巨人軍の時代の終焉

福岡ソフトバンクホークスが読売巨人軍を今年も4タテで破り、4年連続日本一に輝きました。

福岡ソフトバンクホークス4年連続日本一

ホークスの強さもさることながら気になるのは巨人軍の負けっぷり。力の差は歴然。しかも巨人軍はペナントレースで独走しての優勝だったのだから、これはもうセリーグ全体の問題です。つまるところ今でも巨人軍+その他5球団の「接待リーグ」なのだろうと。セリーグ球団が日本一になる日はもう来ないのでは?」とも思えてしまいます。

じゃあどうすべきかというと、巨人軍には球界の盟主の座を降りて普通の球団になってもらうしかないですね。具体的にはNPB全体で贅沢税を導入し、ドラフトでの完全ウェーバー実施、そして球団数拡張。それらを他球団と連携しながら積極的に進め、競争の条件を整えると。

もちろん巨人軍(タイガースなども)はこれまで通りFA補強できるけど、時には贅沢税が発生し、それは球団数拡張など球界全体に還元されます。

そしてドラフトは下位チームから指名。くじ引きなしです。まあ、ドラフトは巨人軍が有利なわけではなく、むしろくじ運は良くない印象だけど、下位チームから順に指名する方式なら、より競争がフェアになります。

そうやって巨人軍が有利になる条件を削いで、その上で優勝できるぐらいにならないと、とてもじゃないけどホークス、あるいはパリーグの優勝チームには勝てないでしょう。もし来年もホークス対巨人軍の日本シリーズになって、三度スウィープなんてことになれば立ち直れないし。

新百合ヶ丘に業務スーパーが欲しい

新百合ヶ丘の自宅の近所、AEONの並びにそこそこ広い空き地があります。ここに業務スーパーができてくれるとありがたいと思ったのだけど、どうやらセブンイレブンが建つようです。

自宅の近所の空き地
自宅の近所の空き地

セブンイレブンもいいですね。最近買うのは冷凍のグレープフルーツぐらいだけど。他方、業務スーパーには冷凍チェリー(種抜き)が売っていたりします。そう、私は冷凍フルーツが好きなもので。それに業務スーパーは独特の品揃えが楽しいし。

そんな折、洋服の青山が全国160店舗を閉鎖するとのニュースが流れました。気の毒な話だけど今どきスーツを着る人は少ないし、テレワークの普及が決定打になったのでしょう。そして新百合ヶ丘にも駅の近くに店舗あります。新百合店が閉鎖の対象かは判らないけど、もしあの場所が空くのなら、後釜としてはぜひ業務スーパーに入ってもらいたいところです。

モバイルPASMOは便利だけど不便

先週、PASMOのiPhoneアプリがリリースされたので、さっそくダウンロードしてプラスチックのカードから移行。手順はとても簡単ですね。

Apple PayのPASMO、はじまる。

駅の改札で実際に使ってみると、無事通れるのは当然として、出るときに引かれた金額もすぐさま反映されますね。これは便利です。改札機の残高表示は見逃すことも多いので。

ただし、不可解な点も発見。Apple Payから1,000円チャージしたところ、残高の781円が1,781円にはならず、781円のとは別に新たに1,000円のPASMOがアプリ内に追加されました。

チャージ前はこのPASMOだけだったのに…

モバイルPASMO(残高721円)

チャージ後はこちらのPASMOが追加されました。もちろん二つのPASMOはID番号も違います。

モバイルPASMO(残高1,000円)

画面タイトルも「PASMO一覧」とあるし、一つのiPhoneで複数のPASMOを持てる仕様らしいのだけど、どう使い分けて良いのかよく解りません。

ひょっとして支払う際に781円の方がマイナスになったら1,000円の方に引き継がれて差額を払えるのかと思ったものの、残高不足エラーにました。

ならば、PASMOアプリ内で表示中の方が有効なのかと思い、アプリで2枚目のPASMOを表示して改札で試したけど、やはり表示されていない最初のPASMOの方が使われました。よって残高不足エラーで改札を出られず…。

しかたなくトレータイプの券売機を使って現金でチャージしました。

今のところ1,000円の方のPASMOはどうやれば使えるのか不明です。サポートに問い合わせても、こんな感じだし。

モバイルPASMOのサポートチャット画面
botが返答するだけなので、模範解答にない問題の解決方法は答えてもらえません。

追記:

どうやらPAMOアプリではなくWalletアプリで二枚目のPASMOをアプリ内で前面表示しておけば使えました。

iPhone WalletアプリのPASMO

ただし、電車利用の場合は入場時に使ったPASMOでないと清算もできないようです。考えてみれば当然ですね。

なお、なぜ1枚目にチャージできず2枚目が作成されたかはまだ解りません。

ルネサンス五月台24が年明けにオープン

来年1月5日(火)、小田急多摩線五月台駅前のかつてビーバートザンだった場所に総合スポーツクラブ『ルネサンス五月台24』がオープンします

ルネサンス五月台24

名前に24とついていることでもわかる様に24時間営業。新百合圏だと、百合ヶ丘のFASTGYM24、新百合ヶ丘のハイパーフィットネスに続いて3箇所目ですね。

施設面ではスタジオが大小1個ずつでプールは一つ。ならばハイパーよりちょっと小規模な感じかな。

気になる会費は24時間使える「正会員シルフプラス」が9,900円(税込)だから、ハイパーの24時間プランと同じぐらいか。まあピカピカの施設だし、駅唯一だから。

さて、この施設がどれぐらい集客できるかは不明です。五月台駅の利用者には便利だろうけど、他の地域からも呼び込めるかは微妙かと。新百合ヶ丘駅近辺には総合スポーツクラブが三軒もあるし、五月台は小田急多摩線の各停しか止まらない駅なので。

個人的には、もしダイビングサービスが入れば通うけど、どう考えても無理ですね。

フィリピンに行かれるのは来年後半以降

フィリピン政府観光省によると、同国の外国からの観光客受け入れは2021年7月以降にずれ込むとのこと。以前は今年の10月以降と言っていたけど半年以上も先送りされてしまいました。

フィリピンの景色
フィリピン政府観光省のWebサイトより

フィリピンでもCovid-19は幾分落ち着いてきているはずだけど、経済の頼みの綱の観光客受け入れができないほど混迷したままなのか。ああ、フィリピンに冬はないけど、もっと北の国々はこれから冬に向かっていくので、医療水準が高くないフィリピンとしては警戒せざるを得ないのでしょうね。

いよいよ厳しいことになってきました。各ダイビングサービスが心配です。更に10ヶ月もクローズしたままで持ち堪えられるだろうか…。