人的には思っております。ちなみにクロシビカマスの美味さは今週の鉄腕ダッシュでも絶賛されていました。

で、せっかくだからこの鯨肉を馴染みのフィリピン人女性にも食べてもらいました。彼女は軽いシーフードアレルギー持ちだけど、鯨は魚介類じゃないから大丈夫だろうと。そうして初めての鯨肉を美味しいと言って食べていたものの、食後に唇の周りに少々痒みが走ったそうな。そして夜には耳のあたりまで痒くなり、火照ってなかなか寝付けなかったとのこと。次第に治ったらしいし食中毒とかじゃなくて良かったけど、お気の毒に。

そうか、水棲哺乳類の鯨もシーフードなのか、人に勧めるときは気をつけないとな…。

CebupotのPDFは?

セブ情報のフリーマガジン「Cebupot(セブポット)」の最新号が出る頃なのでWebサイトで探したものの、PDFが見つかりませんでした。

よって問い合わせたら「PDFの公開は終了しKindleでの配信に変った」との返答。ああ、そうか。

で、さっそくAmazonにアクセスしたら「Kindle Unlimited」の会員なら0円だけど非会員は250円だそうな。

Cebupot 2018年5月6月号

基本、セブに行かないと手に入らないのだけど、それでも無料で配っているものが250円だと躊躇してしまうよなぁ。クーポンを買うような話になるし。

かといって隔月発行のCebupotのためだけにKindle Unlimited会員になって月額980円を払う気にもなりません。Kindle Unlimitedをやめると閲覧できなくなるのだろうから。

Kindle Unlimitedの会員のCebupot読者がどれほどいるかはわからないけど、Kindle向けの有料配信ってのは微妙な感じがします。少しでも売り上げが欲しいのは解るけど、フリーマガジンを売るってのはどうも。下手するとほとんど誰からも読まれない可能性もあるんじゃないかと。やっぱりPDFがベストじゃないかな。

今夜発表されるべきもの

米国で3月27日、日本だと28日に当たる明日、Appleがイベントを開催して新製品を発表するようです。

Appleのイベントのバナー

教育分野に焦点を当てているようで、噂によれば本命が廉価版iPad。他にもMacBookのエントリークラス機やiPhone SEの新モデルの登場が予想されています。

でも個人的には是非ともMac miniのモデルチェンジを期待したいところ。学校教育の場ではプログラミングが重視されるようになってきているけど、さすがにiPadやiPhoneではやりづらいし、MacBookは高価になりがちなので。

その点、Mac miniなら学校が導入済みの液晶ディスプレイを流用すれば導入稿ストを抑えられ、Windowsからの乗り換えも促せるので。そう、時代の主役はモバイル。そしてAndroidアプリはともかくiOSアプリを作るにはMacが必要なわけだし、もはやWindows Phoneが台頭する可能性は皆無に等しいのだから、ここで新しいMac miniを出せば学校関係者に「Win PCをMacに置き換えませんか?」とアピールできますよね。

糸魚川フェア・復興感謝祭

下北沢で昨日と今日開催されている糸魚川フェア・復興感謝祭に行ってきました。2年前の震災の復興支援を兼ねたイベントで、物品の売り上げの2割は寄付金になるのだとか。そんなわけで色々と食べてみました。

カニ汁(300円)。ズワイガニの出汁がたっぷり出ています。

糸魚川フェアのカニ汁
カニ汁

アンコウ汁(500円)。あん肝たっぷり。

糸魚川フェアのアンコウ汁
アンコウ汁

蟹味噌の甲羅焼き(600円)。昨年の全国魚市場&魚河岸祭のものよりもボリュームがありました。

糸魚川フェアの蟹味噌甲羅焼き
蟹味噌甲羅焼き

アヒージョ(500円)。椎茸も楽しめます。

糸魚川フェアのアヒージョ
アヒージョ

甘エビの唐揚げ(500円)。これも旨いのだけど、甘エビはやっぱ唐揚げよりも刺身ですね。野外イベントでは提供しづらいだろうけど。

糸魚川フェアの甘エビの唐揚げ
甘エビの唐揚げ

他にも、新潟のお酒の飲み比べなんてものがあったけど、筋トレ前だったので諦めました。

激辛はしご酒、再び

昨日の夜、また下北沢の激辛はしご酒イベントに行ってきました。二度目です。前回のリストバンドを持参すると参加費は700円→300円になります。

まずはビアバルFesta下北沢で牛すじビール煮『辛口』。ドリンクはモカチーノ・メサイヤというクラフトビールを注文。料理はピリ辛で旨し。ビールはよくわからない苦味たっぷりでした。

ビアバルFesta下北沢 牛すじビール煮『辛口』
ビアバルFesta下北沢 牛すじビール煮『辛口』

次にesで激辛チキン南蛮と芋盛りを。チキン南蛮は外れない旨さでタルタルソースもいいのだけど、微塵も辛くなかったな。

es 激辛チキン南蛮
es 激辛チキン南蛮

そしてBANANA MOONでアボカド&サルサのジャンバラヤとラムトニック。ジャンバラヤはこれまた旨いのだけどもはや甘口でしたね。

BANANA MOON アボカド&サルサのジャンバラヤ
BANANA MOON アボカド&サルサのジャンバラヤ

3軒回ったところで腹が膨れたので撤退。結局、また激辛料理には出会えませんでした。

でもそれが妥当かも。毎年、大久保公園で開催される激辛グルメ祭の料理は辛いだけで旨味が足りないものばかりだし、味のバランスを壊してまで激辛に味付けすることはしないという申し合わせがあるのかも。

ただし、辟易するのは禁煙ではない店も多いこと。これはグルメ寄りのイベントとしては致命的な難点ですね。ガイドマップに「喫煙可不可」は書いていないし。

さて、今日と明日の下北沢では糸魚川祭りが開催されます。アンコウとカニが食べられるはずです。後で行ってみよっと。