ビックカメラ池袋東口カメラ館が閉店

先日、ビックカメラ池袋東口カメラ館が閉店しました。私も以前はちょいちょい利用していたのだけど。

ビックカメラ 池袋東口カメラ館
Nikonのオールドカメラのオブジェが印象的なお店でした

ビックカメラ池袋カメラ館まあ、残念だけどしかたないか。スマホ全盛のこの時代、カメラの需要は右肩下がりなのだろうから。

ちなみにこのあたりでは、松屋やケンタッキーフライドチキンなども閉店していますね。コロナの影響が色濃く出ているのでしょう。

さて、昨日1月20日は地球の海フォトコンテストの応募締め切り日でした。せっかく今年からオンラインで応募できるようになったのに、私はパス。何しろ去年は一度も潜りに行かず、新作写真がなかったもので。

あとはやはり池袋のイベント『マリンダイビングフェア 2021』が無事4月にフルサイズで開催されることを願うばかりです。

賀正

新年、あけましておめでとうございます。

昨年は誰にとっても厳しい一年だったので、今年は多くの人が笑顔でいられる年になってほしいと切に願います。とりわけ私にとって。

それにしても昨日の東京の新型コロナ陽性者は1,137人と、過去最高を一気に400件近くも更新。正月前の駆け込み検診の結果でしょうかね。

陽性者=感染者ではないけど、母数が増えれば医療・保健機関への負担が増加します。もちろん中症以上の人の数も。正月休みを挟む来週は減りそうな気がするけど、再来週あたりにまた増加して、部分的な緊急事態宣言が出るかも。春はまだ先だし、しばらくは辛抱の時が続くのでしょう。

さて、今年は丑年だけど牛の写真なんて撮ったことがないので、代わりにウミウシ写真の中でも最も牛っぽい一枚を。

賀正(令和三年一月1日)

ウミウシとは実に不思議な生き物で、この個体は見てきて擬態したかのように牛そのもの。ツノっぽい触角だけでなく、目鼻口耳まで牛っぽい容姿をしていました。

ああ、いつになったら外国にまた潜りに行かれるだろうか…。

巨人軍の時代の終焉

福岡ソフトバンクホークスが読売巨人軍を今年も4タテで破り、4年連続日本一に輝きました。

福岡ソフトバンクホークス4年連続日本一

ホークスの強さもさることながら気になるのは巨人軍の負けっぷり。力の差は歴然。しかも巨人軍はペナントレースで独走しての優勝だったのだから、これはもうセリーグ全体の問題です。つまるところ今でも巨人軍+その他5球団の「接待リーグ」なのだろうと。セリーグ球団が日本一になる日はもう来ないのでは?」とも思えてしまいます。

じゃあどうすべきかというと、巨人軍には球界の盟主の座を降りて普通の球団になってもらうしかないですね。具体的にはNPB全体で贅沢税を導入し、ドラフトでの完全ウェーバー実施、そして球団数拡張。それらを他球団と連携しながら積極的に進め、競争の条件を整えると。

もちろん巨人軍(タイガースなども)はこれまで通りFA補強できるけど、時には贅沢税が発生し、それは球団数拡張など球界全体に還元されます。

そしてドラフトは下位チームから指名。くじ引きなしです。まあ、ドラフトは巨人軍が有利なわけではなく、むしろくじ運は良くない印象だけど、下位チームから順に指名する方式なら、より競争がフェアになります。

そうやって巨人軍が有利になる条件を削いで、その上で優勝できるぐらいにならないと、とてもじゃないけどホークス、あるいはパリーグの優勝チームには勝てないでしょう。もし来年もホークス対巨人軍の日本シリーズになって、三度スウィープなんてことになれば立ち直れないし。

豚世界

この3連休、代々木公園では『フィエスタ・デ・エスパーニャ (Fiesta de España)』が開催されています。例年は私も行ってたけど今年はパスしようかと。コロナの感染は気にしていないものの、入場料1,000円がかかり、規模も縮小されての開催では。

その代わり、昨日池袋に行ったので、以前から気になっていた豚世界を試しました。焼きラーメンのテイクアウト・宅配専門店です。

焼きラーメン豚世界(池袋)

メニューはこちら。

焼きラーメン豚世界(池袋)

この写真は反射して見づらいけど「焼きラーメン 780円」「焼きラーメン うま玉乗せ 880円」「焼きラーメン 全部乗せ 1080円」があり、麺やにんにく、背脂の量を選べます。

せっかくだから全部のせで、一通り多めにして注文したのがこちら。

焼きラーメン豚世界(池袋)

感想は「私の好みではない」です。チャーシューや唐揚げは美味かったし、もやし炒めもいいのだけど、にんにくを多めにしたのがミスでした。どうにも辛味が際立ってしまって。

また、なんとなく博多風の細麺かと想像していたものの、実際にはちゃんぽん麺のような感じですね。ちょっと食べにくいかな。

というわけで私は一回で満足です。

PHLight英会話 -フィリピン人ESL講師による英会話スクール –

懸念された台風14号が予想よりも南寄りのコースを辿ったことで、Philippine Expoは昨日も今日も無事開催できたようですね。良かった。次回はまたフルサイズで開催できることを願います。

さて一昨日、そのPhilippine Expoの会場で『PHLight英会話』のブースを見つけました。恵比寿にあるフィリピン人ESL講師による英会話スクールとのこと。どこかで聞いたような話だなぁ。

PHLight英会話のロゴ

そう、私が昨春まで関わっていた九段下の英会話スクールと同様のコンセプトですね。フィリピンにはESL学校がたくさんあるし、若い子は英語の発音も綺麗なので(その分、母語が疎かになりがちだとも聞くけど)、あちらで経験を積んだ陽気なフィリピン人ESL講師を連れてきて英会話スクールを開くというのは一見良いアイディアのような気がします。ワーキングホリデーとかのネイティブよりもESL教師としての能力は上だろうから。

でも、九段下のそれはフィリピン政府の無能さのせいで新たなフィリピン人ESL講師を来日させられず継続を断念したのですよね。PHLightには長く続いて欲しいものです。フィリピン政府、ちゃんと学習してくれていれば良いけど。

PHLightのスタッフと私
中央が私。左側の女性は日本人のカウンセラーかな。右側の女性はバタンガス出身のESL講師(オープンウォーターダイバー)だそうな。

場所は恵比寿か。私の活動範囲からは外れているので通えそうにはないけど、何かしら接点を作って、イベントとかの際には参加してみるのも良いかもしれません。