痛風鍋

昨日、日比谷公園のジャパン フィッシャーマンズ フェスティバル2019~全国魚市場&魚河岸まつり~に行ってきました。毎年私が最も楽しみにしているグルメイベントです。

会場でまず目についたのが痛風鍋。「食べ物に病気の名前をつけるなよ」とは思うけど、まあ解らなくもないです。白子、あん肝、牡蠣入りだから。

フィッシャーマンズ フェスティバル2019の痛風鍋

こちらが痛風鍋です。

フィッシャーマンズ フェスティバル2019の痛風鍋
もちろん美味かったけど、個人的な好みでは白子と牡蠣は余計な感じがしたので、別ブースのあん肝鍋にすれば良かったかも

さらに牡蠣フリッター。

フィッシャーマンズ フェスティバル2019の牡蠣フリッター
たまにはフライではない揚げかたも良いものですね

トロ鯖丼。

フィッシャーマンズ フェスティバル2019のトロ鯖丼
もうちょっと生っぽければもっと良かったけど、まあ無理かな。鯖だもの。本場に食べに行くべきですね

鮟鱇の串焼き。

フィッシャーマンズ フェスティバル2019のアンコウ串焼き
鮟鱇って旨い魚ですよね。身も肝も皮も

鯨ステーキ。

フィッシャーマンズ フェスティバル2019の鯨ステーキ
鯨、わざわざ食べに行くようなことはしないけど、あれば食べてしまいます

海鮮ラーメン。

フィッシャーマンズ フェスティバル2019の海鮮ラーメン
エビの串焼きとで迷ったけど、ラーメンにも同じエビが載っていたものでこちらを選択

河豚鍋。

フィッシャーマンズ フェスティバル2019の河豚鍋
トラフグも旨い魚です。少々食べにくいけど

シーフードパエリア。

フィッシャーマンズ フェスティバル2019のシーフードパエリア
エルトラゴンのパエリア、毎回お土産として買って帰っています

最後、ホセ・リサール像にお参りして退散しました。

ホセ・リサール像

随分お金を使ってしまったけど、まあ年に1度のことだから。今年からQUICPayにも対応して、支払いが楽になりました。

アカグツの幼魚

ytvのワケあり!レッドゾーンでアカグツの幼魚が紹介されていました。

幼魚ハンター鈴木香里武さんが沼津の湾で採取したのだそうな。しかも陸から水面を見下ろしながら水面にいるところを発見。どの図鑑にも載っていないはずなのに、すごい識別眼です。爬虫類ハンターの加藤英明先生に匹敵するかも。甲殻類の世界にもそういう人がいるといいのになぁ。

ワケあり!レッドゾーンのアカグツの幼魚

アカグツ、深海魚だけあってそもそもがレアだけど、成魚ならダイバーの間ではたまに目撃情報を聞きます。でも、幼魚を見たことがあるダイバーはいないのではないかと。誰も水面は気にしていないもんな。

まあ、幼魚が水面付近で見つかるということは浅い海で産卵するのかな。その際にダイバーに目撃されると。

ワケあり!レッドゾーンのアカグツの幼魚
正面から見ると、半透明の球体の中に確かにアカグツっぽいシルエットが見てとれます

受け口

よく見たらえらく受け口なハゼ。

ガラスハゼ?

ムチカラマツにからは離れていたけどガラスハゼ、もしくはその近縁種かな。

DIVE INTO AMBONのダイビングマップ

DIVE into AMBONのダイビングマップです。

DIVE INTO AMBONのダイビングマップ

以前に使ったMALUK DIVERSは湾内にあったのでもっぱら内海専門っぽかったたけど、DIVE INTO AMBONは外海に面しているので外洋のダイビングサイトが充実しているようです。稀に外海でもPsychedelic Frogfish(アンボンカエルアンコウ)が見つかるそうで。