Philippine EXPO 2024

6月7日(金)、上野公園のフィリピンエキスポに行ってきました。

Philippine EXPO 2024のバナー

例によってフィリピンの出稼ぎ労働者がターゲットの送金サービスのブースが多いのだけど、自分には用がないのでフード系の屋台を物色。

会場をざっと見渡してから、焼きバロットを購入。一個500円です。高いよな。

Philippine EXPO 2024の焼きバロット
甘辛のチリソースをかけて出してくれるけど、もっとシンプルな味付けで食べたいよな

それからキッチンマニラのブースでシシグ&ライス(1,000円)を。このイベントでは毎年シシグを食べてるけど、今回のこれが一番美味かったかも。

Philippine EXPO 2024のキッチンマニラのシシグ&ライス
牛丼チェーンの松屋、限定メニューとしてシシグを出してくれないだろうか

他にもフィリピン料理の屋台はあちこちに。

Philippine EXPO 2024の屋台

最大手のAna’sは定番スイーツやパン類を販売してました。

Philippine EXPO 2024の屋台

こちらの着ぐるみはイミグー。出入国管理庁のマスコットだそうな。

Philippine EXPO 2024のイミグー

なお、ステージではフィリピンとは無縁そうな知らないローカルアイドルグループが入れ替わりでパフォーマンスを披露していました。例年、金曜日にはステージイベントはあまり無かったけど、主催者もせっかくの舞台を遊ばせておくのもなんだと考えたのでしょう。

Philippine EXPO 2024のバローカルアイドルのパフォーマンス
ローカルアイドルの楽曲、聴いてて心地よくないメロディが多いような。だから売れないのか、独自性の追求が裏目に出ているのかは知らんけど…

 

HYPER FITNESSのフリーウェイトコーナー

先月末で自宅の目の前のANYTIME FITNESSを辞めて、今月から駅向こうのハイパーフィットネスクラブ新百合ヶ丘に再入会しました。在宅ワーカーの私はジム通いが日課なのだけど、ジムが自宅のすぐそばにあると日々の歩行距離が激減しがちなことが判って。でも、ハイパーに通えば週6日×往復40分は歩くことになります。

そのハイパーフィットネスクラブは4月30日にフリーウェイコーナーが充実したとのことで、それも再入会の大きな理由でした。

HYPERFITNESS新百合ヶ丘のフリーウエイトコーナー ・リニューアル紹介

どんな風に変わったのか楽しみだったけど、以前は2Fにカーディオマシン(エアロバイク、トレッドミル、ステアマスター)と各種筋トレマシン、そしてフリーウェイトコーナーが共存していたものの、この度、フリーウェイトコーナーが1F(以前はエアロバイクのイベントが実施されていたであろう場所)に移動した上で、新しい機種がいくつも追加されていました。

リニューアルされたハイパーフィットネスクラブ新百合ヶ丘の1Fフリーウェイトコーナー
漆黒のフリーウエイト機器がびっしり設置されていると圧巻です。もはや不要になった大型スクリーンは残っています

とりあえずリニアレッグプレスから試すことに。ハンドルやストッパーの位置関係など、なかなか扱いやすい機種でした。私はMAX350kgぐらいしか上げないけど、ウェイプレートをかき集めれば400kg以上積載できそうです。満足。

リニューアルされたハイパーフィットネスクラブ新百合ヶ丘の1Fフリーウェイトコーナーのリニアレッグプレスマシン
10kgのウェイトプレートを12枚、本体と合わせて合計290kgの負荷状態

他にも、ハックスクワットやハイ&ローのローイングマシン、ディップ・チンマシンなどは、筋トレ好きを喜ばせてくれます。

ただしレッグカールとレッグエクステンションには新しい機種が見つからなかったので2Fの従来の機種でやるしかないようです。そう、2Fにはスポーツクラブっぽい筋トレマシンが残されています。

それとかつての1F第2スタジオには1kg〜50kgのダンベルとインクラインベンチが10脚設置されていました。これはありがたい。インクラインベンチは人気なのに以前は3脚しかなかったので、諦めることも多かったのですよね。

というわけで、これまで新百合ヶ丘ではANYTIME FITNESSが最もフリーウェイトの筋トレマシンが充実した施設という印象だったけど、マシンの種類は同等でも設置数の上ではハイパーが凌駕したようです。

鳥栖 VS 基山

先日、とある場所で「鳥栖VS基山、住むならどっち?」という議論になりました。どちらも佐賀県の東端、実にローカルな話題です。

鳥栖のマスコット「とっとちゃん」
鳥栖のマスコット「とっとちゃん」

相手は「鳥栖一択だろう」とのこと。でも、そもそも鳥栖は市(人口約7.4万人)で基山は町(同1.7万人)だから直接比べることがナンセンスなのだけど、まあJRの駅として比較すれば、確かに鳥栖駅周りの方が基山駅周辺よりも圧倒的に開けています。

基山のマスコット「きやまん」と「きやまる」
基山のマスコット「きやまん」と「きやまる」

飲食店でいえば、鳥栖駅近くのフレスポ鳥栖にマクド、ミスド、リンガーハット、サイゼリヤ、くら寿司などが集結。対して基山駅の周りには個人営業っぽい居酒屋が数軒とカレー屋さんぐらい。ネットカフェも鳥栖には快活CLUBがあるけど、基山にはもはや本屋すらありません。

よって引きこもるなら鳥栖の方が断然有利なのは確か。でも、毎日外食する人ばかりではないし、別に自分の街だけで事を済ませなければならない理由はないわけです。電車、バス、車、自転車、あるいは徒歩でも、必要に応じてどこかに出向いて用事を済ませればいいわけで。そう考えれば基山も捨てたもんではありません。

例えば温浴施設の有無。基山には銭湯しかないけど北隣の原田(はるだ、福岡県筑紫野市)との境にはアマンディ筑紫野があります。加えて原田駅の西には筑紫の湯も。でも、私が調べた限りでは鳥栖にはサウナや温浴施設がありません(サウナ付きのラブホテルは検索に出てくるけど…)。

また、いわゆる激安スーパーにしても、原田にはロピア筑紫野が昨年オープンしたのに対して、鳥栖にあるのは業務スーパー。業スーも便利だけど、ロピアとは肉類を始めとする生鮮食品の質と量が違いますよね。

もっと言うと、今年の11月には小郡インターチェンジの近くにコストコ小郡倉庫店がオープン予定。基山からは甘木鉄道で最寄りの今隈(いまぐま)まで5駅15分+徒歩10分だから車がなくても行きやすい場所です。まあ、ひょっとしたら鳥栖にも巡回バスが通るかもしれないけど。

つまり、基山町自体は小さい街だけど、それこそ鳥栖も含めた周辺の街も利用しながら暮らしていけばいいわけです。もちろん車があれば鳥栖だろうが基山だろうが生活に大差はないし、車がなくても大きな不自由はありません。

そして最後に地価の観点。おそらく鳥栖駅周辺よりも基山町の方が地価や固定資産税が安いのではないかと。だったらアパートでの一人暮らしならともかく、一戸建てを構える上で基山を選ぶ人もいるでしょう。

@FROZEN

5月17日(金)、イオンスタイル新百合ヶ丘2Fに冷凍食品専門店@FROZENがオープンしたのでさっそく行ってきました。

@FROZEN

さすがに専門店。1Fの商品フロアよりも品揃えが充実しています。ソーセージ、ポテト、餃子などは1Fでも見かけない大容量のものがたくさんあります。

そして目玉コーナーの代表格がピカール。冷凍クロワッサンを試食用に加熱していて、いい匂いが辺りに漂っています。

@FROZENのピカール

でも、パンの類は1Fのパン屋コーナーで買った方がいいような。まあ目当ての品が売り切れてることもあるし、買い置きには便利か。

他にもアイスのコーナーにはブラックモンブランとミルクックが。佐賀県小城市の銘菓です。ゾンビランドサガのアイキャッチ画像にも描かれてましたよね。

@FROZENのブラックモンブラン

また、梅ヶ枝餅も売ってました。

@FROZENの梅ヶ枝餅

知ってる人も多いと思うけどこちらは福岡の太宰府天満宮の焼いたあんこ餅。私も子供の頃によく食べていました。

マッチョ泣かせ

マッチョの必須食品がブロッコリー。私もボディビルダーってわけじゃないけど筋トレを習慣にしているもので、ビタミンCやタンパク質が豊富なブロッコリーはよく食べています。

でも最近はブロッコリーの供給が品薄だったり高騰していますね。どうやら端境期に天候不順が重なったのだそうな。

イオンのブロッコリー売り場のポップ

そんなわけで近所のイオンではつい先日までは大ぶりの長崎県産や埼玉県産ブロッコリーが一個158円(税抜)で売られていたけど、最近は品切れだったり、小ぶりのやつが248円くらいしています。SANWAでは358円でした。

SANWAのブロッコリー売り場

端境は来週以降、収束に向かう見通しとのことだから、そうなるのを願うばかりです。