ダンジョン飯(9)

ダンジョン飯(DELICIOUS IN DUNGEON)の第9巻が発売されてしばらく経ったので感想でも。ダンジョン飯は私が必ず新刊を買うと決めている数少ない漫画作品です。ちなみに他はONE PIECEとHUNTER x HUNTER。キングダムは加冠の儀まででギブアップしました。

ダンジョン飯(9)
この表紙でミスルン隊長が踏みつけているのはサンゴ蛇かな

この作品の特徴は、非常に綿密に設計されていること。さりげない要素が重要な伏線だったりします。そしてユーモアもたっぷり。特にツッコミの台詞が上手いですよね。基本的にはライオスとセンシがボケでマルシルとチルチャックがツッコミ。イヅツミが第三者的異端分子ってとこかな。

以下、ネタバレです。

ダンジョン飯の9巻では、迷宮の謎の一つ「黒魔術(古代魔術)の禁忌」が明かされました。「異世界から人間の欲望に付け込む悪魔を呼び込みかねないから」だそうな。それにより古代文明は滅びたのだと。そういやマルシルがファリンを蘇生させた際に異次元からエネルギーを取り出して利用したと言っていました。あれがリスキーな行為だったわけだ。

そしてミスルン隊長もその犠牲者。迷宮の主人となり理想の時間を味わった挙句に右目を潰され、復讐心以外の欲を食われたという。彼の世界では、恋人はナーガ(下半身がサンゴ蛇?)に変異していましたね。ヤギの姿をしていたその悪魔が今どこにいるのかは不明だけど、更なる犠牲者が出ないようカナリアによって迷宮ごと封じられたのでしょう。十分に力を付けるまでこちらの世界に来られないらしいから。

ならばまた疑問が。かつて文明を滅した悪魔はどうなったのかと。こちらに来て倒されたか払われたか、経年により力を失ったのか。

さらにもう一つ。有翼の獅子も狂乱の魔術師シスルの願いから黄金城の迷宮と魔物たちを作ったのだそうで。ならば彼もヤギ姿の悪魔と同様に異界の存在なのかも。この迷宮も人の欲望に強く反応するのだし。

ちなみにミスルンが欲望を食われた際のカナリアの隊長が陰気なミルシリル。カブルーの養母ですね。ぬいぐるみ使いで剣術の達人の。

ただし彼女仕込みの剣の腕前を持ち頭も切れるカブルーのパーティは最高のメンバーバランス(戦士二人と魔法使い二人、そして感覚が鋭いハーフフットとコボルト)だけど割と浅い階層でたびたび全滅。他方で少々頼りないライオスのパーティは今回も自力で最深層まで到達。この差は欲望の種類の違いなのでしょう。カブルーたちは財宝に執着があるけど、ライオスたちはファリンを助ける目的以外の動機は好奇心や知識欲だから。

さて、9巻の最後はミスルン隊長率いるカナリアがライオス達に遭遇しそうな場面で終わりました。カナリアの任務は迷宮の制圧だけど、ライオスの夢は魔物との共存。シスルはデルガルの死を受け入れず、ファリンは彼女に味方します。何やら複雑な展開が待っていそうですね。

そしてまだほとんど語られていないマルシルの素性も気になります。夢魔に見せられた悪夢では「みんなと走る速さが違う」「これからもたくさんの人を見送らないといけない」という心の傷に言及されていたので、実はライオスが見立てた100歳前後(トールマンの20歳相当)ではなく、もっと年長で複雑な過去があると踏んでいるのだけど、どうでしょう。「親が宮廷魔術師だった」と過去形なのも彼女が超長寿ゆえかもしれないなと。エルフ世界では世代交代なんて滅多に起こらないだろうし。

そうそう、7巻までは7話収録だったけど8巻からは6話収録に変わっていますよね。これは歓迎です。単行本発売ペースが上がるから。次の10巻も年内に出るかな。

最後に一点。九井涼子さんには珍しく8巻と9巻には矛盾がありますね。ライオスがイヅツミを誘導すべく鈴を投げた際の描写、8巻ではカブルーとシュロー、そしてカナリアが横並びだったけど、9巻のカブルーはミスルン隊長と共に迷宮の深層にいます。まあ、そこはご愛敬。

自粛太り

例に漏れず私もSTAY HOME週間に太りしました。+約3kgぐらい。毎日2時間前後、近所をウォーキングしていたけど、それで消費できるカロリーなんてたかが知れています。そして、家にいる時間が長いと生活が単調なためか食事が大きな関心事になるのですよね。免疫を高く保ちたいという思いも働くし。

さて、5月1日、新百合ヶ丘OPA(B1F)に食パン専門店『一本堂』がオープンしました。最近は食パンブームだそうで。

食パン専門店一本堂新百合ヶ丘店

食パン専門店一本堂新百合ヶ丘店

どうやら30分ごとに違う種類の食パンが焼き上がるようで、すぐに売り切れるため時間帯によって品揃えが違います。日中は30分ごとに連日長い列ができているようですね。

でも先日たまたま19時ぐらいに前を通ったら列がなかったものだから『一本堂(ぷれーん)』と『鉄食パン』を買って食べてみたけど、確かに美味しいです。ふわふわしっとりで、ほのかな甘み。これは危険だ。味をしめるとまた体重が増える原因になるかも。

