カンボジアフェスティバル2022

カンボジアフェスティバル2022

5月4日(水)、代々木公園で開催されていたカンボジアフェスティバルに行ってきました。まだ出店規模は小さいけど、また開催できるようになったことを嬉しく思います。

カンボジア料理なんてものはよく知らないので、目について食べたのはこちらのノンパンチョク。グリーンカレーのスープにそうめんを入れたような感じです。普通に美味しかった印象。

カンボジアフェスティバルのノンパンチョク

そして買って帰ったのがこちらのバイントラン。

カンボジアフェスティバルのバイントラン

細切りのライスペーパーに甘辛い干しエビをまぶした感じのもの。のしいかみたいな食感かと思いきや、ライスペーパーが硬くて直では食べにくいです。少し温めた方がいいのかも。

さて、代々木公園では今月21(土)、22(日)にOKINAWAまつりが開催予定だったけど、どうやら中止となったようです。残念。

来月はベトナムフェスティバル、トルコフェスティバル、タイフードフェスティバルが予定。コロナの陽性者数がまた増え始めているけど、無事開催されることを願います。

ラムバサダーフェスティバル2022

ラムバサダーフェスティバル2022

世間ではゴールデンウイークに突入してるらしいですね。フリーランスの個人事業主には関係がないけど。

で、昨日は中野セントラルパークで開催されていたラムバサダーフェスティバル2022に行ってきました。要するに、オーストラリア産のラム肉をラム肉を楽しもうってイベントです。2年ぶり4回目だそうな。

天候は小雨。気温が低くマフラーをしている人までいたけど、私は半袖で平気です。

今回食べたのは以下。

味坊の羊肉串
味坊の羊肉串(500円)
サザンフライドラムショップのラム65(ラムから揚げマサラソース和え)
サザンフライドラムショップのラム65(ラムから揚げマサラソース和え)
サッカパウの香草ラムカツ
サッカパウの香草ラムカツ

この中ではラムカツが一番私の好みでした。長蛇の列ができてたし。

ラムのオブジェ
ラムのオブジェとパネル
ジンギスカンのジンくん
ジンギスカンのジンくん。キャラクターとはいえ料理名を名前に付けるのはいかがなものか?
生姜ジュース
会場で配られていたオーストラリアの生姜ジュース

パエリア・タパス祭り

昨日、日比谷公園で開催されているパエリア・タパス祭りに行ってきました。開催は実に3年ぶりです。

パエリア・タパス祭り

出店はパエリア6店とタパス8店だから規模はかつての1/4ぐらいかもしれないけど無事開催できただけでも感激です。

ただし、天候は生憎の雨。気温も11℃とかだし、平日ってこともあって正午前後でも客足はまばら。長引くコロナ禍のせいでフードイベントにアンテナを張っている人はすっかり減ってしまったのかも。

でも、おかげでどのお店でも並ばずに買えたし、さほど多くないテント内のテーブル席も使えました。ちなみに目ぼしい電子マネーが使えるので現金は要りません。

と言うわけで食べたものはこちら。

パエリア・タパス祭りのラムチョップと豚のモツ煮
ちくら製作所の『イベリコ豚と千葉豚の肉もつ煮込み(左)』とMeet&Shellfish TONTOKO BOYの『ラム肉のグリル(右)』
パエリア・タパス祭りのシーフードパエリア
バルエスパーニャの『北海道シーフードパエリア』
パエリア・タパス祭りのショートパスタのパエリア
スペイン料理銀座びいどろの『フィデュワ・デ・ガンディア』。お米ではなくショートパスタです
パエリア・タパス祭りのイカ墨パエリア
発見!ふくしまの『常磐ものイカスミパエリア』

何がいいかは好き好きだろうけど、私は常磐ものイカスミパエリアをおすすめします。

最後にホセ・リサール像に挨拶して帰ってきました。フィリピンはここのところ災害続き。12月にはセブがこっぴどくやられたし、今も台風でサマール島がひどいことになっています。

日比谷公園のホセ・リサール像
日比谷公園のDr.ホセ・リサール像

ピーロート・ジャパン

マリンダイビングフェアには毎年ピーロート・ジャパンという企業が出展してしています。ワインの輸入販売をやっているようです。去年は私には甘すぎる白ワインを頂いたような。

今年も「ワインはお好きですか?」と声をかけられたので「ええ」と答え、試飲させてもらうことに。本当は「ワインも好き」ってくらいだけど。

最初に提供されたのが熊のマークのこれ、カリフォルニア産のPANAMERA。

ピーロート・ジャパンのワイン

その後も南米産など何種類か試したけど最初のPANAMERAが一番美味しいと思いました。きっと多くの人にウケがいいのを最初に持ってきてるのでしょうね。

さて、先方もビジネス。当然、商談に進みます。送料抜き12本で4万1千円ぐらいだったかな。もしくは6本2万1千円だと。一本あたり3千円ちょっとか。高いってわけではないけど、お礼を言って断って立ち去りました。何しろ運動が日課で普段はアルコールをまったく飲まない自分にとっては美味しかろうがデッドストックになるだけだから。

変わりゆく池袋

先日、マリンダイビングフェア2022のために1年ぶりに池袋に行ったけど、ビックカメラのカメラ館、東急ハンズ、その向かいのゲーセンのビルは閉まったままでした。天下の東京の主要駅でもでもこれか。いよいよ東京も厳しい時代に突入する前触れなのかも。この先は地方以上に深刻な超高齢化が避けられないし。

そんな中、東急ハンズの向かいの松屋跡地には羽田市場なるお店が入っていました。

池袋の羽田市場

どうやら2Fは居酒屋、1Fは食堂という構成のようです。1Fのカウンター席はとても窮屈でした。

食堂のメニューは海鮮丼と天丼。いつもなら海鮮にするところだけど、この日はビジュアルに惹かれて1,200円くらいの天丼を頼んでみました。

池袋の羽田市場の天丼

奥に立ち上がっているのは豚肉の天ぷら。小皿に待避させながらになるので食べにくいけど、海老天の海老は甘味が強くて美味でした。

当面、池袋に出向く予定はないけど、次回は鱧を使った海鮮ひつまぶしを食べてみようと思います。