フランシュシュ6号星川リリィのパネル

道の駅鹿島の店内にはフランシュシュ6号星川リリィのパネルが置いてありました。しかも「おたんじょうびおめでとう」だそうで。検索したところ生前の誕生日は10月6日という設定みたいですね。訪れたのが10月11日だったか5日前か。

フランシュシュ6号星川リリィのパネル
フランシュシュ6号星川リリィのパネル

みかんソフトが売ってたので、干潟前のパネルと一緒に撮影。

道の駅鹿島のみかんソフト
道の駅鹿島のみかんソフト

それからワラスボとムツゴロウの干物を買って、この日の目的は終了。レンタル自転車を返却してJRで帰路につきました。

いや、願わくば肥前鹿島から少し西の嬉野方面にも足を伸ばせないかと思っていたのだけど、そこまでの時間の余裕がなさそうだったので無理はせず退散しました。

よってこの日のマンホール蓋の成果は5号と6号の2枚です。

道の駅鹿島

山田たえのマンホール蓋が設置されている干潟交流館の側には道の駅鹿島があります。品揃えは独特。何しろ有明海に面しているので、ワラスボやムツゴロウの干物など。まあ、福岡や佐賀のお土産屋さんでも買えたりはするけど。

道の駅鹿島のムツゴロウとワラスボの干物
道の駅鹿島のムツゴロウとワラスボの干物。どちらもハゼの仲間です

むつごろうラーメンなんかも売っています。

道の駅鹿島のむつごろうラーメンなど
道の駅鹿島のむつごろうラーメンなど

それから水槽では大ぶりなガザミ(ワタリガニ)が。なかなかのサイズでも1,000円なのは、さすがは道の駅ですね。

道の駅鹿島のガザミ(ワタリガニ)
道の駅鹿島のガザミ(ワタリガニ)

藍島の猫たち

先日の帰省旅、東京九州フェリーの出港と到着が遅れて小倉で一泊足止めを食ったため、どうせならと、船賃片道600円、約35分かけて藍島(あいのしま)に渡りました。

観光リーフレットに「200人程度の島民よりも多い数の猫がいる」と書いてあったので期待したけど、情報が古かったのか島で出会えた猫は10匹程度と拍子抜け。

藍島の猫たち

この通り、道端とかで遭える猫たちはどの個体も耳がカットされているので、去勢による頭数制限がしっかりなされている様子。つまりその個体からは子孫が残らないので、もはや島が猫だらけになることもなさそう。

まあ、島には終日空いている売店とかもないし、猫島としての観光を目指してはいないのでしょう。

Ferry Trip 故郷への長い道(6)

東京九州フェリーを使った帰省旅、資さんうどんを後にして小倉城を見学。

小倉城

それでもまだまだお昼過ぎ。このまま実家に向かうのももったいないので小倉っぽい何かをしようと。

そうして観光案内のリーフレット『レトロおしゃれな街・北九州』で見つけたのが藍島(あいのしま)への渡航。どうやらたくさんの猫が出迎えてくれるそうだから、片っ端からモフってこようと。

観光案内リーフレット『レトロおしゃれな街・北九州』

よってPCなどの荷物を駅のコインロッカーに預け、必要最小限の荷物をバックパックに入れて15分ぐらい歩いたところの港に。定期船の往復チケットを1,200円で購入。今回、二度目の船旅です。

こくら丸(小倉⇄藍島)

北海道フェア in 代々木

北海道フェア in 代々木

第32回 北海道フェア in 代々木に行ってきました。久しぶりの大規模グルメイベントだけあって、初日の木曜日なのに来客でいっぱい。みんな待っていたのでしょうね。

まずは「ばかうまや」のエゾシカのステーキをいただきました。串焼きにしようかと思ったけど、あちらはバラ肉のみだったので、もも肉との相盛りであるステーキに。

北海道フェア in 代々木のエゾシカのステーキ
左側がもも肉、右側がバラ肉

エゾシカ、美味いですね。特にもも肉にはどこか牛レバーを思わせる風味があって、いけました。

次に「肴や一蓮 蔵」の三色丼。本当はカニ棒肉が乗った「特盛 北海三色盛丼」を買いたかったけど、横着して「三色丼」と言ったら、こちらになってしまいました。まあ、良かろうて。

北海道フェア in 代々木の三色丼
三色丼

そして「俺のラーメンこうた」で濃厚札幌味噌らーめん。

北海道フェア in 代々木の味噌ラーメン
北海道といえば味噌ラーメン。期待を裏切らない味です

で、三品食べた時点で終了。何しろ来場者が多く人気店を狙えば30分並んで5分で食べて…となりそうなので。

会場、ステージのそばでは玉ねぎなど野菜の販売をやってました。

北海道フェア in 代々木の玉ねぎ販売

他にも、歩道橋を越えたら各種物産展やウポポイのブースも。アイヌ文化を伝える国立アイヌ民族博物館などを紹介しています。

北海道フェア in 代々木のアシリパさん

北海道フェアは10月2日(日)までの開催です。

九州観光・物産フェア in 代々木2022

さて、来週末は『九州観光・物産フェア in 代々木2022』が同じ会場で開催されます。こちらも楽しみにしていたのだけど、北海道フェアの入り口で渡された案内を見ると「九州から全国まで旨い!が大集合」と銘打っていて、九州勢の出店は少ないようで。

まあ、いいか。佐世保バーガーだけでも行く価値はあるでしょう。『肉祭り』も併催されるし、何かしら楽しめるはずです。