CAPTAIN MARVEL

映画「キャプテン・マーベル」を初日のレイトショーで観てきました。

キャプテン・マーベルのポスター

以下、ネタバレを含みます。


まずは感想から。「ワンパンマン+夏目友人帳みたいだった」です。そして個人的な評価は「★★★⭐︎⭐︎」ってところかな。小さいスクリーンの割り当てだった理由が解りました。まあ、単品映画としては凡庸でも、来月公開のAVENGERS : ENDGAMEに続くので、観ておく必要があったのだけど。

彼女は「ヴィアース」という名のクリー帝国の見習い戦士として登場します。最初からフォトンブラスト(衝撃波?)は使える設定ですね。

でも何故か地球人パイロットとしての断片的な記憶も持ち合わせていて、任務の流れで地球に墜落し、出会った若かりし頃のフューリーと組んで、以後自身の出自を探っていくことになります。

そして自身が何者か、そして敵の正体が解ると、彼らを相手に大立ち回りを演じるのだけど、これがもう無敵のワンパンマン状態。何をされても傷つかない無敵モード。GURDIANS OF THE GALAXYでサノスを追い落とそうとしたロナンですら尻尾を巻いて逃げ出すほどの。光速エンジンの爆発に巻き込まれた結果という設定のようで。

また、マーベルのコミック作品には空を飛べるキャラクターがたくさん出てくるものの、さすがに実写映画では生身で飛ぶのはヒューマントーチくらいだから(アイアンマン&ウォーマシンは機械、ソーはハンマーを使う。マグニートやストーム、ヴィジョンも浮かぶ程度。ローグは飛ばない)、彼女も空を飛んだりはしないのかと思いきや、やっぱり飛べてしまうのですよね。しかも宇宙空間でも。こうなると一気に大味感が出てしまいます。

なお、重要な役割を果たすのがグースという名の猫。フューリーはかなりのCat person(猫好き)でした。でもこのグースは実はフラーケンという地球外生物。普段は猫として振る舞っているものの、スクラル人の完璧な変身をちゃんと見抜くし、要所では妖怪的な活躍を見せます。まるでニャンコ先生ですね。しまいにはフューリーの左目を引っ掻いて呪い(?)を掛けてしまうし。

そしてラスト。フューリーに与えた緊急コール用ポケベルからの信号を受け、キャプテン・マーベルはサノスの指パッチン殲滅後のキャプテン・アメリカ、ブラック・ウィドー、バナー博士らのもとに現れます。無敵の彼女がENDGAMEで他のアベンジャーズとどんな絡みを見せるのか楽しみです。サノスを倒すためにDr.ストレンジが見つけた1/1,400万の勝機とは、おそらく時間を巻き戻すことだと思うのだけど。もしくは消された人たちの再創造による復活か。じゃないと新作映画を作りづらくなるから。GURDIANS OF THE GALAXY 3の製作も決まっているわけだし。

そうそう、冒頭のコミックがペラペラめくれて「MARVEL STUDIOS」と出るおきまりのあれがスタン・リーバージョンになっていて愉快でした。

Duneがリブート

Dune 砂の惑星の映画がまた作られるそうですね。デビッド・バウティスタ(バティスタ)が出演するそうな。バウティスタはギリシャとフィリピンのルーツを持ったプロレスラーであり俳優。はまり役は何と言ってもGUARDIANS OF THE GALAXYのドラックスです。あの忠義に厚い脳筋おバカキャラは実に素晴らしい。その路線だとDuneではハルコンネン卿、またはその馬鹿甥のラバン(昔の映画ではスティングが演じなかった方)役かな?格闘家としてなら、ガーニー・ハレックかも。新スタートレックでピカード艦長になる前のパトリック・スチュワートが演じていた主人公側の武術顧問の。

実はDune、私が好きな映画のトップ10に入ります。カルトムービーと称されることがあるように、デビッド・リンチ監督作品らしい独特の雰囲気があるのですよね。102世紀という途方もない未来ながら、中世のような建物の様式美とレトロフューチャー的なメカ類が多数登場するのも妙に惹きつけられるものがあります。

ストーリーは単純。宇宙で唯一、この砂の惑星でのみ採れる超高価な効能たっぷりのスパイス「メランジ」の利権争いだったりします。まあSFの名作なんて大抵そうかも。テクノロジーが進んだ遠い未来においても人間ドラマこそがカギになるという。

Duneで圧倒的な存在感を放っているのが果てしない砂漠に生息する全長数百メートルにも及ぶサンドワーム。風の谷のナウシカの王蟲のモチーフにもなったとされる「圧倒的な自然の摂理の体現者」的ギミックですね。振動に敏感でメランジの採掘時に襲ってきます。

Duneのサンドワーム
後のテレビ版ではもっとトゲトゲしい形状でした

そしてナビゲーター。元は人間だったものの、メランジの過剰服用でワープ航行を可能にする超能力を得たものの、体は変貌してしまってます。

Duneのナビゲーター
これでも元は人間です。テレビ版では、属質な皮膚を持つのっぺりした人間の亜種のような姿で登場しました

それからキーになる勢力は修道女組織ベネ・ゲセリット。催眠・強制力を持った声を使います。主人公ポールの母がその一人です。

他にも人間コンピュータのメンタットってのも出てきますね。長い人類史の途中、コンピュータに支配されかけた時代を経てAIテクノロジーが排除された代わりに、高度な演算能力を発揮できるよう訓練された人間達です。

ちなみに砂漠の民が着るスティルスーツ(雨が降らない星で生きるために、汗や排泄物のリサイクルシステムを備えているサバイバルスーツ)は、かつてはゴム製で俳優達からの評判がすこぶる悪かったらしいけど、今ならデザインも質感もどうとでもなりましょう。

まあこれらは原作者のフランク・ハーバートが産み出した世界。

リンチ監督の旧映画は原作の長編小説を無理やり2時間ちょっとの尺に詰め込んだのでストーリー運びが雑だったから、リブート版の映画ではぜひ3部作構成で丁寧に作っていただきたいところです。

それと、メランジのせいで砂漠の民の白目部分が青いという設定は引き継いで欲しいな。テレビ版では瞳だけが青く光る感じでつまらなかったから。

ソーのハンマーは運搬できますか?

キャプテン・マーベルの映画封切りまであと1ヶ月。待ち遠しいです。無敵のキャラクターは描写が難しく、得てして退屈な作品になりがちだけど、アベンジャーズ創設の話なので見逃せません。翌月にはアベンジャーズの新作映画も控えていることだし。

さて、マーベルコミックの人気キャラクターでアベンジャーズのメンバーでもある雷神ソーは常にハンマー「ミョルニル」を持っています。ソーに飛行能力を授けるこのハンマーは、ソー本人やヴィジョンなどのごく限られた人物にしか扱えない代物で、トラックで引いてもビクともしないし、ハルクですら持ち上げることができません。

Thor and his hummer

でも、ふと疑問が湧きました。「ハンマーがキャスター付きの椅子や台車に置かれていたなら運べるのか?」という。ハルクが持てないのなら単純に超重量ではなさそうなので。

まあ、普通に考えれば不可でしょうね。確か劇中でもハンマーで押さえて誰かをその場に釘付けにしたシーンがあったと思うし。でも、それだとソーがクイーンジェットに乗っている際、トイレに行こうと座席にハンマーを置いたら機体が空中に静止してしまうのでしょうか?あるいはたちまち推進力を失って真っ逆さまに墜落するとか…。車やバイクなどの地上の乗り物では?

ONE PIECE風の解釈でいくと「使い手本人の意識がある内はどうにでもなる」ってところですかね。

CAPTAIN MARVEL Trailer

キャプテン・マーベルの映画トレーラー第3弾がリリースされました。

私はキャプテン・マーベルにはあまり知識がなく、彼女がDCコミックで言うところのスーパーマンに匹敵する最強級のスーパーヒーローだというくらいしか知りませんでした。でも、DCがWonder Womanをヒットさせたので、マーベルもいよいよ真打ちスーパーヒロインの彼女を投入してきた感じでしょうかね。

ただ、強すぎるキャラクターというのは実は扱いが難しいはず。なるほど、だからこそAVENGERS: INFINITY WARでサノスにヒーロー達があらかた消滅させられたこのタイミングでの登場なわけだ。それと次作のAVENGERS: END GAMEに唐突に出すわけにもいかないから、この順番なわけですね。それに彼女はアベンジャーズというチームの創設時メンバーでもあるし何かと計算尽くだと。

当然、本作はキャプテン・アメリカの第1作目みたいに過去の話がメインになるものの、現在のアベンジャーズには参加していないだから隠遁するくだりが描かれるのでしょう。ほんでもってラスト近くでは、塵になって消えゆくフューリーからのポケベル信号を受けて姿を見せるところで終わり、クレジットの最後でお決まりの「CAPTAIN MARVEL will Return in AVENGERS: END GAME」といくと踏んでいるのだけど、どうだろう。

でもまあ、ここはあんまり予備知識を入れずに見た方が楽しめるかもしれないな。

ちなみにキャプテン・マーベルは昔のX-MENのアニメにも「Ms. Marvel(吹き替えではミズ・マーブル)」の名で登場していて、養母ミスティークにそそのかされたローグにスーパーパワーを根こそぎ吸い取られて昏睡状態に陥ります。

X-MEN アニメ 22話のワンシーン
X-MEN アニメ 22話より

優生人類誕生

中国でゲノム編集によってHIVウイルスに耐性を持った女児が誕生したとのこと。世界的にタブー視されてはいるけど、こんな風に公表するかはともかく、いつか誰かがやってしまうだろうとは思っていました。

国際会議で発言する賀建奎氏=香港で28日、AP
国際会議で発言する賀建奎氏=香港で28日、AP

人間の遺伝子操作という話で思い出されるのはスタートレックに登場する優生人類たち。リーダーのカーン・ノニエン・シンに率いられた彼らは卓越した頭脳と身体能力により20世紀末の地球で大戦争を引き起こした結果、拘束の末に宇宙の彼方に追放となりました。最近の映画ではベネディクト・カンバーバッチがカーンを演じて、体力的には地球人をはるかに凌駕するクリンゴン人をボコボコにしていましたね。

もちろんあちらは単なるフィクションなのだけど、こうして口火が切られた以上、デザイナーベイビーの追求はエスカレートしかねません。法律的には禁止でも隠れて実行されれば止めようがないので、いずれは本当に優生人類と呼べる存在が誕生してしまうかも…。

さしあたり、先日中国で生まれてきた双子、そして後続の面々に深刻な副作用が出たり、おかしな優生思想が芽生えなければと願うばかりです。