iOS12ってダメだな

iOS12がリリースされたのでインストールしてみました。

iOS12

結果、私のiPhone 6 Plusではテキスト入力ができなくなりました。メーラーやWebブラウザの窓にアクセスしてもソフトウェアキーボードが表示されなくて。もちろんリポートはしておいたので早くアップデータを配布してほしいものです。せっかくのスマホがリードオンリーデバイスだなんて悲しすぎます。

それにしても最近のAppleは何かと雑な印象です。どうにも顧客サービスより利益追求の方が優先されているような。macOS Mojaveのリリースが数日後に迫っていながらMacの新製品は出さないし、iPhoneの最下位モデルを値上げするし。

でも、シェアや業績、株価などに陰りが出ない限り、きっとその放漫な態度を変えないんだろうな…。

 

SIM 2 Fly

去年はマクタン空港でGlobeのトラベラーSIMを買って使ったけど、先日のセブへの旅ではあらかじめ日本でSIM 2 Flyなるアジア14カ国で使えるSIM(8日間)を買って持って行きました。これ、なかなかいい感じですね。

SIM 2 Fly

トリプルカットなのでnanoサイズにくりぬいてSIMをiPhoneに装着。ローミングをオンにしたら設定終了。するとタイ語のメッセージが流れて来ます。タイのキャリアが販売しているのでしょう。だからローミングなのか。ちなみ日本ではSoftbankに接続されました。

マクタン国際空港に到着し、iPhoneのフライトモードを解除するとGlobeに接続されたもののしばらくして通信不可に。でもiPhoneを再起動したら安定して使えるようになりました。

さて、この日の滞在先はリロアンのBoadWalk Resort。Globe(フィリピンの最大手キャリア)のサービス圏外という見事な僻地です。

で、送迎車に乗りリゾートに向かって本島をしばらく走るといつのまにかキャリアがGlobeからSMARTに切り替わっていました。ローミング方式の強みですね。これはありがたい。GlobeのトラベラーSIMを買ってたらひたすら圏外が続いたことでしょう。

とはいえSMARTとてリロアンでも場所によっては接続が安定しません。アクアバディズのショップ内では繋がるけど、BoadWalk Resortの部屋では繋がらないといった感じです。まあ、条件付きでも繋がるだけ御の字だ。

Pokémon GOの交換ステッカーを自作してみた

7月末、Pokémon GOの交換ステッカーが配布されました。スマホの背面に貼ってポケモン交換を望んでいることをアピールするためのものですね。

Pokémon GO 交換ステッカー

例えばセレビィのスペシャルリサーチではポケモン交換がタスクの一つだし、トロピウスが出現する横須賀のイベントは参加者が絞られていたこともあってこのステッカーが欲しい人は少なくないかも。とはいえポケモンセンターまで貰いに行くのは面倒だし、在庫もとっくになくなっていそうです。

てなわけで自作してみました。手元に見本がないのでオフィシャルサイトの画像からそれっぽく再現。そのため本物とはサイズや色味が違うと思うけど、ポケモン交換希望のアピールには十分でしょう。

欲しい人は下記のPDFをダウンロードしてください。

Pokémon GO 交換ステッカー

Pokémon GO 交換ステッカー.pdf

ハガキサイズで作成したので家庭用プリンタで市販のラベル用紙などに印刷して切り抜いて使ってください。光沢のある紙を使うと見栄えがいいかも。

なお、権利云々はクリアしておりません。個人で使う分には特に問題にはならないとは思うけど…。

iPhoneのバッテリー交換をする前に

私のiPhoneは未だ6 Plus。おさいふ機能搭載のiPhone SEが一向に出ないのですでに4年弱使っています。

さて、このiPhone 6 Plusはバッテリーの無償交換対応機種(AppleCare+なしだと3200円)。1ヶ月後には新しいiPhoneの販売体制に入るだろうから今の内に申し込みたいところ。ただし、Appleでの交換には日数がかかるかもしれないので代替機が必要になります。

私のセカンドスマホはFREETEL MIYABI。しばらく使っていなかったけど、久々に見たら大変なことになっていました。バッテリーがかまぼこ状に膨らんでて。噂には聞いていたけど本当にあるのですね。

FREETEL MIYABIの膨らんだバッテリーパック
背面も膨らんでいるので、もはやバッテリー収納部にまったく入りません…

しょうがないのでMIYABI用のバッテリーを交換することに。FREETELなき今、純正品の流通在庫ってのも何なので、こちらのサイトを参考に、より安価なこちらの互換バッテリーを購入。容量60%増しだし。

FREETEL MIYABIの互換バッテリー
同梱されていたピンクのパーツは何に使うのか解りません

注文から3週間ほどかかって送られてきたこの互換バッテリーは縦置きした際のサイズが純正バッテリよりも6mmほど小さいけど、装着時に詰め物で底上げすれば大丈夫。MIYABIが無事復活しました。

ちなみにこのMIYABI、GPS信号の受信が安定しないのでPokémon GOを起動したままにしておくと一晩で勝手に数Km歩いてくれたりします。

よってこれでいつでもiPhone 6 Plusをバッテリー交換に出せます。

Flagfin Shrimpgoby

最近、AppleのサイトにMac整備済製品が毎日のように追加されています。Mac Mini 1.4GHzデュアルコアIntel Core i5(¥49,800)13.3インチMacBook Air 1.8GHzデュアルコアIntel Core i5 (¥84,000)なら手頃だから買ってもいいのだけど、これだけ整備済製品が追加されるってことは新製品の投入が近いのではないかと。Macの新製品発売は秋という噂が出ているけど、8月中にも発表を予定しているんじゃなかろうか。そのために現行機種の在庫一掃を図っていると。


Flagfin Shrimpgoby、カスリハゼ…だと思うけど違うかも。

Flagfin Shrimpgoby(カスリハゼ)

背びれのメタリックブルーな模様の位置が違うし、ほっぺの斑点も鮮やかすぎるし、胴の縞々の幅も狭いし。

正しい名前が解ったら追記します。