フィリピン航空のあれこれ

三白四日の旅なんてあっという間に終わりますよね。本当は1週間ぐらいマクタンに滞在して集中的に修業したいのですが。そうすれば私の水中写真の腕前も数段上がるはずです。私も今ではそこそこ見栄えがする絵を撮れるようになったものの、まだまだ向上の余地は大きいと感じるので。

さて帰国日ということでフィリピン航空の話でも。

まずは機内預け荷物の制限について。以前はエコノミークラスで20kg(スポーツプラス会員は+20kg)だったのが、11月16日から23kg×2個までに変わりました。やはり要望が多かったのでしょうかね。燃油代も上がったままだし、一年に何回フィリピン航空を利用するかを考えれば、たいていの人はスポーツプラスへの入会を躊躇うでしょうから。ひいては旅行者の足も遠のきかねませんので良い改定だと思います。

ただし、新規定が適用されるのは11月16日以降の搭乗者全員ではなく、11月16日以降に発券されたチケットを持つ人だけだという話も聞きました。切り替わり直後に行った人たちが発券日の都合で適用されなかったそうで。フィリピン航空のサイトには

予約・発券日にかかわらず、平成23年11月16日(水)より搭乗される旅客

と書かれているのですが…。単に混乱していただけかもしれませんが、そこはフィリピン航空のこと、早くからクリスマスや年末年始のツアーを申し込んでいた人には新規定が適用されない可能性があるので要注意です。

それから今回は往復とも直行便だったのですが座席エンターテイメントはなし。ちなみに機内映画は往復ともトム・ハンクスとジュリア・ロバーツ共演の『ラリー・クラウン』でした。力が入っていないにも程があります。

ならば音楽でも聴こうと思い、機内誌で「60・70・80年代のヒット集」の番組を見つけたのでCh.7に合わせたところ、チャンネルごとクリスマスソング特集に差し替わっていました。クリスマスソングばっか立て続けに聴かされてもなぁ。

ちなみに往路の機内食(ビーフ)はこちら。

機内食12/08

そして復路(やはりビーフ)はこちら。

機内食12/11

この写真を見て間違いに気づいた人はフィリピン航空の通です。そう、ドライマンゴーの小袋がありません。あれ、なくなっちゃったのかな…。

その他では、いつからなのかフィリピンへの入国書類のフォーマットも変わっていました。

フィリピンの入国書類

ちょくちょくマイナーチェンジはするものの、ここまで変わったところを見たのは私は始めて。よく見ると記入項目の欄内に中国語、韓国語、日本語訳がうっすらとプリントされています。前のものに慣れていた私はかえって混乱しそうになったのですが、ちょっとしたユーザビリティの進歩ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください