BAYSIDE ENGLISH CEBUが閉校

BAYSIDE ENGLISH CEBUが閉校になりました。

私も4年半前にRPCキャンパスの方に2ヶ月滞在して毎週末ダイビングに繰り出す生活を送ったし、あれが水中写真のいい修行になったのですよね。

その後もダイビングで遊びに行った際に、学校のすぐそばのバーTagay Bay(現在はAosmecスクエアホテルの一部)で飲んでいたら、かつての先生と再会したりと楽しい思い出があります。

閉校は残念だけど、いきさつからしてしかたないかと。もはやフィリピン英語留学、セブ英語留学の市場は飽和状態だし、オンラインサービスもわんさか出てきたので、あんなにネガティブなイメージが付いたのでは。RPCキャンパスの賃借期限も切れたようだし。

なお、BAYSIDE校の創設者の佐々木綾子さんはコルドバ地区に新しい学校をオープン予定らしいけど、フィリピンらしく遅れに遅れているようだし、どうなることやら。ただしそちらは英語留学向けではなく、地元の子供達のためのインターナショナルスクールのようですね。留学校なら私にも面白いアイディアがあったのだけど、それを実行に移す機会はこの先もないかもな。

ともかくBAYSIDEの先生やスタッフたちに、早く新しい良い仕事が見つかることを願います。

私の場合、これからもあの島に遊びに行く機会はあるだろうから、かつて知り合った先生たちとはFacebookで音信を保っていくつもりです。

Netflixやめました

STARTREK DISCOVERYを見るためにNetflixに加入し、DISCOVERYの他にもENTERPRISEも全話見返して、さらにMARS 火星移住計画も見たものの、次に何を見ようかと考えあぐねて結局退会することにしました。

NETFLIX

私はScyFi好きでNetflixにはその手の番組もたくさんあるのだけど、選択肢が多いとかえって選べなくなるってやつです。複数シリーズものは見始めたら長い時間を割くことになるし。

かと言って単品映画のTITANなんかは「何のこっちゃ」って感じだったのですよね。地球の環境破壊が進んだから土星の衛星タイタンに移住するために人間をタイタン仕様にミューテーションさせようって粗筋には疑問符だらけです。

まあ、Netflix自体はいいサービスだと思うので、気が向いたらまた再入会するでしょう。遠からずDISCOVERYの第3シリーズがリリースされるだろうし。

Appleタイマー?

先週あたりから私のiPhone 6 Plusは使用中に時々「SIMなし」の状態になる現象が発生しています。

iPhone 6 PlusのSIMなし表示
タイミングは容赦なく、レイドバトル中にSIMなしの不通になることも

もちろんSIMは挿したまま触っていないし再起動すれば元どおりコネクションが回復するので機械的な接触不良ではなさそう。だとしたらソフトウェア的な問題ではないかと。

思い当たるのは先週、新しいiPhoneが発表されたこと。iPhone 6 Plusは新しいiOS 13のサポート機種からも外れています。つまりAppleが買い替えを促すべく旧機種では時々不調が出るように細工しているのではないかと。SONYタイマーならぬAppleタイマーですね。

まあそれはないかな。同様の事例が集まれば米国で集団訴訟なんかが起きかねずリスキーすぎるから。

いや、でもiPhone熱が高い日本市場でだけ起きるよう調整していれば、集団訴訟リスクを避けつつ、機種がへたったように見せて買い替えを促せると踏んだのかも。まあ、何の確証もありませんが。

でも私だって機種変更したいとは思っています。iPhone SEの後継機さえ出してくれたなら。

Netflixは英語の勉強に最適

Netflixに加入中です。StarTrekシリーズを見たかったので。

そして発見したのはNetflixは英語の勉強に最適だということ。何しろ字幕を日本語と英語(他の言語にも)に随時切り替えられるので。

ちなみにドラマの場合、字数の都合などで意訳も多用されます。例えばホシ・サトウ中尉が調理係を務めている時のこのシーン。未完成のスープに手を出そうとしたアーチャー船長をホシが制止する場面です。

StarTrek Enterpriseのワンシーン
第2シーズン第9話より

「完成するまでおでんは出せません」なんて絶対言ってないはず。英語音声でも「Oden」らしきワードは聞こえません。そこで英語字幕を見ると、「My family’s reputation is at stake!(私の家族の評判がかかっています!)」だそうな。直前のワードも「I will not server it till it’s just right」です。

ともかく「10秒戻る」の機能もあるので、何度でも聞き返せます。

欲を言えば「英語字幕に切り替えて10秒戻る」のボタンも用意してくれると嬉しいのだけど。

それにしてもStarTrek Enterpriseは惜しいことをしましたね。放映当時はストーリーを追うのが精一杯でさほど面白いとは思ってなかったし、実際、諸事情から4シーズンのみで終了したのだけど、今回全話を見返してみたら、これがとても面白くて。何しろアーチャー船長の功績は後世のカークやピカード以上。惑星連邦の礎を築いたのだから。よって他のシリーズ同様に第7シーズンまで制作して、初期の連邦と宇宙艦隊の創設もしっかり描いて欲しかったなあと。

最新シリーズのStarTrek DiscoveryはEnterpriseの少し後、宇宙大作戦の少し前の時代の物語だけど、そのあたりは描かれていないし。

DIVE INTO AMBONのダイビングマップ

DIVE into AMBONのダイビングマップです。

DIVE INTO AMBONのダイビングマップ

以前に使ったMALUK DIVERSは湾内にあったのでもっぱら内海専門っぽかったたけど、DIVE INTO AMBONは外海に面しているので外洋のダイビングサイトが充実しているようです。稀に外海でもPsychedelic Frogfish(アンボンカエルアンコウ)が見つかるそうで。