一押しの32インチHDテレビ

アイリスオーヤマのテレビに惹かれていたのだけど、もう少し調べていたらもっと魅力的な製品を見つけました。ハイセンスの32E50です。

ハイセンス 32E50

もちろんアイリスオーヤマの製品同様、以下の私の4条件を満たしています。

  • 32インチ
  • 壁掛け対応
  • ダブルチューナー搭載
  • オンタイマーあり

でも明らかに違うのは、このテレビには1.5倍速再生が搭載されていること。リモコンの再生ボタンを2回押すと開始です。これがあれば録画した番組の視聴時間を短縮できますね。

他にもスマホのメディアプレイヤーアプリでおなじみの「10秒戻る」や「30秒進む」のボタンもあります。

取説をダウンロードして確認したけど、どうやらアイリスオーヤマのテレビにはそれらの機能は無いようです。

スタンド抜きの重量が6Kgで多くの32インチテレビよりも重いのだけど、今のところこれが私の一押しの機種です。

アイリスオーヤマが頼もしい

近々テレビを買い換えようと思っています。3年半前に買ったCANDELAのテレビが散々な出来だったのを騙し騙し使ってきたけど、もう買い換えどきだろうと思って。

ちなみにそのCANDELAのテレビ、懸案だったB-CASカードの件はカードスロットカバーの内側にスポンジの詰め物をしてからは接触エラーが出なくなったけど、その後も留守録やオンタイマーの失敗、電源を切らないと復帰しない動作エラーなどがちょいちょい起きます。これほど出来の悪い日本製品は滅多に見られないでしょう。おまけにメーカーに問い合わせても「半年の保証期間後だから」と製品の検証に2万円もの費用を請求してくるし。そんなメーカーのテレビは絶対に買わない方がいいと思います。

さて代わりのテレビに対する私の条件は以下。

  • 24インチ or 27インチ
  • 壁掛け対応
  • ダブルチューナー搭載
  • オンタイマーあり

デスクサイドで壁掛けしたいので、それぐらいのサイズが適当。目覚まし替わりのオンタイマーは必須です。ただし、4Kなんていりません。

でも、その条件で探したのだけど目ぼしい製品が見つかりませんでした。ああ、だからそれらを満たしていたCANDELAのテレビを買ったのだった。まさか基本機能がバグだらけとは思いもよらなかったけど..。

よって32インチで探してみたらいくつか見つかりますね。さすが普及サイズ。価格も24インチ機からせいぜい5千円アップだし、お手頃です。

中でも良さそうなのがアイリスオーヤマのLT-32A320。Amazonで25,800円。

アイリスオーヤマ T-32A320

もちろん上記の4つの要件を満たしています。

なお40インチモデルと42インチモデルもあるけど1万円以上高くなるし、私の設置環境には大きすぎるのでパス。

気になるのは、32WA10Pや32WB10Pという同型機種も併売されていること。スペックを比べるとLT-32A320の方がスピーカ出力がやや優っているけど差はわずか。ならばどれを買っても満足度的には大差なさそうだけど、どうしてこんな製品展開になっているのか不思議です。

他にもハイセンス32K30や32A50も良さげです。でもやはり似た機種が併売されているのですね。液晶テレビメーカー界隈ではそれが流行りなのかな。

DEAN & DELUCAが新百合ヶ丘にオープン予定

新百合ヶ丘OPAの前を通ったら、旧ドトールの跡地に新店舗の案内が表示されていました。DEAN & DELUCAが入るようです。10月4日(金)のオープンです。

DEAN & DELUCA 新百合ヶ丘

カフェの類はもう十分なので、願わくば敷居の低い飲食店を期待していたのだけど、新百合ヶ丘という場所柄か、またもや洒落た店が入ることになったようです。その点はちょっと残念かな。

なるほど原宿舶来食品館がOPAから撤退するわけだ。駅改札から出てすぐのところに似た商品も取り揃えた店ができたら一つ下のフロアでの集客は難しいだろうから。しかもDEAN & DELUCAには調理済み食品の取り扱いやイートインコーナーもできるのだろうし。

さて、新百合ヶ丘の駅ビルにはカルディコーヒーファーム、AEONにはカフェランテビオセボン、エルミロードにはザ・グロッサリー&ワインなど、どことなく品揃えが重なりそうな店が出店済み。それを踏まえてDEAN & DELUCAがどう差別化してくるか、他のお店がどう対抗策を繰り出してくるか楽しみです。

NHKをぶっ壊す

NHKから国民を守る党の活動が注目を集めているのを受けて、8月9日、NHKが「受信料と公共放送についてご理解いただくために」なる見解を発表しました

NHKのロゴ

でも、NHKは墓穴を掘りましたね。文中には

きちんと受信料をお支払いいただいている方が不公平とお感 じになることのないよう

とあるけど、不公平にならないための手段は二つ。

  1. 受信料を払わない人からも必ず払ってもらう(税金化)
  2. 払う気がない人にはNHKの放送を見られなくする(スクランブル化)

で、どう考えても2.の方が現実的なわけです。税金として徴収するなら職員の給与も公務員水準に揃える必要があるし、そもそも法律改正が必要です。でも、スクランブル化ならNHKの決断だけで可能だし、すでに技術も確立されています。そもそもNHKを見る人はスクランブル放送になっても払うし、それで困る人はいません。

よって不公平うんぬんは、「見る人だけが払う」になると収益が何割も落ちかねないのを恐れ、なんとか強制徴収を正当化して利権の温床を守ろうとしているだけですね。

生き返る〜

先週末、代々木公園で開催されたスリランカフェスティバルに行ってきました。

お昼前でも相当の暑さだったのでとりあえずココナッツウォーターを購入。もちろん知った味だけど炎天下では実に美味。生き返った気分でした。

スリランカフェスティバルのココナッツ
お店で売っているパック詰めのやつとは味が全然違います
スリランカフェスティバルのココナッツ
この通りオレンジ色っぽい種類のココナッツを使ってます

帰宅してセブ在住のフィリピン人とネット越しに話した時、私が「ココナッツ1個500円(250ペソ)だった」と言ったら目を丸くして驚いていました。そりゃフィリピンではココナッツなんてタダ同然だろうけどさ。

ほんでもって会場ではアラック(Arrack)も試すことに。あちらのスピリッツですね。昔インドネシアで米のアラックを飲んだことがあったけど、スリランカではやはりココナッツから作るとのこと。

スリランカフェスティバルのココナッツ

で、初めて飲んでみたけど私の好みではなかったなぁ。もちろん好きな人もいるのだろうけど、RUM好きの私にはサトウキビの酒の方が合っているようです。