INONのメガフロートを試す

私の右肘は一向に治る気配がありません。日によって良かったり悪かったりです。よって私の最近のテーマは 水中カメラの重量対策。何か手を考えないと。プロでもないのに職業病ってのも悲しいので。

スーホーシーミグピ
昨年12月にこれらの片手撮りを続けた後遺症が長引いています

ということで、馴染みのダイビングショップに頼んでINONからメガフロートアームMとSを借りることができました。現在はフロートアームM2本なので、その片方もしくは両方をメガフロートアームに交換したらどれぐらい浮力が変わるかをチェックするのが目的です。

フルセットで組み上げたカメラセットをお湯を張ったお風呂に沈めてみます。本来なら海水の比重を再現したかったのですが、真水150リットルだと5kgほどの塩が必要らしいので諦めました。よって真水でやや浮き気味ということなら浮力オーバーという風に判断するしかないですね。

で、結論を先に言ってしまうと、私のカメラセットでは以下の4本全部(浮力合計1,310g)を装着してもまだ沈みます。

フロートアーム3種
フロートアームM(両サイド)、メガフロートアームS(中央左)、メガフロートアームM(中央右)

ちなみにこの3種類の重量と浮力は以下の通りです。

  フロートアームM メガフロートアームS メガフロートアームM
重量 181g 219g 295g
浮力 135g 390g 650g

現在はフロートアームM2本なので浮力270g。海中での感覚はわからないものの、おそらくメガフロートMを2本付けても浮くことはなさそう。 陸上での総重量が7.7kgほどになりますが、水中での肘の負担はずいぶん減るはず。頃合いを見て、こちらを2本買うことにしましょうかね。 でも、こんなに太いとスーツケースに収まるかな?


以前、わざわざカリフォルニアから取り寄せたフロートは効果を確かめる前に紛失しちゃいました。カメラに装着して海に持ち込んだものの水中で気づいたときには取れちゃってて。よってもし購入を考えている人に何か言うとしたら「しっかり紐で結びつけとけ」ですかね。そこそこ浮力があるのは確実なので。ただし紐はセットに付いてこないので自力で適切なものを調達する必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください