SONY NEX-7の驚愕の事実

SONY NEXシリーズの最上位機種NEX-7のスペック表を見ていて驚いたことがあります。それはファインダー使用時の撮影枚数。

  ファインダー使用時 液晶モニター使用時
静止画撮影可能時間 約350枚 約430枚
動画撮影可能時間 約90分 約100分

この通り、わずか0.5インチのファインダー(EVF)利用時の方が面積比で36倍もある3インチの液晶モニターのときよりも撮影枚数で2割減、動画撮影時間で1割短くなってしまいます。高密度だからなのか、どうやらEVFの方が余計に電力を喰ってしまうようで。

この点は非常に残念。なにしろミラーレスカメラの弱点の一つが電力消費の早さで、それが克服されるのかと期待していたもので。

350枚というと生物相が充実した海で2日間持たせるには厳しい感じです。旅先には日数分の交換バッテリーを持参するか、充電機も持って行って夜のうちにチャージしておかないと。いずれにしても毎日ハウジングを開けてセッティングし直す必要がありそうです。


SONY α NEX-7K


ソニー リチャージャブルバッテリーパック NP-FW50

ちなみにPanasonic のLUMIX GH2はファインダー利用時にも撮影枚数に大きな違いはないようです。Olympus OM-Dはスペック表からはデータを読み取れませんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください