DIVE into AMBONのスケジュール

先日のアンボンへの旅、朝6:00頃にパティムラ空港に到着。機内預けのスーツケースを回収して送迎車に乗り、30分ほど走って7時前にリゾート到着。

DIVE INTO AMBOM LOGO

場所はここです。

ただし、まだリゾートへのチェックインは不可。よって荷物をダイブセンターに預かってもらい朝食を。

そして着替え、機材を用意し、カメラを組み立てて、8:15にはバンに乗り込んで港に出発。

その後、午前中に2ダイブ。昼食もボートで取り、さらに1ダイブしてから16:00ごろにリゾートに戻る感じ。よって到着日の午後からのダイビングに参加なんてことはできないようです。到着日から潜りたければ6時着の便を取る必要がありますね。それを逃せば翌日からのダイビング参加になってしまいます。

基本、ナイトダイブはないけど、場合によっては開催されます。

夕食は19時。ダイビング客はひとつなぎのテーブルで皆一緒に取るのが慣習のようです。

DIVE into AMBONグッズ

アンボンの空港でピックアップしてくれた運ちゃんから手渡されたのがこちら。

DIVE into AMBONグッズ

水筒です。長さ30cmぐらいの。ちゃんと冷やしてくれています。

素材はシリコンみたいなやつで、DIVE into AMBONとDIVE into LEMBEHのロゴ入り。

蓋の開け方が解らなかったので教えてもらったら、蓋はないとのこと。樹脂でできた先端パーツを摘んだり噛んだりするとパーツの隙間が開くので水を絞り出せるという仕組みらしいです。消耗品なんだろうな。

でもこの構造なら水中でも使えそうです。だったらBCと繋いでおくためのフック穴が欲しいなぁ。もう少し小ぶりにしてもらって。

DIVE into AMBON

アンボンのダイビングサービス、馴染みだったMALUKU DIVERSが昨年廃業してしまったので今回はDIVE Into AMBONを使ってみました。MALUKU RESORT & SPAの敷地内にあるダイビングサービスです。

DIVE into AMBOM LOGO

空港からは車で約30分。MALUKU DIVERSは空港近くの僻地にあったけど、こちらは市街地方面に位置しています。といってもさすがにリゾートの近くは僻地っぽいけど。

なお、マネージングディレクターのKaj Maneyさんは、4月のマリンダイビングフェアに来日するそうです。インドネシアブースで再会できるでしょう。

ポケモンスペシャルウィークエンド 2019

今年もポケモンスペシャルウィークエンドが開催されます。アンノーンが確実に出没するやつですね。今回の協賛企業は以下の通り。

  • 伊藤園
  • セブンイレブン
  • TSUTAYA

このうち伊藤園のアクセスコードは入手しました。対照自販機でドリンクを3個買って応募するだけだから。

セブンイレブンも簡単です。700円以上買う際にスマホの公式アプリのバーコードを見せるだけなので。後日、アクセスコードが通知されてくるでしょう。

でも、厄介なのがTSUTAYA。TSUTAYAプレミアムなるサービスに申し込む必要があるものの、このサービスには魅力がないのですよね。

TSUTAYAプレミアムに申し込むと特定の実店舗の旧作DVDが借り放題になるそうだけど、新百合ヶ丘店は潰れちゃったので、最寄りの鶴川店まではチャリで20分くらい走る必要があります。しかもネットでの入会を受け付けていないし。

また、とりあえず見たいと思ったのがこちらの旧作DVD。

デューン砂の惑星
今度リブートされるので、こちらのデューン作品(リンチ版の動画は所有しているから)も見ておこうかと思ったけど…

店舗在庫をネットで検索してみたところ、この通り。

鶴川店を含む他の数店舗でも同じ結果でした

推測するに、マイナーな旧作はTSUTAYAディスカスに回されるのでしょう。

そう、ポケモンウイークエンドの参加条件がTSUTAYAディスカスへの入会なら解ります。近所にTSUTAYAの店舗がなくても利用できるから。でもTSUTAYAプレミアムじゃあなぁ。

なおTSUTAYAプレミアムには「ネット動画見放題」というサービスもつくようだけど蛇足感が。Amazonプライム・ビデオやGAOなどで間に合っているから。

というわけで、このポケモンスペシャルウィークエンド、伊藤園やセブンイレブンに比べて、TSUTAYAの参加率が低くなるのではなかろうか。私はTSUTAYAだけ見送ってもいいと思っています。どうせ自力でアンノーン27種類をコンプリートできるとは思っていないから。

ぺラップ

先日のインドネシアの旅、目的の一つがChatot(ぺラップ)をゲットすることでした。インドネシア限定のポケモンです。1年ちょっと前のレンベではサニーゴを1匹だけゲットしたのですよね。

スカルノハッタ空港に到着後、ポケモンGOを起動してターミナル3の屋外を少し歩くと早速見慣れない色の鳥が出現。ぺラップでした。

到着日、空港のフリースペースしか歩けなかったけどスカルノハッタ国際わ空港(ジャカル)で3匹ゲット。翌朝のパティムラ空港(アンボン)でもう1匹ゲット。感覚的には、日本におけるカモネギよりはやや出にくいものの、レアというほどでもないようです。

Chatot(ぺラップ)

その後、リゾートと帰りのパティムラ空港&スカルノハッタ空港でぺラップ探しを継続。結局、今回の旅で計9匹のぺラップを捕まえました。何匹かは交換可能なので新百合ヶ丘の近くに来られるなら連絡をください。