リトル・マンダリン

12月10日をもって今年は潜り納め。来年は3月ぐらいから再開できればいいかな。機材をオーバーホールに出して、底をついたダイビング貯金を回復させないと。

てなわけでしばらくはストック写真を小出しにしていこうと思います。 今回のセブ・マクタン行きの目当てはもちろんピグミーシーホースだったわけですが、他にも収穫がたくさんありました。中でも印象的なのがMandarin fish、ニシキテグリです。

まずはこの写真から。

ニシキテグリの幼魚

多くの人が思っているニシキテグリの印象とは少し違うかもしれません。なんと言うか寸足らずじゃないかと。そう、これ体長25mmぐらいの幼魚です。

別ポーズ。

ニシキテグリの幼魚1-2

そしてこちら。

ニシキテグリの幼魚2-1
ピントが1〜2mmぐらい後ろにいってるなあ…

さらに小さくて体長15mmぐらいの個体。

ニシキテグリの幼魚2-2

頭が大きくオタマジャクシみたいな体形だし、まだ色彩が未発達ですね。

こちらも読まれています:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください