Jetstarの機内エンタメ

GWが明けてから帰省しました。成田→福岡までは最安だったJetstar。往路は5,000円弱です。

さて、LCCのJetstarには機内エンタメ、Wi-Fiの類いは一切ないので、あらかじめiPadに映画を入れておき、こうするのが正解だと思います。

Jetstarの機内エンタメ

そう、iPadのカバー(通称「風呂のフタ」)を前の座席のポケットに差し込むわけです。これなら座席のトレーを出す必要がないので離着陸の際にも楽しめます。目線をあまり下げなくても良いので楽だし。

でも、その反面Jetstarの座席ポケットにはペットボトルが入らなくて不便なんだよな。

結局、So-net光に落ち着いた

ひかりTVに続いてフレッツ光も解約してGMOのとくとくBB Wi-MAXへの移行を試みたもの不調に終わり、代わりに導入したのはSo-net光。他社サービスと比較したわけではなく、たまたま見つけてそのままの流れで。

So-netロゴ

まあでもこれでよかったのかなと。探せばもっと安い業者があったかもしれないけど検討に費やす時間が惜しかったから。

So-net光、月額料金はプロバイダ料金込みが4,100円で、35,000円のキャッシュバックあり。30ヶ月縛りだけど期間中の解約の違約金は7,500円だったかと。この点、とくとくBBよりも圧倒的に安価です。

ほんでもって申し込み当時の私は自宅にインターネット環境がなかったのだけど、開通までWi-MAX端末を無料で貸してくれました。返却用のゆうパック着払い伝票も同封されていたのも好感が持てます。

で、開通予定日の前々日に終端装置と光ケーブルが届き、自分で宅内の光回線コネクタに接続。無線ルータを設定し直したら無事開通。光ケーブルはフレッツ光の際に引き込み済みなので工事費は局内作業の2,000円のみでした。最初からこれにしておけば良かったな。遠からず引越しする予定でもなければ、帯域制限などあれこれ制約が多いWi-MAXで目先の月学数百円をケチる意味は乏しいでしょう。

CebupotのPDFは?

セブ情報のフリーマガジン「Cebupot(セブポット)」の最新号が出る頃なのでWebサイトで探したものの、PDFが見つかりませんでした。

よって問い合わせたら「PDFの公開は終了しKindleでの配信に変った」との返答。ああ、そうか。

で、さっそくAmazonにアクセスしたら「Kindle Unlimited」の会員なら0円だけど非会員は250円だそうな。

Cebupot 2018年5月6月号

基本、セブに行かないと手に入らないのだけど、それでも無料で配っているものが250円だと躊躇してしまうよなぁ。クーポンを買うような話になるし。

かといって隔月発行のCebupotのためだけにKindle Unlimited会員になって月額980円を払う気にもなりません。Kindle Unlimitedをやめると閲覧できなくなるのだろうから。

Kindle Unlimitedの会員のCebupot読者がどれほどいるかはわからないけど、Kindle向けの有料配信ってのは微妙な感じがします。少しでも売り上げが欲しいのは解るけど、フリーマガジンを売るってのはどうも。下手するとほとんど誰からも読まれない可能性もあるんじゃないかと。やっぱりPDFがベストじゃないかな。

NessMediaCenter

かつてのMacには赤外線ポートがあり、Front Rowという純正のメディアプレイヤーアプリがOSにバンドルされていました。シンプルかつ安定して動くこのアプリではiTunes管理下の動画や音楽、写真をリモコン操作で再生・表示させたり日米の新作映画の予告編が見られ、とても重宝したものです。

そのFront Row、なぜかAppleはOS X Lion(2011年リリース)で廃止し、そのまま復活していません。一応、裏技を使えばmacOS Yosemiteまででは使えたのですが。Apple TVを売りたいってことかもしれないけど、できることを減らしてMacの魅力を削ぐのはいかがなものか…。

で、KODIやPLEXなど代わりの製品をあれこれ試したものの、どうにもしっくりくるものがなくて、結局、落ち着いたのがNessMediaCenterという有料アプリ(9.90€)。見た目には注力せず、シンプルな構成に徹しています。

ただし、このNessMediaCenter、リストの上下移動をリモコンの左右で行う(音量調整とバッティングするためかな)仕様や、リスト移動でリモコンの左右ボタンを長押しすると延々と制御が帰ってこなかったり、動画の早送りが6秒ごとで見たい場面にたどり着くのが大変だったりと何かと苦労も伴います。私のiMacが比較的非力なためかもしれないけど。

それでも私が知る限り、ポストFront Rowとしてはもっとも使い勝手がいいアプリです。

AppleTVを導入

先月末でひかりTVを解約し他ので、代わりにApple TVを導入しようと思っています。映画の予告編やNetflixで昨秋から始まったスタートレック:ディスカバリーを見るためです。

Apple TV

もちろんNetflixはMacやiPadやiPhoneでも見られるけど、Apple TVがあればテレビに繋いでMacで作業しながらながら視聴できると。あるいはAcerの31.5インチモニタのPIP機能を使って、Macのウインドウのように表示できるかも。

また、Apple TVは同一LAN内のMacのiTunesライブラリ動画をテレビで再生できるのだとか。これは良さげ。実はこちらにも期待しいます。何しろかつてmacOSにバンドルされてたFront Rowというアプリはメディアプレイヤーとして最高の出来栄えだったけどなぜか廃止されてそれっきりだし、サードパーティ製のアプリはどれもしっくりこなくて。

てなわけでApple TVを導入したら、ちょいちょいレビューを書いていこうと思います。