扁桃炎になりました

先日、扁桃炎になりました。いやあ大変ですね、これ。

最初の三日間くらいは喉に少々痛みがあり微熱が出る程度だったので生活に支障もなく、咳止めトローチの類いで治るかと期待していたのだけど、むしろ症状は悪化する一方でした。

そして症状に気づいてから4日目の夜だったかな。いよいよ唾を飲み込むだけでも激痛が走るようになりました。これには参った。回復のためにはしっかり食べて寝なきゃいけないのは解ってるのに、固形物はもちろんお粥やスポーツドリンクさえ飲み込むのに覚悟がいるのだから。食い意地が張っている私が飲食を諦めるくらいの激痛です。眠れもしません。ああ、思い出した。昔、親知らずが痛んだ時に経験した喉の痛みに似ているかな。

扁桃腺が腫れているのでもちろん発熱も伴います。平熱が35℃台の私にとって38℃越えは限界間近でした。

病院に行くべきかとも思いつつ、その気力もなくて、徒歩2分のイオンスタイル上麻生店に薬を買いに行くのが精いっぱい。

そんなわけで事実上の飲まず食わず状態に。口にしたのはゼリー飲料を少々とこちらの薬ぐらい。

そうして絶食が2日弱続いたところで喉の痛みが和らいできました。もはやどちらの薬が効いたのか、どちらも効いたのかは解らないけど、ともかく軽度の喉の痛み程度なら万々歳です。体重は3kg減っていました。

とはいえ快方に向かう段階でも面倒ごとは続きます。口内に唾が湧いてくるのですよね。それもねっとりとした痰のような。よってこれを数分おきに吐きにいかないと、うっかり寝落ちした際に窒息しかねない状況でした。

ともかく「いよいよ救急車を呼ぶしかない」と思う前に状況が改善して幸いでした。それと、回復可能な扁桃炎だったことにも。扁桃炎も拗らせれば手術が必要になるらしいし、もっと深刻な病気だったらと思うと…。

おバカな人もいるもので

先日、東洋経済に『オンラインで英会話ネット学習はこんなにも進化している』という記事を見つけました。

内容は読んでいただくとして、気になったのがコメント欄。「お金の無駄」だの「先人達はそんなサービスなしでも英語力を身につけた」だのとケチをつけたがる人が散見されるのですよね。なんと愚かな。それって「自身は馬鹿です」と白状しているようなものなのに。まあ、ネットの世界なんて大抵そうか。

もしコメント主が学校の教科書や辞書、図書館の書籍、NHKの教育番組など費用がかからない手段のみで実用レベルの英語力を身につけたというならそう書くはずだから、自身には英語力がないのに他者を揶揄しているということが解ります。抜け駆けされている気になって、やる気のある人の足を引っ張りたいのかも。

それに、連中は思いっきり勘違いしています。オンライン英会話学習は良くも悪くもあまたある手段の一つにすぎません。学習教材や英会話学校と同列の。つまりは使い方次第です。大学だって学費を無駄にする人もいれば、ちゃんと成果を得る人もいます。英語を使って活躍している先人だって最初は何らかの教材なり学習サービス、留学などを通じて英語力を培ったはずだし、すでにオンラインで英会話ネット学習が存在していたならばきっと取り入れたことでしょう。

そしてネット越しのオンライン英会話は、10年ぐらい前に流行った「聞き流すだけで」系よりも進歩的です。あれって「定番フレーズで訊かれた際に決まり文句を返せるようになる」というコンセプトだったはずだけど、オンライン英会話は主に会話の訓練。これって各種教材やYoutubeの講座とは違って双方向だから発音の矯正にも有効です。また、特に英語を話す友人知人がいない人にとっては唯一の機会でしょう。しかも1日あたり200円とかだし。

というわけで私も最近とあるサービスにお試し入会してみたけど、有意義だと思いますよ。私の場合、TOEIC何点以上といった目標はなく、「旅先で不自由しない程度の英語力を」って要件だからすでに身についている気もするけど、当然もっと伸ばせばさらに意思疎通が楽にできるわけだから、やる価値はあります。

ちなみに私が今まで話したことがある講師の国籍はこちら。

NativeCampのキャンペーン
今まで話したことのある講師の国籍。フィリピン、カメルーン、ナイジェリア、南アフリカ、イラン、セルビア、メキシコ、セネガル、 モンテネグロ、ジンバブエなど

普通に生活していればフィリピン以外の人とは話す機会がなかったと思うけど、国ごとに特徴が違う英語に接するのも面白いものです。

泉佐野市は乱獲漁師みたいなもの

大阪府泉佐野市、静岡県小山町、和歌山県高野町、佐賀県みやき町が6月からふるさと納税制度の対象から除外されました。この処置に対して泉佐野市の千代松市長は不満タラタラのようだけど、まあ必然ですね。

泉佐野市のふるさと納税バナー

中には同市らの取り組みを「企業努力みたいなもの」と好意的に評価する向きもあるけど、そんなアホな。これって例えるなら「漁業の乱獲」です。

漁獲資源(寄付額の総量)が有限な中、他が節度をもって漁(寄付金集め)をしているのに、抜け駆けして圧倒的な量を獲ればそりゃ儲かるだろうけど、その永続性が脅かされるわけです。容認すれば乱獲競争が過熱して、とんでもないことになりかねないのだから。

もちろんこれは多分に総務省側の不備が招いた結果です。性善説に基づいた不文律が通用するとタカを括っていたのでしょう。いわば白鵬のエルボー問題みたいなものかと。相撲協会は彼の品格云々を言う前に「横綱の禁じ手」を決めるべだったわけです。角界がこれほど国際色豊かになったのだから日本人が抱く普遍的な横綱のイメージを共有しない力士も現れるでしょうよ。総務省もきっちりルールを決めておくべきでした。

というわけで、これまでのふるさと納税には問題が多々あるので、私は物品の送付は禁止して「返礼は現地に赴いたら受けられるおもてなしに限る」というルールにするのがよかろうと。

折しも凸版印刷が地域Payを発表したところです。ふるさと納税もこの手の仕組みを取り入れればいいと思います。寄付額の一部を特定の地域内でのみ使える電子マネーとして還元するという。

それを譲渡可能にすれば災害の被災地に寄付したり田舎の両親に仕送りすることもできます。それこそふるさと納税のあるべき姿だろうと。返礼品目当てではなく、純粋にその地域のの経済に貢献するという。

AEONって最高

3月末、近所にAEONスタイル上麻生ができてから生活が変わりました。店舗はさほど広くないものの日用品は一通り揃っているし、9時〜22時の営業なのもありがたいです。

イオンスタイル上麻生店の外観

そしてまた一つ素晴らし点を見つけました。AEON銀行のATMです。

というのも昨日、とある企業のみずほ銀行の口座に代金を振り込む必要があったのだけど、私がメインで使っている三菱東京UFJ銀行の口座から送金すれば432円の手数料がかかります。でも、サブのみずほ銀行の口座から手続きすれば手数料は216円です。

よって一旦みずほ銀行に必要な金額を移してから送金したかったけど、あいにく昨日は今年一番の大雨。両方の銀行がある新百合ヶ丘駅前まで15分も歩きたくはないと思っていたのですよね。私は車を持っていないので。

そこで手数料を抑える方法を探していたら、AEON銀行のATMを使えば三菱東京とみずほ銀行の口座の入出金手数料が平日昼間は無料だと知りました。AEONスタイル上麻生までは歩いて2分弱。これはいい。

ちなみにみずほ銀行口座間の送金をAEON銀行ATMで行う場合の手数料は216円。オンラインバンキングの時と同じです。まあそこは好き好きですね。

ひーじゃー

OKINAWAまつり2019で食べた二食目はめーめー麺の「塩ヤギぞば」。塩焼きそばではありません。宮古島のお店だそうな。

めーめー麺のマスコット
めーめー麺のマスコット
めーめー麺の塩ヤギぞば
めーめー麺の塩ヤギぞば

ヤギ肉も美味いもんですね。