BAYSIDE English Cebu乗っ取り事件のその後

まにら新聞の11月15日付けの記事として『セブ英会話学校の女性経営者に対する脅迫などの罪で起訴された山中博被告ら3人が出国か』と報じられました。

まにら新聞の記事「セブ英会話学校の女性経営者に対する脅迫などの罪で起訴された山中博被告ら3人が出国か」
まにら新聞の記事

有料会員ではない私は全文を読めないけど、どうやらBAYSIDE Enlgish Cebuの佐々木綾子元経営者と幼少の子息を脅迫した事件で起訴されて裁判が進行中だった元東進ハイスクール講師の山中博被告、その配下の松井元輝被告と土原弘人被告が何者かの手引きによって既にフィリピンから第三国に出国済みかもしれないとのこと。被告人の出国は当然ながら認められないので偽造旅券を使ったのか、もしくは船で海を渡ったのかな。フィリピンの近隣国というと、マレーシア、インドネシア、パラオ、台湾など。でもそうなると裁判は負ける上、逃亡罪も加わって下手すると国際指名手配。日本とフィリピンの間には犯罪者引き渡し条約こそないけど、どの国にいても何かの拍子に身元を疑われればフィリピンに送還されかねないので、さぞ不自由な逃亡生活を強いられるのではなかろうか。ああ、だから偽造旅券で別人になりすましてるのかも。

ちなみに裁判の進行状況はというと、風の噂では、原告側が圧倒的に劣勢だと聞いていました。何しろ佐々木さんは資産をあらかた騙し取られて経済的に窮していた一方で、騙し取った方の山中被告は資金に物を言わせて超強力な弁護士を雇ったので、例えば原告がギブアップするまで裁判を長引かせることもできるのだと。兵糧攻めですね。でも彼らが本当に国外逃亡を図ったのなら、状況は噂とは違っていたのかも。かつては「判決も金次第」と言われたフィリピン司法だけど、ひょっとしてドゥテルテ政権下では、そういう露骨なことができなくなっているのかな。ほんでもって彼らはフィリピンで服役するよりは逃亡生活の方がいいと判断したのか…。とはいえ佐々木さんも、これで勝訴を勝ち取ったところで被告らに罰を受けさせることも、金銭的な賠償を受けることも当面はできないわけだ。

で、気になるのはBAYSIDE English Cebuの今後の運営がどうなるのか。山中被告は英会話学校を経営したいのではなく、ボランティアを装った裏金ビジネスの手段に学校を使いたいだけだったようだけど、曲がりなりにも現経営者だったはず。下手するとこれであの学校のマネジメント体制が崩壊し、先生やスタッフへの給与が払われなくなったり在学中の生徒が投げ出されるなんてことが懸念されます。

山中博被告、つくづくとんでもないことをしでかしてくれたもんだ。しかも犯行内容がお粗末だし。世の中には「勉強はできるけど地頭がどうにも…」って人がいるけど彼もそのタイプか。

名探偵ピカチュウ

アメコミの巨匠スタン・リーが亡くなりました。享年95歳だから大往生ですね。ご冥福をお祈りします。最後のカメオ登場はCaptain Marvel、いやAvengers : The End Gameになるのかな。


『名探偵ピカチュウ』の実写映画予告編が公開されました。ピカチュウの声はライアン・レイノルズ。デッドプール3が作られたらピカチュウいじりをやるんだろうな。

喋るピカチュウはどうかと思ってたけど、彼の声が聞こえるのは主人公のティム少年だけって設定だそうで。アニメのニャースとは違うわけだ。

で、予告編に登場するポケモン、ほとんどは知っているけど解らないのが一種。

名探偵ピカチュウのゲッコウガ

調べたらゲッコウガというらしいです。ポケモンGOにはまだ未実装なポケモンの。

Macbook Air or Mac mini

遂に新しいMacbook AirとMac miniが発表されました。AirはMacbookシリーズと統合されるような噂もあったけど残りましたね。もちろんRetinaディスプレイだし、CPUこそCore i5(デュアルコア1.6GHz)とそこそこだけど、メモリは16GB、SSDも1.5TBまで上げられるという、ある意味Macbook越えを果たしています。文句なしだ。

Macbook Air 2018

一方のMac mini(Tim Cookは「マイニ」と呼んでいた)は、Core i7(6コア)、メモリを64GB、SSDを2TBまで上げられ、こちらも息の長そうな文句ない仕様で登場しました。

Mac mini 2018

さて、どちらを買うべきか迷うなぁ。

半年以上もMacbook Air(2010)で我慢してきたので今さらCPUパワーには多くを求めてないし、ラップトップはデスクトップを兼ねるからMacbook Airがいい気もするけど、Tunderbolt 3(USB-C)ポートが2個しかないのが引っかかります。一個は電源用だから、もう一個をモニタ用にすると外部ストレージに繋げなくなるわけで。据え置き用としても使うなら別途HDMIとUSB-Aを合わせ持ったHUBを買う必要がありますね。

いや、でもそれさえ買えば万能機か。仮に何処かでプレゼンする場合でも、そのHUBがプロジェクタに繋ぐために役に立ってくれるから必須アイテム。だったらここはMacBook Airかな。

てなわけで早速注文しました。

Macbook Air 2018の注文結果

税込だと¥216,864。メモリとSSDのカスタマイズが入るため到着は11月7日ではなく12日だけど、いまさら急ぎはしません。それまでの2週間でアダプタやケーブル類を物色することにします。

ほんでもってMac miniはMacbook Airではパワー不足と感じたら、改めて検討することになるでしょう。AirのパワーアップにはGPUボックスを繋ぐって手もあるし。

新しいMacに望むこと

10月30日(火)23:00、Appleのイベントがニューヨークで開かれ、iPhoenではない新製品が発表される見込みです。Mac Pro、Mac mini、Macbook Airなどの後継機が出るんでしょうかね?

中でもMacbook Airは「13インチで1200ドルくらい」といった感じで噂されているけど、どうでしょう。

でも、私が気になるのはサイズや重量、性能、価格などではなく、最大メモリ容量だったりします。というのもAdobe Creative Cloud 2019では推奨メモリ容量が倍増らしいから。

MacBook Air
歴代Airは自身でメモリを増設できなかったので、デフォルトの容量が重要です

もちろん容量が少なくても動くだろうけど、その場合メモリスワップが頻発して動作は著しく遅くなります。アプリをいくつも起動しておくこともできません。

ちなみに現行のMacbook Airは8GBのオンボートメモリのみで増設不可。ローエンド機とはいえ少々頼りないかと。

願わくば16GBになってほしいけど、MacbookやMacbook Pro(13インチモデル)とて8GB or 16GB。さすがに258,800円〜の15インチモデルになると16GB or 32GBになるけど。

いや、MacBook AirはMacBookラインナップに吸収されるという説もあるし、この際すべてのMacを16GB以上にするのはいいかも。Macbook Pro 13インチも16GB or 32GBにマイナーチェンジして。15インチモデルは32GB or 64GBで。ほんでもってMacProもiMacもMac miniでさえ16GB以上にすると。これならMacのモデルチェンジの周期が伸びても安心です。

次に買うべきiPhone

iPhone XS/XS Maxの出荷が始まり、あちこちでレビューが乗るようになりました。でも私は大画面のハイエンド機にはすっかり関心がなくなったのですよね。

そんな私のiPhoneは6 Plus。もはや4年落ちの機種だし片手で操作しづらいのでより小画面機に乗り換えたいところだけど、待望のiPhone SEの後継機は出るどころかラインナップから消えてしまいました。

よってもしiPhone 6 Plusが壊れたら次に買うのはiPhone 8(¥67,800〜)がベストだと思います。

iPhone 8 & 7

7(¥50,800〜)でもいいのだけど、また向こう4、5年使うだろうことを考えればワイヤレス充電対応でメモリ容量が倍の8の方がよかろうと。それにXSなんて出たものだから何年も前の機種みたいに錯覚しがちだけど、8は去年発売開始なのですよね。

とはいえ今すぐ買う気はありません。絶好の買い時は来春以降だと思うから。というのも今回投入されたXS(¥112,800〜)とXS Max(¥124,800〜)によって単価が上がったし、XR(¥84,800〜)もそこそこ高いのでiPhoneユーザーの買い替えサイクルが今までよりも伸びるのは確実。Appleもそれを見越して「地球環境のために長く使って」と牽制してるけど、いざ販売数およびシェアの低下が顕著になれば株主やメディアの手前、方針を変えざるを得ず、テコ入れのためにiPhone SEを復活させるか7&8を値下げしてくると踏んでいるので。

そしてもし半年後に値下げされなければ来年まで待って最下位機種になった8を買おうかと。