キャプテン・アメリカを軽視するな!

キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャーの映画公開が明日に迫ってきました。私は自宅に近いワーナーマイカルのレイトショーで見ようと思っていたら、本作の上映予定はないとのこと。確かハルクもそうだったなぁ。普段は行かない南大沢あたりで見たんだった…。

さて、それならばどこかに出向いて見ないと。最近の私の行動範囲内で一番利用しやすそうな上映館を調べたら新宿のバルト9でした。ただしバルト9にはレイトショーという割引システムがなさそうです。不夜城のような新宿という土地柄でしょうかね。

なお、私は常々日本の映画料金は高すぎると思っているので1,800円は拒否したいところ。でも月初に絡んでいないので映画の日割引はなし。もちろんレディースデー割引も受けられませんし。聞くところでは栃木とかに行くとメンズデーなるものがあるそうですが…。

ということで何十年ぶりかに前売り券ってものを買ってみました。1,300円。ワーナーマイカルやTOHOシネマのレイトショーより100円高いけど全国共通。おまけにキャッピー(キャプテンに扮したキューピー)も付いてきました。いらないんだけどね。

おまけのキャッピー

でもキャプテン・アメリカは、それこそアイアンマンやマイティ・ソーよりも格上、彼らを束ねるリーダーなのに。というのは劇中の話で、何か大人の事情があるのでしょうかね。キャラクター的には日本ではあんまり知られていないっぽいですし。

でも、アメリカの興行収入的にはヒット作だし、この先もアベンジャーズの映画が控えていることを考えれば、もっと大々的に上映した方がいいと思うのですが…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください