機材軽量化計画(5)〜水中カメラ編〜

先月のセブで改めて痛感したのは水中カメラの重量。

D7000のハウジングセット(フル装備)
私の水中カメラセット。 実際にはライトを1本減らし、クローズアップレンズUCL-330を足してあります

両手が使えるときはいいのですが、足場のないところでピグミーシーホースを狙う際は左手で壁面を掴み、右手だけでの撮影を強いられました。その水深に留まれる約10分間で写真を撮りまくるものの途中から右腕や親指が強ばってきて。

ピグミーシーホース(見切れ)
手元が狂うとこんな写真になったりして…

もちろん水中では陸上7kg超ほどの重量感はないのですが、それでも撮影に支障が出る以上、重すぎることになります。

まあカメラを軽くする方法は簡単。海水よりも比重が軽い何かを付け加えればいいだけです。陸上の重量は増えるものの水中では浮力が増します。

順当なのはフロートアームの交換。現在はMサイズ×2本なので、これをLサイズに替えれば150gの浮力増加。メガフロートアームSなら510g(!)増加です。


INON(イノン)メガフロートアームS

ただしどちらも約12,000円の出費になる上、おそらく長さや太さの都合でストロボをレンズの真横に持ってくるのが難しくなります。とは言えアームと間接を増やせばまた重くなるわけで…。ダメだな。

ならばと一瞬だけ考えたのがバブルシート、いわゆる「プチプチ」ですね。でもあれが水圧に耐えられるとは思えないので却下。

 安全クッションバー(スリム)次に考えたのがウレタン素材。うん、これが良さそうです。発泡スチロールのブロックなんかを加工するよりも簡単そうだし。

さっそくダイソーで『安全クッションバー』(→)なる商品を購入。もちろん100円です。別途30cmの結束バンドも用意します。

クッションバーは全長が40cmあるので真ん中から二つに切断。それを結束バンドでS-2000ストロボに接着。ちょうどストロボカバーのようにも見えま す。その役割も果たしてくれるでしょう。

さらに安全クッションバーをもう一個買ってきてフロートアームにも装着してみました。

浮力調製済みのストロボとフロートアーム
クッションバーを装着したS-2000とフロートアームM

この状態でフルセットを組み立ててお風呂に浸けて成果を試そうかと考えたものの、塩か入浴剤で海水の比重を再現するのが面倒なので止めました。次回の海でぶっつけ本番になりますが、これで極端に浮力が増すとも思えないので大丈夫ででしょう。

そしてこの方法の良いところは後からいくらでも調整がきくこと。浮力が足らなければもう1枚足せばよく、逆に浮力が過大なら部分的に切り取ればOK。ダイビングサービスでハサミかカッターを借りれば現地でも調節可能です。仮に最初からやり直しても数百円ですし。

これで10分間耐久の片手撮りが楽になるかな。

“機材軽量化計画(5)〜水中カメラ編〜” への1件の返信

  1. 自己レス:
    クッションバー作戦はダメでした。水圧に圧されると体積と浮力を保てなくて。作ってる時は楽しかったけど、もっと圧力に強い素材が必要です。
    結局、漁網用の浮きを付ける方法に落ち着きました。
    https://wp.me/p2QpLn-2Ou

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください