海底47m

Amazonプライムビデオで『海底47m』を観ました。2017年8月に劇場公開されていたのか。知らなかった。

海底47m

私の感想は「こんな映画作ってくれるなよ…」です。ひたすら恐怖を煽ってくれるので。ただしダイバーじゃない人の。

ストーリーはメキシコの海にバカンスに来たケイトとリサの姉妹が檻に入って大型のサメを鑑賞するアクティビティに挑んだところ、檻を吊り下げるウインチが壊れて水深47mの海底に突き落とされるというもの。まあ、この点はまったくあり得ない話ではないかな。

二人が着用しているレギュレータは無線付きのフルフェイスタイプ。私は使ったことがないのだけど、これ耳抜きはどうするんですかね。劇中では「頭を後ろに曲げて唾を飲む」と言っていたような。本当にそれでいけるのだろうか。まあ普通のレギュレータだとセリフが言えないからな。

そして二人は海底の閉鎖された檻の中で悪戦苦闘します。この辺りはまったくのフィクションですね。47mではあっという間にエアーなんてなくなるから、あんなにあれこれやる余裕はありません。窒素酔いの危険もあるし。

というわけでダイバー目線で見ると、あまりリアリティがないですね。現実で同じ事故が起きれば間違いなく二人とも10分と経たず死んでいることでしょう。

こちらも読まれています:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください