新マクタン空港の手羽先

新しくなったマクタン空港でラクサを食べたものの満足感が得られなかったので、向かいのBonchonというお店で手羽先を食べました。3ピースが254ペソ(550円ぐらい)だったかな。

Bonshonの手羽先
3ピースを頼んだけど上下に3個重なって6ピース出てきました
マクタン空港のBonshon
チキン専門店というわけではなくハンバーガーや天丼みたいなメニューもあります

注文時にチキンの味付けを訊かれたので「スパイシー」を頼んだけど、期待したようないかにも韓国っぽい辛さではなく甘辛でした。

新しいレストラン街にはラーメン屋もあるけど、これから日本に帰ろうって人には無用ですね。閑散としていました。

他にもバーがあったけど、お値段が高いので利用せず。

新マクタン空港のターミナル、はっきり言ってしまえばガッカリです。フィリピンなのにフィリピン料理のレストランが入っていないのだから。せめてバーガーキングの代わりにジョリビーが入っていればよかったのだけど…。

新マクタン空港のラクサ

新マクタン空港で楽しみにしていたのが出発ゲートエリアのレストラン。一通り見て回ったけど、パッとしませんね。例えばジョリビーではなくバーガーキングだし。

で、消去法で選んで食べたのがこちら。アジアンキッチンのシーフードラクサです。480ペソ(約1,000円)、高っ。

味はまあまあ。具が少ないとは思うけど。

ちなみにメニューだと左下の写真がそうです。かけ離れているなぁ。

マクタン空港のラクサ

なお、隣のテーブルに中国人カップルが座り同じものを食べてたけど、彼らが去った後のテーブルや受け皿などは「どう食べればこんなに汚せるんだ」と思うぐらいに散らかっていました。文化の違いは大きいですね。

新生マクタン国際空港

新しくなったセブのマクタン国際空港(近々ラプラプ国際空港に名称変更されるらしい)は快適ですね。

セブのマクタン国際空港(ラプラプ国際空港)
ターミナル内。明かり取りのある高い天井は気持ちがいいです
セブのマクタン国際空港(ラプラプ国際空港)
ターミナルの外では工事が続いています。トランジットホテルやショッピングセンターが出来るそうです
セブのマクタン国際空港(ラプラプ国際空港)
荷物をカートに乗せたままチェックインカウンターまで進めます

まず、以前のターミナルではチェックインカウンターのフロアに入る直前に荷物検査を通す必要があったけど、新ターミナルではそれがなくなり、入口の係員にeチケットの控えかスマホ画面を見せるだけで荷物をカートに乗せたまま建物に入れます。

また、旧ターミナルでは建物前で客の荷物を半ば強引に奪って運ぶことでチップを貰おうとする怪しげな空港職員がいたけど一掃されたようです。旧ターミナルでは入り口からチェックインカウンターまでが長かったし、途中にスロープもあったけど、新ターミナルはひたすらフラットで、かつ建物に入ってすぐのところにチェックインカウンターがあり、ケチな小遣い稼ぎが成り立たなくなったのでしょう。

チェックインの後も迷うことはなさそうです。建物の中央奥がイミグレーションだし、その両サイドに空港使用料を払うためのブースが設置されているので。ちなみに空港使用料は750→850ペソに値上がりしました。

セブのマクタン国際空港(ラプラプ国際空港)
建物内右奥にはカフェと換金所があります。値上がりした空港使用料のペソが足りなくなったらここで換金できます

新ターミナル、とても機能的で気に入りました。まあ、昔のポンコツな空港にも愛着があったけど。

GrabCar

マクタン島のAOSMEC Square HOTELに滞在中、何気にGoogleマップを起動したらこんな風に表示されました。

Grab TAXI in the Mactan Island

どうやらGrabCarの運行状況のようで、車のアイコンはリアルタイムに動きます。Grabは東南アジアのUber的なサービスですね。そうかアグスのようなローカルエリアにも走ってるのか…。

実はこの時は雷が鳴るスコール中。頼まれたお土産を買いにガイサノグランモールに行く必要があったので使おうかと思ったけど、乗り合いのトライシクルなら片道僅か8ペソ。結局雨が止むまでの1時間あまり待ってから出かけました。

マクタン島の変化

約一年ぶりに行ったマクタン島にはいくつかの変化がありました。中でも大きな変化はこれ。

マリバゴ地区の十字路の風景
今やコリアンタウンと化したマリバゴ地区の交差点は、私の滞在中ずっと水浸しになっていました

洪水?それはいつものこと。正解は信号です。確か去年はなかったはずだけど、マリゴンドンやマクタンニュータウンのあたりでも見かけたなぁ。

ローカルなリゾート地に都会っぽい要素が増えるのはちょっと残念な気もします。