全国魚市場&魚河岸まつり 2021

日比谷公園で明日まで開催されている『第7回 Japan Fisherman’s Festival 2021、全国魚市場&魚河岸まつり』に行ってきました。今年は『発見!ふくしま お魚まつり』も同時開催です。

この手のフードイベントは実に2年ぶりで、ようやくコロナ禍が収まったことを実感します。このまま第六波が来ないか、小さい波で終わってくれることを願雨ばかりです。

全国魚市場&魚河岸まつり + 発見!ふくしま お魚まつり

入場料は200円。2時間制限の色分けリストバンドを着けて入場。このシステムなら入場者数を制限できていいですね。もう少し、人数を絞ってくれてもよかったけど。

さて、会場ではマグロやサーモン、いくら関連が人気だったものの、それらは普段でも食べる機会があるからパス。残念ながら痛風鍋やあんこう鍋はなかったなぁ。

以下、今回食べたものを紹介。

まずは福島の「かに船」ブースにて、ノドグロとヒラメの常磐もの丼(1,600円)。

全国魚市場&魚河岸まつり + 発見!ふくしま お魚まつりの「ノドグロとヒラメの常磐もの丼」
美味。ふわっふわな食感のノドグロとぷりっぷりなヒラメを堪能できました

次に「西伊豆町はんばた市場」ブースにて、超濃厚!エボダイヒモの丸ごとラーメン(800円)。

全国魚市場&魚河岸まつり + 発見!ふくしま お魚まつりの「エボダイのラーメン」
予想のつかない味でした。干物の原形はなかったので、どうやらドロドロなスープがエボダイの干物をミキサーにかけたものだったようで。

さらに「食べ処かいか」ブースにて、うなぎ炭火焼き(1,000円)。

全国魚市場&魚河岸まつり + 発見!ふくしま お魚まつりの「鰻の炭火焼き」
どうにも私の好みではなかったなぁ。皮と身に弾力があって。鰻は熱々でふっくらしていてほしいのですよね。この提供方法だとすぐに冷めるし

最後は「鯨のキッチンかー(共同船舶)」にて、くじら須の子のハンバーガー(500円)。

全国魚市場&魚河岸まつり + 発見!ふくしま お魚まつりの「くじら須の子のハンバーガー」
これは美味。鯨の頬肉が挟まっています。本当は舌(サエズリ)のもつ鍋が食べたかったけど、直前で売り切れてしまって残念

そして日比谷公園といえばホセ・リサール博士像。分野は違うけどフィリピンの渋沢栄一みたいな人かな。いつものように参って帰ってきました。

日比谷公園のホセ・リサール博士像

煮干しらーめん からあげ どうけん

新百合ヶ丘マプレ2Fに「どうけん」なるラーメン屋が開店していることに気づきました。どうやら先月末にはオープンしていたようです。

煮干しラーメン・からあげ どうけんの外観
どうけんの外観

看板には「煮干しらーめん からあげ」とあります。

でも、煮干しラーメンで有名なのは凪。よってこのお店、凪インスパイヤード系みたいな感じだろうと思って入ってみました。本家とどう違うのか確かめてやろうと。

出てきたのはこちら。

煮干しラーメン・からあげ どうけんのラーメン
どうけんの煮干しラーメン

平麺を含む盛り付けも凪と同じ。というか見ての通り凪の丼に入っています。店内の壁に貼られているお知らせにもちゃんと凪のロゴがあしらわれていました。

というわけで凪のパクリではなく凪の別ブランド店みたいです。確かめてはいないけど、また緊急事態宣言が出された際に、からあげ店としても営業しやすいように、あえて別ブランドとして出店したのではないかと。

ちなみに凪のラーメン、私はあんまり好きじゃないかな。どうにも煮干しの苦味が強すぎる気がして。海老出汁か何かで少し甘みが加わるとバランスがいいのではないかなと。

Strong against vaccines

日本では若い人ほどワクチン接種の副反応が出やすいとされていますよね。だから中高年ともなると副反応が出たことを自慢したがる人もいます。

ちなみに私の場合、1回目接種では打った箇所が約1日痛かったけど、2回目はそれもなく、代わりに微熱だけでした。それも36.6℃だから、ようやく人並みの体温です。ほとんど病気になったことがなく、風邪すら滅多にひかない私としては、どんな副反応が出てくれるかと半ば期待していたのだけど…。

ワクチン接種風景

でも、昨日セブ在住のフィリピン人の知り合いと話していたら、フィリピンではワクチン接種の副反応は高齢者の方が出やすく、副反応がなかった人は「Strong」と言われるとのこと。同じアジア人、黄色人種でも違うものですね。

どっちが正解ってわけでもないのかもしれないけど、フィリピン人の考え方の方が理に適っている気がします。丈夫だったら副反応も抑えられると。

そうか、じゃあ私もStrongだってことにしましょう。まあ、実際は単に体質の差かな。

Philippine EXPO 2021

Philippine Expo 2021

10月10日(日)、Philippine EXPO 2021に行ってきました。去年に続き、新小岩公園です。ちと遠いよなぁ。来年はまた代々木公園に戻ってきてくれないかな。

さすがに去年はしょぼかったけど今年は少し規模が大きくなっていました。でも以前ほどではないし、フィリピン人でごった返している感じでもなく、レストラン系の出店はむしろ減ってました。昔はSisigの各店食べ比べができるほどだったのに。

今年の出し物の多くは例によって国際送金、そしてコスメ系が多かったかと。なぜか自衛隊グッズもあったけど。

Philippine EXPO 2021のANA's
いつものANA’sは健在です

Philippine EXPO 2021のズンバ
スンバはスクリーン前の広場で実施

Philippine EXPO 2021の民族衣装の女性たち
民族衣装の女性たちが集合

Philippine EXPO 2021で購入したアドボとシシグ
購入したAdobo(左下)、Pork Sisig(右下)、Pork Liempo(上)

Philippine EXPO 2021で購入した エッグパイなど
購入したLECHE FLAN(左上)、UBE HALAYA(右上)、EGG PIE(下)

なお、新小岩からの帰路、用があって秋葉原に寄った後、日比谷経由で千代田線→小田急線で帰ったものだから気づかなかったけど、変電所火災でJRは止まってたのですね。

自転車の空気もれを治してみた

ミニベロのコモラード

近ごろ私の自転車の後輪は空気が抜けやすくなりました。暫くぶりに乗ろうとするとタイヤがぺたんこ。でも空気を入れるとパンパンに膨らむし、1〜2時間問題なく走れるのでパンクはしてないはず。とはいえ翌日にはまたぺったんこになってしまいます。空気がじわじわと抜けているのでしょう。

よって修理することに。まず虫ゴムの劣化を疑ってダイソーで買ってきたスーパーバルブ(100円)に交換。

自転車用スーパーバルブセット

でも、症状改善せず。

ならばタイヤチューブ側に微細な亀裂があるのだろうと思い、自転車用瞬間パンク修理材をやはりダイソーで購入。

自転車用瞬間パンク修理材

このスプレー缶は修理剤とともに圧縮された空気も入れてくれるとのことで、試すと10秒もしないうちタイヤがぺたんこに萎んだ状態からにパンパンに膨らみました。

そうして試運転し、1日寝かせたものの空気量は保ったまま。修理材で防げる程度の微細な穴が空気もれの原因だったようです。調べたところこの症状を「スローパンク」って言うそうですね。簡単に治せて良かった。チューブにパッチを当てるのは面倒だから。