野田政権は日本を壊そうとしている

消費税増税法案が衆議院を通過しました。これで本決まりではないけど、まったく腹立たしい限りです。まるで「消費税増税ができれば国が潰れても構わん」と言わんばかりなので。野党が賛成して与党の数十人が反対って何なんだよ…。

そもそも「消費税は上げない」というマニフェストで獲得した議席をたのんで消費税増税にまい進するってのは恥知らずのデタラメもいいところ。国民を愚弄しています。

私とて「長引く不況下で増税してくれるな」なんて言う気はありません。昨今、かなりの国民は「将来の消費税増税はやむなし。筋道さえきっちり示してもらえば賛成」と考えているわけで、だったら増税の必要性を説いて解散総選挙に臨むのが筋。ちゃんと理を説いてそれに説得力があれば選挙にだって負けないはず。でもそれをしないってことは、社会保障改革も行政改革も規制緩和も一切決めないまま消費税だけ上げたがっているということ。増税が手段ではなく目的になっているわけです。

これって東電が資産を差し出さずに賠償金を電気代に転嫁する話と同じで、お手盛り政治を続けるための掴み金を確保したということ。「増税分は社会保障に使う」と言いながらも社会保障が充実する保証はどこにもありません。

百歩譲って消費税増税を受け入れようにも、増税で経済なり財政状況を好転させる方策がなければ何ら得ることもなく、ただただ国民生活を疲弊させるだけに終わります。だいたい財政赤字垂れ流しの原因は消費税率が低いからではないわけです。闇雲に増税して10兆円ほど税収を増やしても焼け石に水。このままだと野田佳彦は「日本を破壊した男」として後世に名を残すことになるでしょう。

自由民主党との出来レースによる増税なだれ込みは、どうにもあのブラックジョークを彷彿させます。北朝鮮が崩壊したら無理やり開発した核兵器が手土産となって韓国が核保有国になるという。野田氏は民主党を立ち直れないほどに壊した上で消費税増税を手土産に自民党入りするんじゅやないかと…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください