日本武道館の思い出

9月21日(水)に日本武道館で『たまむすび in 武道館 ~10年の実り大収穫祭!』が開催予定です。

日本武道館のイベントで私が思い出すのが、昔『パペポTV』の東京イベントを観覧したこと。

当然、上岡龍太郎さんと笑福亭鶴瓶さん二人のトークがメインなのだけど、途中お二人の相撲対決も。当時上岡さんが番組で「自分は相撲が強い」と豪語していたもんで鶴瓶さんが勝負を買ったという流れだったかと。結果は上岡さんが寄り切られたように見えて鶴瓶さんの勇み足だったかな。

パペポTVポスター「見てるあんたも同罪じゃ。」
パペポのポスター、まだ持ってます。鶴瓶さんの変貌ぶりがよく分かります

たまむすび in 武道館 ~10年の実り大収穫祭!

たまむすび in 武道館 ~10年の実り大収穫祭!

9月21日(水)に開催予定の『たまむすび in 武道館 ~10年の実り大収穫祭!』まで50日を切りました。私も10年前の放送開始時からのリスナーなので実に楽しみです。

赤江珠緒さんが最近、体調を崩しているらしいけど、まあここはしっかり療養して、復帰とイベントに備えていただければいいかと。

なお、チケットはTBSチケットの一次抽選で当たってます。うっかり仕事や旅行の予定なんかを入れないようにしないと。

TBSチケット 抽選結果

フランシュシュ はじめてのOnlineでShowcase!!?

フランシュシュ はじめてのOnlineでShowcase!!?

7月30日(土)21:00、『フランシュシュ はじめてのOnlineでShowcase!!?』なるオンラインイベントが開催されました。これ、早い話が『ゾンビランドサガ』のプロモーションの一貫で、劇中における佐賀県ご当地アイドルのフランシュシュによる新曲発表のミニトークライブです。8月と9月にも第二段、第三段が予定されているので劇場版は年内に公開されるのかも。

で、私もチケットを購入して見てみました。チケットは第一弾のみのものが4種類。

  • 通常配信チケット 3,300円(税込)
  • マルチアングル配信チケット 4,500円(税込)
  • CD付き 配信チケット 7,150円(税込)
  • CD付き マルチアングル配信チケット 8,350円(税込)

「マルチアングル」がどんなものかわからなかったけど4,500円のチケットを購入。私はプレイヤー機器を持ってないからCDは要らないし。

そうして実際に配信を見た感想は、「えっ?これっぽっちか?」。なにしろトークを交えて30分かそこら、3曲披露して終わりです。ちなみにトークパートは1号と2号、そして0号の担当でした。

3曲目は待望の新曲だったけど、そちらの感想は「お遊びが過ぎます」ですね。タイトルが『冒険ズンドコドン!』だっけか。何だかNHKの子供番組かみんなのうたで流れるような雰囲気の、実に感情移入が難しい曲でした。聴き慣れたら印象も変わっていくかなぁ。ああ、NHKでも流させたいとか?

そしてマルチアングルの件、私はてっきりカメラのアングルをユーザー自身が自由に変えられるのかと思っていたけど、何のことはない、二種類のカメラアングルの好きな方で見られるというものでした。しかも途中でアングルを切り替えると最初から再スタートです。まあ当然か。Webを通じた不特定多数向けのサービスだから。もっとダイナミックなことをやろうとすれば専用アプリを用意する必要があるのでしょう。

『フランシュシュ はじめてのOnlineでShowcase!!?』のマルチアングル
ボカシを入れたんで見づらいけど、左下にサムネイル画像が二つあり、クリックするとアングルを切り替えられます

それとMahocastは初めて使ったのだけど、iPhoneとかからAppleTVにAirPlayでコンテンツを飛ばすことはできないようですね。大画面とちゃんとしたスピーカ音量で楽しみたかったのだけど、何度試してもできませんでした。そういう仕組みなのかな。残念。

そんなわけで、わずか30分のイベントに4,500円は高い気もするけど、配信後は何度も見返せるし、何よりゾンビランドサガの映画(願わくばテレビ版の第3シーズン以降も作ってほしい)、ひいては佐賀の振興に繋がると考えれば、この出費も良かろうと。経費にもできそうだし。

なお、第二段は8月27日(土)、第三段が9月 24日(土)の予定で、それぞれ新曲が1曲ずつ発表されます。楽しみだ。

東京九州フェリー船内見学会

7月18日(月祝)、就航1周年を迎えた東京九州フェリーの船内見学会に行ってきました。場所はもちろんフェリーの出航・帰航地の横須賀湾です。

東京九州フェリー 船内見学会

いやぁ、これいいですね。何がいいってお風呂(展望風呂、露天風呂)とサウナがついていること。水風呂はないけど水シャワーは浴びられます。移動の手段で自由に歩き回れ、風呂・サウナにまで入れるのは船旅ならではです。

東京九州フェリーのお風呂
展望のお風呂(ジャグジーありとなしの浴槽)
東京九州フェリーの露天風呂
露天風呂。当然、裸で入れます
東京九州フェリーのサウナ
サウナの定員は7人ぐらいかな。やはり窓があり海が見えます

もちろん船内にはレストランや売店もあります。ビールやカップラーメンの自販機も。

東京九州フェリーの夜メニュー
夜メニュー

他にも映画やプラネタリウムが楽しめるスクリーンルームやカラオケ(アミューズメントルーム)、ペット用の檻とドッグフィールドまであります。そしてWi-Fiも完備(1回30分、一日5回まで)です。フェリーなので車やバイク、自転車も乗っけていけます。

ちなみに客室はバスタブ付きの個室(デラックス)から寝るだけのカプセルホテルっぽい空間(ツーリストA)まで様々。小笠原丸のような雑魚寝の広間はありません。

東京九州フェリーの一番安い船室(ツーリストA)
カプセルホテル見たいな一番安い船室。外との仕切りはロールカーテンです。貴重品はロッカーに預けるといいでしょう
一番安い船室(ツーリストA)の室内灯。スマやPCを充電できます

プールやデッキチェアがあればもっといいけど、そこは豪華客船ではないから。でも、ちょっとしたジムはあります。

東京九州フェリーのジム

というわけで2時間ほど滞在してすっかり気に入りました。

料金はお盆の前後を除けば最安のツーリストAが片道12,000円。一つ上の個室(ツーリストS)だと18,000円。格安航空券の成田⇄博多の片道が6,000円〜ってとこだから高い気もするけど、船旅自体を旅のレジャーとみなせば、まあいいのではないかと。同じく片道丸一日かかる小笠原丸の約半額だし。

てなわけで日程が許すなら、片道だけでも使ってみたいと思っています。定刻だと門司港に21時着。私の実家に帰るにはJR門司駅22:22発が終電、小倉→博多で新幹線を使えば23:01発。帰りも横須賀港20:45着だから、船が大きく遅れさえしなければ大丈夫です。

新百合ヶ丘ハウジングギャラリーの跡地はどうなる?

2022年5月で新百合ヶ丘ハウジングギャラリーが営業を終了。その後、取り壊しが進んで今はこの通り更地になっています。

新百合ヶ丘ハウジングギャラリーの跡地

どういう経緯で営業終了となったのかは知らないけど、まあ無理もないかな。今どき東京近郊では戸建住宅の需要なんて少ないのだろうから。

さて気になるのは跡地がどうなるか。何しろ駅から徒歩1、2分の好立地。しかも空いた二区画を合わせればAEON新百合ヶ丘や新百合ヶ丘エルミロード(イトーヨーカドー & オダキューOX)並みに広大です。私はまだ何も聞いていないけど、もし計画があるとすれば第四の大型商業ビルでしょうかね?

新百合ヶ丘ハウジングギャラリーの跡地
赤線が今回更地になった新百合ヶ丘ハウジングギャラリーの跡地

ただし、新百合ヶ丘OPAでもたびたびテナントの入れ替えが起きているし、この街に更なる商業的な需要がどれほどあるものか…。かといってドン・キホーテなんかが建たれてもげんなりするし。

で、個人的な要望で言えばイベント広場として使える何かになって欲しいかな。そんでもって時々グルメイベントを開いて欲しいなと。今までもこぢんまりしたその手の企画はハウジングギャラリーや駅前の歩道で行われていたし。音大のある街として広場奥にステージも構えて。

ともかく、高層マンションだけは避けてもらいたいものです。高い建物がなく空が広いのがこの街の特色なのだから。