tiket.comの不思議な挙動

パッケージツアーを利用せずにインドネシアに行くとして、東京⇄ジャカルタはANA便を使うなら、その先は国内線を自力で予約することになります。その際の定番サービスはtIket.com。インドネシア国内のエアトリみたいなサービスですね。スマホアプリもあります。

ticket.comのアイコン

ただし、tiket.comは挙動が不審です。例えばジャカルタから地方に行く際、復路のガルーダ・インドネシア航空便がスマホアプリでは出るのにPCでは表示されないとか、決済にJCBカードの絵があるのに使えないとか。

でもまあ、PCでも往路と復路を別々に取ればガルーダ・インドネシア航空便も選べたりするし、VISAかMASTERなら使えないことはないはずです。

ちなみに他の航空券予約サービスもないものかと試しにSkyScannerを試したら決済段階でやっぱりtIket.comに移動します。Expediaも試したけど、ガルーダ・インドネシ航空の便しか表示されなかったのでダメですね。

インドネシア旅行ではtiket.comを使いこなすのが必須なのかも。

BatikAirは相変わらず無気力なようで

今度のインドネシア旅行では国内移動にBatikAirを使うことになります。

BatikAir
BatikAirはターミナル2発着になるのかな。前は親会社のLion Airと同じLCC用のターミナルだ1ったけど。いや、国際便だけか…

就航したての5年前に初めて使ったときは機内食が辛口で感激したけど、一昨年再び乗ったときはいたって普通だったなぁ。

さて、気になるのが預入荷物の重量制限。BatikAirは一般的な23kgではなくなぜか20kgなのですよね。ダイバーには厳しい重さです。

そこでWebサイトから「ダイバーなどへの緩和処置はあるか?」「または追加料金を払って制限を拡張できるか?」と問い合わせたものの、返答は「電話で尋ねなさい」でした。何だよそれ。メール担当のオペレータが答えられないってことは、正式な規定がないのかな…。

ちなみに前回はスーツケースが23.5kgだったので重量オーバーを告げられたけど、中身を少し出して機内持ち込みにしたら大丈夫でした。今回もそれで行くかな。

フィリピンからお土産持ち帰り放題

2019年2月16日(土)からフィリピン航空の機内預け荷物の重量が32kgに拡大されます。これまで23kg x 2個を預けられたけど、重要がオーバーする際は二つに分けて預ける必要がありました。

新規定で32kg x 2個になるのか、それとも32kg x 1個かはちょっと調べても解らなかったけど、例え無駄に重たいプロテックススーツケースでダイビング機材をフルに持っていく人でも32kgあれば十分でしょう。微妙なのは撮影機材を持っていくプロぐらいかと。

よってスーツケースに空きがあれば、お土産をたっぷり持ち帰れるようになります。ちなみに私は昨年、缶詰をたくさん買ってきました。

フィリピンの缶詰(シシグ、コンビーフなど)

それから酒もいいですね。フィリピンといえばTANDUAYのRHUM(RUM)。

TANDUAY RHAM(タンドゥーアイ・ラム)

そしてEMPERADORのブランデー。

Emperador Brandy

他にもBORACAY RUMなんて酔狂なデザート酒もあります。

BORAKAY RUM三種類

どれも日本のAmazonでは買えない安酒です。現地ではせいぜい200〜400円の。

ああ、でもDON PAPAというネグロス産のちょっと高級なRUMならAmazonでも買えますね。

花粉抜きの旅に出ようかな

2月に入ってポカポカ陽気が続いていますね。もちろん朝晩は冷えるけど。まあどうせ寒さもぶり返すし、そのピークを過ぎると毎年私は花粉症を発症して約1ヶ月間悩まされます。できれば南の国に移住なり、この時期だけでもロングステイしたいけど、まだ事情が許しません。

でも数日間脱出して花粉抜きするだけでも楽になるので、その期間中に旅に出るのがよかろうと。幸い私のANAマイレージ残高が35,000を超えたところだし。

狙うのはインドネシア。具体的には行き慣れたレンべかアンボンかな。我ながらレパートリが少ないのが悲しいけど、マクロダイブのみとなると行き先は限られるのですよね。以前、マレーシアのマブール(かつてはマクロの聖地とまで呼ばれた)に行ったら毎回シパダンへのワイドダイブに連れて行かれて往生したし。バラクーダの渦、巨大ウミガメ、バッファローフィッシュの行進なんかは最初こそ楽しいけど、すぐに飽きるから。

ああ、アンボンだとマルクダイバーズが閉店したので他を探すことになるか。

Bargibant's pygmy seahorse
最後にインドネシアに行ったのは2017年秋のレンべでした。

で、どうせならANAマイレージをレンべ最寄りのサム・ラトゥランギ国際空港かアンボンのパティムラ空港までひっくるめた特典航空券にしたいけど、ANAはインドネシアの国内線を飛んでいないので提携のガルーダを使う必要があります。それだと38,000マイルが必要なので今回は使えません。あと2ヶ月するとANAマイレージが+3,000以上溜まるけど、その頃には花粉症シーズンが過ぎちゃっています。ここはANA便でジャカルタまで行き、国内線を使うしかないですね。

幸いANAの東京⇄ジャカルタ便は1日3往復。国内線はたくさん飛んでいます。今からの手配でも大丈夫でしょう。

JALの羽田-マニラ便

私はANA派なので気にしていなかったけど、JALの羽田-マニラ便が今月から始まりました。JALの羽田⇄マニラ便は40年ぶりだそうな。

JAPAN AIRLINES LOGO

往路は羽田を00:05に出発してマニラに3:55着。復路もマニラ11:50発で羽田4:55着の深夜便です。ということは、行きは仕事終わりで飛んで、帰りも羽田から会社に直行なんて弾丸ツアーが可能になるわけか。

例えば餌付けされていないジンベエザメを見たい場合、06:50発のフィリピン・エアアジア便でサウスレイテに飛べばいいわけだ。タクロバン空港には08:20着だから、昼過ぎにはリゾートに着いて、その日のサンセットやナイトのダイビングに行かれます。帰りも深夜にリゾートを出る必要はなくなるし。

うん、ルソン島やセブ島以外に行く際には使えそうです。