松葉浴場

今日から三日間、ハイパーフィットネスクラブ新百合ヶ丘が休館しているので、以前から気になっていた『松葉浴場』に行ってみました。新百合ヶ丘近郊で唯一の銭湯です。百合ヶ丘駅から徒歩10分ぐらいのところにあります。自宅からだと20分ちょっとかな。

川崎市麻生区、百合ヶ丘の松葉湯

さて、感想はというと「もう一回行きたいとは思わない」です。残念だけど私には合いませんでした。

内装は築何十年だろうかという古さで冷房はありません。トイレは和式です。

シャワーは固定でカランはお湯と水のセパレート。椅子は低く、座ったままでは体を洗いづらいタイプです。

浴槽のお湯は総じてぬる目、多分38℃くらいじゃないかと。

サウナの温度も80℃はなさそう。そして一番ガッカリだったのが水風呂の温度。備えつけの水温計は20℃を指してたけど、あれはおそらく25℃ぐらいです。おかげでサウナと水風呂を三往復しても整う感覚がありませんでした。

ちなみに電気風呂の電気だけは強めで、私にはなかなか座れません。

なお、刺青はOKのようです。

そんな感じで料金は入浴料が490円。サウナも利用するなら+300円。石鹸やシャンプーなどの備え付けは一切なくて、番台で買うと石鹸が50円です。たった50円だけど無駄な出費な気がするから自宅からボディーソープとかを持って行く方がいいですね。

まあ、でもハイパー新百合(月会費税込9,350円)に週6で通っている私からすると、この内容で1回790円はどうにも割高に感じてしまいます。スタンプカードをもらったけど、この先ハンコが増えることはないでしょう。

五輪の野球で日本が金メダルを獲ったけど

東京オリンピック2020の野球で日本がアメリカに2-0で勝利し、金メダルを獲得しました。野球が公式競技になってから初めての金メダルですね。素晴らしい。

オリンピック 野球 日本が金メダル アメリカに2-0で勝利
NHKのWebサイトより

ただし、素直に喜べないところも。

まず、米国からはMLBプレイヤーが参加していないこと。MLBは五輪期間中もリーグ優先なので選手を出しません。だから大谷の試合が見られるのだけど。

対して日本はNPBオールスターの布陣で挑んだのだから優勝して当然です。もちろん自国開催のアドバンテージもあるし、日本の日本による日本のための競技だったなと。

そして何より絶望的なのは参加国が少ないこと。全6カ国だから参加国の半分がメダル獲得ってどうなのだか。あのキューバも出てなかったし(予選ってあったんだ…)。同じく大人数団体競技のサッカーは16カ国が参加しているというのに。

で、私が思うに野球は五輪に向かないと思うのですよね。転用が難しい球場や専用の道具が必要なこともあって世界的には競技人口が少なく、今後の発展も期待薄なので。

3年後のパリ大会ではまた公式競技から外れるし、7年後のロスアンジェルス大会でも外れたままになるんじゃなかろうか。「ベースボールならMLBを見ろ」とばかりに。

よって五輪は男女ともソフトボールの方が五輪には相応しいと思います。

Dune 砂の惑星

Dune/砂の惑星

先日、『Dune/砂の惑星』の新しいトレーラーが解禁されました。米国の公開は10月22日に延期されたので日本の方が先になるのですね。

私もDuneのファンで、昔、原作小説も読んで、AIを排した102世紀の世界観に魅了されたものです。クイザッツ・ハデラッハ(超越者)、ベネ・ゲセリット(修道女秘密結社)、フレーメン(砂漠の民)、スティルスーツ(体から出る水分を100%リサイクルする砂漠の民のタイトな服)、モアディブ(救世主の呼び名)、メンタート(人間コンピュータ)、ナビゲーター(ワープ航行を担う奇形化した超能力者)、ヴォイス(声で相手の行動を強制する超能力)、サンドワーム(超巨大な砂虫)、そしてメランジ(長寿や超能力をもたらす宇宙で最も貴重なスパイス)…。

かつてのデビッド・リンチ版の映画も彼らしい独特の悪趣味な雰囲気があって大好きなのだけど、どうにも無理やり詰め込んだ感があり、ストーリー展開でバランスの悪い作品だった感は否めません。当時、最高額の予算で作られたのだっけ。

そして、『ポドロフスキーのDUNE』もAmazonプライムビデオで見たけど、まあ、あれはちょっと…。リンチ版とは違う方向で異色さが際立っているけど、頓挫して制作されなくてよかったと思います。きっとリンチ版以上のこっぴどい失敗作になっていただろうから。

そこでドゥニ・ヴィルヌーヴによる今作に期待するのだけど、ちょっとだけ気になってることが。以下、少々ネタバレを含みます。

フェイド・ラウサは?

リンチ版ではスティングが演じていたフェイド・ラウサ。ある意味、ハルコンネン陣営におけるポールのカウンターパート的な人物なのだけど、キャストが発表されていません。シークレットなのか、あるいはラバン(デイブ・バウティスタ)にキャラクターが一本化されたのか…。

アリアは?

ポールの妹のアリア役も発表されていませんよね。

上映時間は?

原作がある以上、ストーリーは大きく変えようがないわけで、一連の物語が2時間、ないし3時間に収まりますかね?まあ、二部作や三部作とかにしてくれてもいいけど。

というかフェイドやアリアの見せ場は話の後半だから、やっぱり二部作構成でしょうかね。両者とも後編に出てくると。

トレーラーから推測するに、今作はアトレイデス家が敵の陰謀によって崩壊し、砂漠に逃げ延びたポールがゲリラのリーダーになってハルコンネン軍とゲリラ戦を繰り広げるあたりがクライマックスになるのかも。

ガーニーはジョシュ・ブローリン

最後に小ネタを。

今作だとアトレイデス家の剣術師範で楽士ガーニー・ハレック役はジョッ・シュブローリンです。サノスの。

でもリンチ版ではパトリック・スチュワートが演じていました。まだジャン・リュック・ピカード艦長になる前です。エンタープライズ号で宇宙を駆け巡り、カターンの笛を吹くよりも先に、遠い宇宙の戦士になって、リュートみたいな楽器を弾いていました。

函谷関攻防戦

キングダムのアニメ放映バナー

キングダムのアニメ第三シーズン第15話「函谷関の裏」を見ました。

この回では楚軍の媧燐が密かに放った別働隊が山越えして函谷関の裏を攻め、あわや門を開くかというところまで行きます。結局、王翦軍がさらに背後から襲いかかって秦は最悪の事態を免れるのだけど、援軍が窮地を救うのはキングダムのいつものパターンですね。

まあ、それはいいとして、ふと思ったのが

「魏軍が巨大な弩(ど)を函谷関の門に打ち込めば落とせたのでは?」

です。呉鳳明が設計した巨大弩の威力は凄まじく、外壁に刺さった矢は大勢の兵士が梯子をかけて攀じ登れるほどの強度を誇ります。ならば、正面から門に水平打ちをし続ければ、いくら硬い門でもいずれ破れるだろうと。そうして大岩を手前に引き出せば、あとは門を挟んだ混戦に持ち込めます。兵の数は合掌軍の方が圧倒しているわけだし。

もっともそういうのは野暮な話。史実では陥落していないのだし、話を盛り上げるには難攻不落が前提の攻防を続けないといけないから。

東京五輪は成功するか?

直前まですったもんだが続いたものの、いよいよ今夜、東京五輪の開会式が行われます。私は誘致にも反対だったし開催するにしても来年への延期を望んでいたけど、ここまで来た以上は良い大会になって欲しいと思います。「何だかんだあったけど面白い試合は多かったよな」と振り返れるような。

ただし、この五輪を無事、終えることができるかは微妙な気がします。私が思う脅威は二つ。

コロナ陽性者の増加

昨日の東京都の新規感染者数は1,979人。まるで検査数をコントロールしてこの数にとどめたかのような数字です。

もっとも感染者数が増えても大半が軽症や無症状で医療が逼迫しなければ大勢には影響しません。

ただし、選手やスタッフなど五輪関係者の中で陽性者の増加し、そのせいで試合がいくつか飛ぶようなことになれば、五輪の途中打ち切りという事態もあり得るでしょう。

台風襲来

夏の台風は九州を西から回りこんで北東に進むコースが多いけど、どうなるかはわかりません。台風が発生しなかったり発生しても日本には影響がないかもしれないし、逆に東京近郊を直撃する場合もあり得ます。

五輪の期間は16日間を超えてはならない決まりらしいので、どこかで台風に見舞われて屋外、とりわけ海上競技のスケジュールはグダグダになりかねません。

あるいは8月8日(日)の日に台風が北海道に向かうなんてことも。札幌の男子マラソンが中止されても東京では閉会式が行われるという。東京に接近していれば閉会式は屋内に変更かな。

まあ、この大会は例外続きだから期間延長もありかも。何なら閉会式後に実施でもいいでしょう。会場が使えてスタッフも動員できるなら。

差し当たり気象衛星ひまわりによる今日の様子はこの通り。日本の南海上にどでかい雲の塊りが見て取れます。

気象衛星ひまわりの衛生画像(2021年7月22日)
このあたりで台風が発生し、会期中に東京方面に向かったなら…

米軍のJoint Typhoon Warning Centerのページでも、やはり同じところに要警戒の印が付いていますね。これが巻いてきて台風に発達すれば日本に向かってくる可能性もありましょう。

雨続き

おまけの一つ。

天気予報だと来週の東京は傘マークが並んでいます。コンディションがよほど悪くならなければ競技は敢行されるだろうけど、雨続きの五輪なんて見た記憶がないので、何かしらケチがつきそうな気はします。