Duneがリブート

Dune 砂の惑星の映画がまた作られるそうですね。デビッド・バウティスタ(バティスタ)が出演するそうな。バウティスタはギリシャとフィリピンのルーツを持ったプロレスラーであり俳優。はまり役は何と言ってもGUARDIANS OF THE GALAXYのドラックスです。あの忠義に厚い脳筋おバカキャラは実に素晴らしい。その路線だとDuneではハルコンネン卿、またはその馬鹿甥のラバン(昔の映画ではスティングが演じなかった方)役かな?格闘家としてなら、ガーニー・ハレックかも。新スタートレックでピカード艦長になる前のパトリック・スチュワートが演じていた主人公側の武術顧問の。

実はDune、私が好きな映画のトップ10に入ります。カルトムービーと称されることがあるように、デビッド・リンチ監督作品らしい独特の雰囲気があるのですよね。102世紀という途方もない未来ながら、中世のような建物の様式美とレトロフューチャー的なメカ類が多数登場するのも妙に惹きつけられるものがあります。

ストーリーは単純。宇宙で唯一、この砂の惑星でのみ採れる超高価な効能たっぷりのスパイス「メランジ」の利権争いだったりします。まあSFの名作なんて大抵そうかも。テクノロジーが進んだ遠い未来においても人間ドラマこそがカギになるという。

Duneで圧倒的な存在感を放っているのが果てしない砂漠に生息する全長数百メートルにも及ぶサンドワーム。風の谷のナウシカの王蟲のモチーフにもなったとされる「圧倒的な自然の摂理の体現者」的ギミックですね。振動に敏感でメランジの採掘時に襲ってきます。

Duneのサンドワーム
後のテレビ版ではもっとトゲトゲしい形状でした

そしてナビゲーター。元は人間だったものの、メランジの過剰服用でワープ航行を可能にする超能力を得たものの、体は変貌してしまってます。

Duneのナビゲーター
これでも元は人間です。テレビ版では、属質な皮膚を持つのっぺりした人間の亜種のような姿で登場しました

それからキーになる勢力は修道女組織ベネ・ゲセリット。催眠・強制力を持った声を使います。主人公ポールの母がその一人です。

他にも人間コンピュータのメンタットってのも出てきますね。長い人類史の途中、コンピュータに支配されかけた時代を経てAIテクノロジーが排除された代わりに、高度な演算能力を発揮できるよう訓練された人間達です。

ちなみに砂漠の民が着るスティルスーツ(雨が降らない星で生きるために、汗や排泄物のリサイクルシステムを備えているサバイバルスーツ)は、かつてはゴム製で俳優達からの評判がすこぶる悪かったらしいけど、今ならデザインも質感もどうとでもなりましょう。

まあこれらは原作者のフランク・ハーバートが産み出した世界。

リンチ監督の旧映画は原作の長編小説を無理やり2時間ちょっとの尺に詰め込んだのでストーリー運びが雑だったから、リブート版の映画ではぜひ3部作構成で丁寧に作っていただきたいところです。

それと、メランジのせいで砂漠の民の白目部分が青いという設定は引き継いで欲しいな。テレビ版では瞳だけが青く光る感じでつまらなかったから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください