ゲージを交換

馴染みのパラダイスゴビーズダイバーズが音信不通なこともあり次のダイビングの予定は立っていないけど、急に行きたくなるかもしれないのでゲージを買いました。というのも今までのゲージは単位が日本などで使われているbar表示ではなくアメリカ向けのpsiだったから。

Cressi-Sub Mini Pressure Gauge US Model
これまで使っていた単位がpsiのゲージ

単位は違っても針は同じように残量を指し示すので構わないのだけど、海中でガイドに残圧を尋ねられた際、窒素が回っている頭で「3000psiが約200barだから…」などと計算するのは面倒だったのですよね。7年くらい使って表面にギズも増えてきたことだし、そろそろ買い替えどきかなと。

で、何気にLeisure Proのサイトを見たら今使っているCressi subゲージのbarモデルを発見。しかも計器部分のみらしくホースとラバーブーツは流用できます。ニューヨークのお店なので$39の商品のために$40の送料がかかるけど、国内で新品のゲージを買うともっとするからまあいいかと。

私の新旧のCressi Subゲージ(psi, bar)
左が使い古したゲージ。陸上ではこうも無残だけど、水中では水が傷を埋めてくれるので文字盤がクリアに見えます。

例によって注文から3〜4日後には商品が到着。便利な時代になったものです。

交換も簡単でした。ダイビング器材の多くはメンテしやすいようにシンプルな構造のものが多いから。

めちゃめちゃ便利なLightnignケーブル

便利なLightnignケーブル500-IPLM022が発売されました。この通りiPhoneスタンドも兼ねています。
500-IPLM022

もはやLightnigtケーブルは100均で2.1A対応のものが売られているので高価なものを買う気にはならなかったのだけど、これはいいかも。

この先iPhoneはLightnigtがUSB-Cに置き換えられる噂があるけど、仮に新たなiPhoneを買うにしても二台持ちにするならずっと使えます。

類似の商品がAmazonでも売っていました。

キャンドゥのLightningケーブルが秀逸

数ヶ月前からキャンドゥで販売されていたこのケーブルを買ってみました。もちろん100円(税別)です。

CandoのLightningケーブル

これ、素晴らしいですね。何がいいって、このケーブルでモバイルバッテリー(2.1A出力)とiPhoneを繋いでおくと、ポケモンGOを起動中でも充電が進むのですよね。もちろんポケモンGOを起動していなければ急速充電。あっという間にバッテリー残量が増えていきます。よもやこれほど顕著な差が出るとは。これからLightningケーブルを買うなら「2.1A対応」と書かれたケーブルを選ぶべきだな。

my 危険運転防止策案

例の東名高速の事故がきっかけで、煽り運転などの危険運転問題がクローズアップされるようになりました。高速道路の追い越し車線に車を停車させ、追突事故を起こさせた犯人は極めて悪質な常習犯だったものの、現行法的には危険運転ではなく過失としてしか罪を問えないのだと。なんともやり切れません。

私は車を運転しなくなって久しいけど、そういう行為は早くなくなって欲しいものです。とはいえ、あらゆる道路の状況をくまなく監視するのはテクノロジーを駆使しても不可能。何か起ってもすぐに警察が駆けつけられるとは限りません。自動運転車が当たり前になるのもずっと先の未来です。

そこで私の提案。は「ドライブレコーダーには全社共通仕様のLEDライトをつけよう」です。例えばオレンジ色の2秒間隔点滅とか。そしてそれを前後の車両にも見える場所に取り付けます。つまり「LEDの点滅が見える車両には録画されている。下手に嫌がらせをしたら、ドライブレコーダーの録画データを元に通報されて自身が道交法違反で逮捕されるかもしれない」という状況を作り、自重を促すと。

サイケTシャツ

地球の海フォトコン自由部門で準グランプリになったサイケデリカ(Psychedelic frogfish、アンボンカエルアンコウ)の写真でオリジナルTシャツを作ってみました。

WAT'S PSYCEDELIC T-SHIRT

試しに一着作って解ったのは、GllimerのTシャツはUSサイズらしいこと。いつもの癖で1サイズ上の3Lにしてみたところ、胸囲1メートル強の私にも大きめでした。

気が向いたら量産して販売してみようかな。