Disney+に加入

Disney+

Disney+に加入しました。

実は先月加入したU-NEXTも継続中なのだけど、見たいものはあらかた見たもので、 8月22日に配信が開始されるハウス・オブ・ザ・ドラゴンを見てしまったら解約するでしょう。

そう、私の場合、hulu、NETFLIX、バンダイチャンネル、U-NEXTと動画配信サービスを渡り歩いたけど、どれも無料視聴期間+1ヶ月で解約しています。あれこれ何でも見る方じゃないので、その2ヶ月間で目ぼしいものを見たら終わりです。amazon prime videoはamazon primeの年会費だけで見られるから続けているけど。

で、今度はDisney+の番です。Disney+、なかなかいいコンテンツのラインナップですね。マーベルやピクサーの歴代作品が揃っているし、見応えがありそうです。

でも、難点は言語の切り替え方法が分かりづらさ。Apple TVの場合、コンテンツの再生中にリモコンのトラックパッドで下スワップして音声と字幕を選んでやる必要があります。それを知らなかったものだから、最初は日本語吹き替え+日本語字幕という妙な取り合わせで見てました。

ちなみにamazon prime videoは吹き替え版と日本語字幕版で別コンテンツになっているし、U-NEXTは再生の最初に吹き替え版か日本語字幕版かを選べます。それに比べてDisney+のUIは不親切ですね。

さて、Disney+もしばらくは楽しめそうだけど、ディズニー作品やスターウォーズ系は見る気がしないし、やっぱり2ヶ月で解約するかも。

ただし、来年の秋に昔のX-MENのアニメの続編がリリースされるようだから、その時には再加入しようと思います。どうやらマグニートーがX-MENのリーダーになる展開だそうで。

フランシュシュ はじめてのOnlineでShowcase!!?

フランシュシュ はじめてのOnlineでShowcase!!?

7月30日(土)21:00、『フランシュシュ はじめてのOnlineでShowcase!!?』なるオンラインイベントが開催されました。これ、早い話が『ゾンビランドサガ』のプロモーションの一貫で、劇中における佐賀県ご当地アイドルのフランシュシュによる新曲発表のミニトークライブです。8月と9月にも第二段、第三段が予定されているので劇場版は年内に公開されるのかも。

で、私もチケットを購入して見てみました。チケットは第一弾のみのものが4種類。

  • 通常配信チケット 3,300円(税込)
  • マルチアングル配信チケット 4,500円(税込)
  • CD付き 配信チケット 7,150円(税込)
  • CD付き マルチアングル配信チケット 8,350円(税込)

「マルチアングル」がどんなものかわからなかったけど4,500円のチケットを購入。私はプレイヤー機器を持ってないからCDは要らないし。

そうして実際に配信を見た感想は、「えっ?これっぽっちか?」。なにしろトークを交えて30分かそこら、3曲披露して終わりです。ちなみにトークパートは1号と2号、そして0号の担当でした。

3曲目は待望の新曲だったけど、そちらの感想は「お遊びが過ぎます」ですね。タイトルが『冒険ズンドコドン!』だっけか。何だかNHKの子供番組かみんなのうたで流れるような雰囲気の、実に感情移入が難しい曲でした。聴き慣れたら印象も変わっていくかなぁ。ああ、NHKでも流させたいとか?

そしてマルチアングルの件、私はてっきりカメラのアングルをユーザー自身が自由に変えられるのかと思っていたけど、何のことはない、二種類のカメラアングルの好きな方で見られるというものでした。しかも途中でアングルを切り替えると最初から再スタートです。まあ当然か。Webを通じた不特定多数向けのサービスだから。もっとダイナミックなことをやろうとすれば専用アプリを用意する必要があるのでしょう。

『フランシュシュ はじめてのOnlineでShowcase!!?』のマルチアングル
ボカシを入れたんで見づらいけど、左下にサムネイル画像が二つあり、クリックするとアングルを切り替えられます

それとMahocastは初めて使ったのだけど、iPhoneとかからAppleTVにAirPlayでコンテンツを飛ばすことはできないようですね。大画面とちゃんとしたスピーカ音量で楽しみたかったのだけど、何度試してもできませんでした。そういう仕組みなのかな。残念。

そんなわけで、わずか30分のイベントに4,500円は高い気もするけど、配信後は何度も見返せるし、何よりゾンビランドサガの映画(願わくばテレビ版の第3シーズン以降も作ってほしい)、ひいては佐賀の振興に繋がると考えれば、この出費も良かろうと。経費にもできそうだし。

なお、第二段は8月27日(土)、第三段が9月 24日(土)の予定で、それぞれ新曲が1曲ずつ発表されます。楽しみだ。

スーツケースを物色中

まだ気軽に海外に行かれる感じではないし、新しいオミクロンBA5株の感染力は強烈そうだからまた各国の警戒を強めかねないけど、スーツケースを物色しています。前回のインドネシアの旅で二重のファスナーの片方が完全に壊れたので。ファスナーの修理は高額らしいので買い換えた方が良かろうと。

私の条件は容量95L以上。ダイビングのフル機材を持っていくにはそれぐらい必須だから。ちなみに重さは5Kg未満。飛行機に預ける際には軽い方がいいので。

軽さ優先で見つけたのがこれ。98Lで重量僅か3.5Kg。しかも5,970円と激安です

スーツケース Lサイズ 容量98L エコノミック TSAロック キャリーバッグ 軽量 キャリーケース suitcase 大型 size

ただし、レビューを見ると散々。軽い分、衝撃に弱そう。乱暴に扱われがちな海外旅行だと事実上1回きりの使い捨てみたいな感じになろうかと。粗大ゴミで捨てるにも500円かかるし、避けた方がよさそうです。

他方で良さげに思ったのがCRASH BAGGAGEのこちの商品

CRASH BAGGAGEのスーツケース

何だかあちこちぶつけまくったかのようなフォルムだけど、容量100Lで重量4.2Kgと理想的です。ちょっとお値段は張るけど結構丈夫なんじゃなかろうか。

ちなみに、かつてダイバーといえばこのプロテックスってイメージがあったけど重量が9.8Kgもあるので何かと不利。12万円以上もしているし、レジャーダイバーには無用の長物です。預け入れ荷物の重量が大きなビジネスクラスで旅するならいいけど、そこに予算を使うくらいならエコノミーでもう1、2回多く旅した方がいいので。

PROTEX CR-7000
レジャーダイバーがこれを持ってたら「ああ、買わされたんだ」と思ってしまいます

保存版ゾンビランドサガ

今年の初め、うっかり見始めてハマってしまったのが『ゾンビランドサガ』。

ゾンビランドサガのロゴ

そこで、いつでも見返せるようにAmazon prime videoをMacでキャプチャし動画データにしました。prime video、いつの間にか見放題が終わってたりするから(実際、今はそうなっている)。もちろん個人用です。ネットに上げたりはしません。

でも、prime videoの動画は最後に次の番組のサムネイルが表示されるのですよね。まあ、それはいいのだけど次回予告の最後1秒ぐらいが切れてしまうのが気に入りません。差し支えないといえばそうなのだけど…。

で、今月、U-NEXTに加入したらゾンビランドサガゾンビランドサガ リベンジもラインナップにあったので、こちらでキャプチャし直しました。ただし、U-NEXTは最初の数秒間、再生のバーが表示されます(prime videoでも表示されるけどCMが入るので本編の開始時には消えている)。そこでprime video版の前半にU-NEXT版の後半を繋いで1話を完成させることに。

とはいえ、QuickTime Playerの編集機能では動画を繋げられない(昔のQuickTime Proではできたのに)のでiMovieを使う必要があります。iMovieにprime video版を読み込んでAパートのアイキャッチの直後でクリップ分割。Bパートを捨てます。そこにU-NEXT版を追加して重複するAパートを削除。これを.movに書き出します。

でも、.movは無圧縮なのか24分の番組が10GBを超えるので、HandBrakeで圧縮し、200MB程度にして完成です。

セブでのPCR検査は$100

ハイミーズダイブセンターから新しいLINEが届きました。内容は日本⇄セブのフライト、そして帰国時のPCR検査について。

ハイミーズダイブセンターからのLINE

諸外国の多くからは帰国前72時間以内のPCR検査で陰性証明がないと帰国できないけど、フィリピンは48時間以内、それだけ感染リスクがまだ高いってことかな。3日前の検査じゃダメだと。

PCR検査の費用は約$100とのこと。今だと14,000円ぐらい。まあ、ハワイとかでも$170ぐらいって聞いてるので妥当な水準なのかも。

ただし、HISが用意している現地ツアーはなかなかのものです。例えば「PCR検査予約代行+往復混乗送迎」サービスだとホテルとの送迎付きで37,120円((PHP13500.00)。しかも午前中です。ダイビングが2本分潰れてしまうなぁ。

しかも結果の証明書は検査の24時間後に自分で取りに行く必要があるらしく、同じくHISの「検査結果受け取り送迎プラン」が13,750円 (PHP5000.00)。まあ、だったら自力で行くよな。ジプニーとかを乗り継いで。

よって問題は費用面だけでなく肝心のダイビング。仮にHISのサービスを使うなら、3泊4日の工程だと通常6ダイブできるところが3ダイブくらいに減ってしまいます。別のサービスなり自身で手配して午後に検査を受けられても4ダイブか。

要するに、最小限でも2万円の追加費用を払い、ダイビングも2、3本少なくていいならもうセブに潜りに行かれるって話ですね。私はまだパスだな。