セブに一番安く行く方法

マクタン国際空港が拡張されたこともあり、近々約1年ぶりにまたセブに行くことにしました。そこで東京圏からセブに最安で行く方法について。ただしANAマイレージメンバーに限られます。

ANAはフィリピン航空(以降「PAL」と表記。スターアライアンスには非加盟)とも提携しているのでANAマイレージをPALの航空券に引き換えられます。とはいえオンライン予約システムは連携されていないため、ANAカードデスクに電話して手続きする必要があるのが面倒だけど。

Philippine Airlines banner

ANAカードデスクに電話を掛け、ANAマイレージの会員番号をダイヤル入力するとオペレータに繋がるので、希望日と時間帯、行き先がマニラかセブかを伝えると空席状況を調べてもらえます。希望の便に空席があれば自身のANAマイレージ会員情報でもって予約が完了するという運びです。

必要なマイル数はエコノミークラスで20,000(マニラ行きもセブ行きも同じ)。これに諸経費の11,210円が発生します。言い換えるとANAマイルに余裕があれば1万円ちょっとでセブに行かれます。特別なキャンペーンなどがなければ、おそらくこれが最も安く行く方法でしょう。しかも直行便が空いていれば往復とも午後の出発なので早起きする必要もなく楽です。LCCではないから機内食やお酒も出るし、預入荷物も23Kg x 2個。映画は自前のスマホやタブレットに専用アプリ「myPAL Player」を入れておけば機内Wi-Fiを通じて見られる方式のままかと。

注意事項としては、どうやらANAマイレージの割り当て枠が決められていること。他の旅行予約サービスやPALの公式サイトで空きがあったとしても、ANAマイレージで引き換えられるとは限らないようです。旅行日程を決めたら早めに手続きした方がいいでしょう。

ああ、昨年はこの方法を知らなかったため、ANA傘下のバニラエアで行ったのですよね。ANAマイル30,000も使って。あの時はANAマイレージのサイトで「ANAマイルをPALの航空券に引き換えられるか?」とメールで尋ねたら「PALに訊け」と言われ、PALに問い合わせたら「ANAに訊け」と言われたような…。ANAは「直接カードデスクに電話しなければ門前払い」という方針なのでしょうかね。ANAマイレージサービスは、本音ではなるべく使わせたくないのか、わざと不便に制度設計していると思える点が多々あります。

Jetstarの機内エンタメ

GWが明けてから帰省しました。成田→福岡までは最安だったJetstar。往路は5,000円弱です。

さて、LCCのJetstarには機内エンタメ、Wi-Fiの類いは一切ないので、あらかじめiPadに映画を入れておき、こうするのが正解だと思います。

Jetstarの機内エンタメ

そう、iPadのカバー(通称「風呂のフタ」)を前の座席のポケットに差し込むわけです。これなら座席のトレーを出す必要がないので離着陸の際にも楽しめます。目線をあまり下げなくても良いので楽だし。

でも、その反面Jetstarの座席ポケットにはペットボトルが入らなくて不便なんだよな。

バティック航空の機内食

今回のレンべの旅で密かに期待していたのがバティック航空の機内食。2014年に乗った際の印象が良かったので。サンバルソースの小袋が添えられていて。

でも、今回は往復とも残念な感じになっていました。

バティック航空(ジャカルタ→マナド)の機内食
往路
バティック航空(ジャカルタ←マナド)の機内食
復路

サンバルソースも付いていません。まあ、国内線なのに機内食が出る楽しみがあるだけいいか。

ちなみに選択の際には「ナシ?ビーフン?」と聞かれます。私も含めてほとんどの人が「ナシ(ご飯)」と答えていましたね。

バティックエアの乗り方がちょっと難しい

今回の旅では約三年半ぶりにバティックエアを利用しました。ジャカルタからマナドまでの国内線往復です。

バティックエアのチケット

ANAの深夜便で日本を発ち朝5時過ぎにジャカルタのスカルノハッタ空港第2ターミナルに到着。イミグレを抜けて預け荷物を取ったら一つ上のフロアに移動し、シャトルバスで第1ターミナルに移動。ここまではなんて事もありません。

問題はチェックイン以降。バティックエアは国内線をたくさん展開しているため15箇所以上のチェックインカウンターがあるけど、便ごとに分けていないので無秩序状態。搭乗時刻が近い人もそうでない人も入り混じっていて、わずか20人かそこらの列をさばくのにチェックインカウンターで30分以上も並んで待たされました。まあ、この国ではちゃんと列ができているだけマシか。

で、ようやく私の番になったものの、スーツケースの重量が23.5kg。規定では20kgまでです。三年半前は重量規定は無視されていたけど、今ではちゃんとチェックするようですね。「ダイビング器材だ」と言っても特に効果なし。ダイバー向けの規定緩和はなさそうです。ただし「2kg分何か外に出せ」と言われ、適当な塊(約1Kg)取り出したら、それでいいことになりました。まだ22kgを超えているけど許容に。こういういい加減さは歓迎です。

ただし、係員が私のスーツケースに亀裂があるのを発見し、「ラッフィング、ラッフィング」と言ってきます。「手荒(roughly)に扱ってるな」なんて言いたいのかと思ったけど、私の「問題ない」という相槌では話が進まないのでしばし考えて、ふと気付きました。「Wrapping(包装しろ)」と言っているのかと。訊き返したら「そうだ」と。そこで室内の離れでスーツケースをラップ(50000ルピア)してもらい無事チェックイン完了。バティックエア(スカルノハッタ空港発)の乗り方はちょっとだけ難しいです。

ちょっくらレンベに行って来ました

貯まっていたANAマイレージの使い道、当然ながらダイビングに使うとしてアンボン行きかレンベ行きかで迷ったけど、結局レンベにしました。理由は以下。

  • トランジットがアンボンよりもちょっと楽
  • 前回がアンボンだった
  • サイケデリカは去年ほど高確率では見られないらしい
    (問い合わせたら「一週間前に見たのが最後。 No guarantee」と言われた)
  • 約一ヶ月前にレンベに新しいリゾートがオープンした

そうして11/26(木)に行き先を決め、ANAマイレージサイトで翌週11/2(木)の深夜便を押さえようと思ったものの、あいにく帰りの特典航空券が取れず。その前日も×だったので前々日の10/31(火)の深夜便にしました。

ANA便のPassbook

そのため帰国は11/8(木)ではなく昨日11/6(火)。朝6時半に羽田空港に着き、9時前に会社に直行した弾丸っぽいスケジュールだったけど、まあ問題なし。飛行機内で5時間ほど寝られたから。3連休に有給休暇を3日足して6連休。5泊7日間、内ダイビングが4日間の個人手配ツアーでした。

このパターンはありですね。今までもシンガポール経由で同様のツアーが組めたけど、ANAマイレージを使って行かれるのがいいです。