インドネシアでも世間は狭い

バスティアノスダイブリゾートはレンベ島にあるため、スラウェシ島のビトゥン港からボートで10分ほどかけて渡ります。

Bastianos Dive Resort

その際、私がMaluku Divers(インドネシア・アンボンのダイビングリゾート)のTシャツを着てたのを出迎えのスタッフが目ざとく見つけて話しかけてきました。会話はこんな感じ。

ス「マルクダイバーズのガイドの名前、誰か覚えているか?」
私「うん。確かオクシンってのがいた」
ス「ああ、オクシンか。背の小さい男の子だろう?」
私「そう、彼は実にいい視力を持っていた」
ス「そうだろう。オクシンは以前レンベにいたんだよ」
私「へぇ」

オクシンは、ナイトダイビングでこちらのカエルアンコウを見つけてくれた若いガイドです。そうかレンベにいたこともあるのか。

アンボンのクマドリカエルアンコウの幼魚
体長10mm級のクマドリカエルアンコウの幼魚
まあ、レンベとアンボンは日本で言えば沖繩の座間味島と西表島みたいな関係かと。どちらも国内では端っこの方の離島ですね。

そしてアンボンにはダイビングサービスが少ないので、レンベで修業してからアンボンに勤めるってのが定番のパターンなのでしょうね。

Amazonでアホなスマホカバーを発見。サイケデリカ柄です。こんなのよく商品化したなぁ。

こちらも読まれています:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください