フィリピン・クリスマス・フェスティバル2019

フィリピン・クリスマス・フェスティバル2019に行ってきました。今年は日比谷公園ではなく代々木公園です。

フィリピン・クリスマス・フェスティバル2019

まずはSisig(シシグ)。大好きなもので。

フィリピン・クリスマス・フェスティバル2019のSisig
クリーミーなタイプのSisigでした

次にSisig & Manok(焼き鳥)。

フィリピン・クリスマス・フェスティバル2019のSisigと焼き鳥
こちらもクリーミーなタイプ。ただしトウガラシが多めに入ってて美味

さらにSisigとBulaloスープ。

フィリピン・クリスマス・フェスティバル2019のSisigと Bulaloスープ
ANA’sのシシグはドライなタイプにマヨネーズ付き。Bulalo(牛スネ肉のスープ)が最高でした

ランバノグ(ココナッツの蒸留酒)。

フィリピン・クリスマス・フェスティバル2019のLAKAN(ココナッツ酒)
ココナッツのお酒、先日スリランカ産のも飲んだけど、どうも私には合わないような

なぜか倉吉市のウイスキーも出店していました。

フィリピン・クリスマス・フェスティバル2019の倉吉市産ウイスキー
当然ながら8年や12年よりも18年ものの方が旨し。他にもブランデー仕込みの梅酒とウイスキー仕込みの梅酒もありました。ウイスキーの方が好みでしたね

そしてBalotまでありました。

フィリピン・クリスマス・フェスティバル2019のBALOT
気にはなったけど買えませんでした。1個400円って現地価格の10倍以上だもの。きっと輸入品で新鮮じゃないだろうし

ミンダナオ産のコーヒー、1杯400円で売っていたのを確認したけど、会場を一周してから再訪したらすでに撤収されていました。残念。

Jolibeeキャップを貰いました。

フィリピン・クリスマス・フェスティバル2019のJolibeeキャップ
フィリピン在住の知り合いに日本から注文してJolibeeやらを届けるサービスとのこと

「SAMURAI PRESIDENT」なんて本も。ドゥテルテ大統領のことらしいけど著者が大川隆法氏と知ってがっかり。

SAMURAI PRESIDENT

その他、出し物多数。

フィリピン・クリスマス・フェスティバル2019

フィリピン・クリスマス・フェスティバル2019
フィリピン・クリスマス・フェスティバル2019
フィリピン・クリスマス・フェスティバル2019

ひとしきり堪能した後、ANA’sでエッグパイやらデザートを買おうと思ったけど断念。何しろフィリピン人たちが列を作らず殺到していたから。

他の国のイベントは日本らしくそれなりに整然としているのだけど、このフィリピンフェスティバルはフィリピンそのもので、我々日本人がアウェー感を味わわされたりします。まあ、私は馴染むのだけど。

APECOのその後

11月23日(土)、フィエスタ・デ・エスパーニャ2019の後にロングステイフェア2019に行ってきました。今年は開催場所がビッグサイトではなく水道橋。こちらの方が行きやすくていいですね。駅からも近かったし。

私の目当てはインドネシアとフィリピン。先々、移住とまではいかなくても冬の間や花粉症シーズンの拠点にしたいなと思って。

で、いつものHalo Haloのブースに立ち寄り、APECOの現状について尋ねました。まずは600人限定という定数がどうなったかというと「もうすぐ無くなりそう」とのこと。去年もそんなことを言っていたから伸び悩んでいるのでしょうね。

APECO フィリピン特別永住権

そしてオーロラ州の例のリゾートの完成具合はというと、「1棟が完成間近」という段階だそうで。ただし近くに街はなく、リゾート内にもレストランの類は整備されていないので、まともに機能するのはずっと先だそうな。

さらに交通に関して改善されたのかも訊きました。何しろかつてはマニラ空港から車で片道8時間ほどかけていくしかなかったから。でも、今では近くに空港が出来たのでマニラから空路で30〜40分、そこから車ではそう遠くないそうで。とはいえ飛行機はチャーターで飛ばす必要があり、往復5万円とのこと。

つまり、このAPECO特別永住権プログラムはもともと「開発資金を出してくれた人にリゾート利用権の特典付きでフィリピン永住権を与える」という名目だったけど、もはやリゾート開発の方は頓挫しかかっていて、単に「永住権を買ってください」という状況のようです。Halo Haloも問い合わせに対して「リゾートには期待しないで」と言っているとのこと。まあ、フィリピンだもんな。何事も計画通りにはいかないのも無理はありません。

だとしたら、このAPECOは「永住権の取得にあれこれ便宜を図ってくれるけど費用は割高」ってな位置付けになるのかな。そりゃ申し込みも伸び悩むわけだ。もともとリゾートには期待できなかったにせよ、恩恵が目減りするのでは不安ですよね。

で、しばし会場を見て回り、タイへのロングステイの話も聞いて、最後にセブポットを4冊貰って帰ってきました。

フィエスタ・デ・エスパーニャ2019

昨日、代々木公園のフィエスタ・デ・エスパーニャ2019に行ってきました。お天気はあいにくの雨。飲食用のテーブルとベンチもずぶ濡れでした。一応天井はあったのだけど。

食べたのは以下。まあ、来年のための備忘録です。どうせなら未体験の品を試したいし。

前菜っぽくムール貝の赤ワイン蒸し。

ムール貝の赤ワイン蒸し
予想した通りの味です

イベリコ豚のパエリア+ソーセージ。

イベリコ豚のパエリア
文句なしに美味

チーズステーキピンチョス。

チーズステーキピンチョス
バゲットの上にスライスビーフにクリームチーズのソースが掛かってました。私の好みではなかったけど。バスクの料理なのかな

大鍋パエリア。

大鍋パエリア
スペインレストランのパエリアはハズレがありません
大鍋パエリア
このサイズの鍋で作ってました

最後にアホスープ。

アホスープ
美味。「アホ」スペイン語でニンニクのことですね

アルコール類の出品もたくさんあったけど一人参加だったのでパス。

さて、今年の代々木公園イベントも今週末のフィリピンフェスティバルで終了かな。例年は9月開催だったけど今年は12月にまたがるので「フィリピン・クリスマス・フェスティバル2019」と銘打っています。クリスマスには興味はないけど、どうやらミンダナオ産のコーヒーも出店するそうな。ずっと気になっていたのですよね。楽しみです。

痛風鍋

昨日、日比谷公園のジャパン フィッシャーマンズ フェスティバル2019~全国魚市場&魚河岸まつり~に行ってきました。毎年私が最も楽しみにしているグルメイベントです。

会場でまず目についたのが痛風鍋。「食べ物に病気の名前をつけるなよ」とは思うけど、まあ解らなくもないです。白子、あん肝、牡蠣入りだから。

フィッシャーマンズ フェスティバル2019の痛風鍋

こちらが痛風鍋です。

フィッシャーマンズ フェスティバル2019の痛風鍋
もちろん美味かったけど、個人的な好みでは白子と牡蠣は余計な感じがしたので、別ブースのあん肝鍋にすれば良かったかも

さらに牡蠣フリッター。

フィッシャーマンズ フェスティバル2019の牡蠣フリッター
たまにはフライではない揚げかたも良いものですね

トロ鯖丼。

フィッシャーマンズ フェスティバル2019のトロ鯖丼
もうちょっと生っぽければもっと良かったけど、まあ無理かな。鯖だもの。本場に食べに行くべきですね

鮟鱇の串焼き。

フィッシャーマンズ フェスティバル2019のアンコウ串焼き
鮟鱇って旨い魚ですよね。身も肝も皮も

鯨ステーキ。

フィッシャーマンズ フェスティバル2019の鯨ステーキ
鯨、わざわざ食べに行くようなことはしないけど、あれば食べてしまいます

海鮮ラーメン。

フィッシャーマンズ フェスティバル2019の海鮮ラーメン
エビの串焼きとで迷ったけど、ラーメンにも同じエビが載っていたものでこちらを選択

河豚鍋。

フィッシャーマンズ フェスティバル2019の河豚鍋
トラフグも旨い魚です。少々食べにくいけど

シーフードパエリア。

フィッシャーマンズ フェスティバル2019のシーフードパエリア
エルトラゴンのパエリア、毎回お土産として買って帰っています

最後、ホセ・リサール像にお参りして退散しました。

ホセ・リサール像

随分お金を使ってしまったけど、まあ年に1度のことだから。今年からQUICPayにも対応して、支払いが楽になりました。

福岡ソフトバンクホークスが3連覇達成

今年のプロ野球は福岡ソフトバンクホークスが日本シリーズ3連覇を達成しました。

福岡ソフトバンクホークス三年連続日本一

ホークスの勝ちは予想していたものの1敗ぐらいはするかと思ったけど、4連勝で一つも落とさず。まあ、無理もないか。力量の差は歴然だもの。巨人軍はペナントレース中も5安打くらいの試合が多かったら。相手がライオンズだったとしてもきっと打ち負けていたことでしょう。

巨人軍はカープから丸を引き抜いたプラスマイナスのおかげでセリーグ内では優位に立てたけど、あのFA移籍が実現していなければリーグ優勝はなかったかもしれません。

そう、同じプロ野球でありながら、FAによる補強の比重が大きな巨人軍と、それを真似するものの輪をかけて補強下手なタイガースが所属するセリーグではチームバランスに偏りが出がちの運任せ。そういう特殊な球団がないパリーグに勝てないのも必然です。ホークスには金満のイメージがあるかもしれないけど、若手育成と外国人選手のスカウトには定評があるし、なにより今年のリーグ優勝はライオンズでした。

まあ、このままセリーグ、そしてプロ野球が低迷してもしかたがないところ。そもそもプロ野球は読売新聞が主導した事業体のようなものだったから、新聞、そしてテレビが過去のメディアとなリつつある今では必然です。フランチャイズ空白地を埋めて商圏を拡大するエキスパンションもやる気はないみたいだし。