マクタン島のロックダウンが1ヶ月経過

セブのダイビングサービス、ハイミーズダイブセンターの近況がYoutubeにアップされました。

内容は見てもらうとして(日本語だから)、私が気になるのは島の様子。やはりスーパーのグロッサリーフロアやコンビニぐらいしか営業しておらず、許可証がない外出も許されないようですね。

ちろんダイビングサービスは営業できないからダイブマスター達も商売上がったり。収入が断たれた中、頼みの綱である行政からの配給は米3Kgが週に一度だそうな。厳しい…。

マクタン島の感染者数は少ないようだけど、だからとロックダウンを解けば雑多な人が島に流入しかねないので、この状況はまだしばらく続くでしょうね。

よってハイミー自身も先行きを懸念している様子。「6月までなら耐えられるけど、その後になれば解らない」「韓国系のダイビングショップの友人は帰国した」とも。

ロックダウンのおかげで海は綺麗になっているはずだけど、いざ旅行や商業活動が再開された際にダイビングサービス各店が存続できているかが不安です。ハイミーのダイブセンターは内陸にあるからボートのメンテナンスもままならないだろうし…。

Masala Guava

9月末に代々木公園で開催された第27回ナマステ・インディア2019では
こちらのカレーとジュースを買いました。日本の輸入食材店で見たことがなかったから。

インドっぽいジュースとレトルトカレー

で、感想をお伝えしておきたいのがジュース3点。左からグリーンマンゴー、マンゴスチン、グアバです。

グリーンマンゴー、マンゴスチンはどちらも梅っぽい酸っぱさがありました。インド人の好みなのかな。

そしてグアバはというと、飲むと喉にヒリヒリ感が。ドライタイプのジンジャーエールとかに似た刺激です。で、ジュースの名前を確認したら「Masala Guava」とあります。「Masala」は調合スパイスって意味ですよね?

ほんでもってパッケージの下には唐辛子の絵も。私も辛い食べ物は好きだけど、甘いフルーツジュースに唐辛子を入れる感覚が理解できません。

でも、未知なる体験をしてみたい人はこちらで買って試してみてください。

フィリピン・クリスマス・フェスティバル2019

フィリピン・クリスマス・フェスティバル2019に行ってきました。今年は日比谷公園ではなく代々木公園です。

フィリピン・クリスマス・フェスティバル2019

まずはSisig(シシグ)。大好きなもので。

フィリピン・クリスマス・フェスティバル2019のSisig
クリーミーなタイプのSisigでした

次にSisig & Manok(焼き鳥)。

フィリピン・クリスマス・フェスティバル2019のSisigと焼き鳥
こちらもクリーミーなタイプ。ただしトウガラシが多めに入ってて美味

さらにSisigとBulaloスープ。

フィリピン・クリスマス・フェスティバル2019のSisigと Bulaloスープ
ANA’sのシシグはドライなタイプにマヨネーズ付き。Bulalo(牛スネ肉のスープ)が最高でした

ランバノグ(ココナッツの蒸留酒)。

フィリピン・クリスマス・フェスティバル2019のLAKAN(ココナッツ酒)
ココナッツのお酒、先日スリランカ産のも飲んだけど、どうも私には合わないような

なぜか倉吉市のウイスキーも出店していました。

フィリピン・クリスマス・フェスティバル2019の倉吉市産ウイスキー
当然ながら8年や12年よりも18年ものの方が旨し。他にもブランデー仕込みの梅酒とウイスキー仕込みの梅酒もありました。ウイスキーの方が好みでしたね

そしてBalotまでありました。

フィリピン・クリスマス・フェスティバル2019のBALOT
気にはなったけど買えませんでした。1個400円って現地価格の10倍だもの。きっと輸入品で新鮮じゃないだろうし、湯煎して出しているようだから、味も違うのではないかと

ミンダナオ産のコーヒー、1杯400円で売っていたのを確認したけど、会場を一周してから再訪したらすでに撤収されていました。残念。なぜか福田康夫元総理が…。

Jolibeeキャップを貰いました。

フィリピン・クリスマス・フェスティバル2019のJolibeeキャップ
フィリピン在住の知り合いに日本から注文してJolibeeやらを届けるサービスとのこと

「SAMURAI PRESIDENT」なんて本も。ドゥテルテ大統領のことらしいけど著者が大川隆法氏と知ってがっかり。

SAMURAI PRESIDENT

その他、出し物多数。

フィリピン・クリスマス・フェスティバル2019

フィリピン・クリスマス・フェスティバル2019
フィリピン・クリスマス・フェスティバル2019
フィリピン・クリスマス・フェスティバル2019

ひとしきり堪能した後、ANA’sでエッグパイやらデザートを買おうと思ったけど断念。何しろフィリピン人たちが列を作らず殺到していたから。

他の国のイベントは日本らしくそれなりに整然としているのだけど、このフィリピンフェスティバルはフィリピンそのもので、我々日本人がアウェー感を味わわされたりします。まあ、私は馴染むのだけど。