WiMAXって遅いなぁ…

WiMAXのレンタル機が到着。

レンタルWiMAX

さっそく試してみました。

セットアップは実に簡単。WiMAX端末の電源を入れ、Wi-Fi機器から接続するとWPAキー(パスワード)を訊かれるのでWiMAX端末に貼ってあるシールに書かれた数字を入力するだけ。

で、結論から言うと、結構遅いですね。XTREME SPEED TESTというiPhoneアプリを使ってスピードを計ったところ残念な感じで。

下り速度40Mbps(ベストエフォート)とのことでMAX10Mbpsぐらいは出るかなと思っていたのですが、私の自宅では何度試しても3Mbpsがやっと(日曜日の午後や夕方の場合)。フレッツ光をWi-Fiで使った場合、7〜8Mbps出ているのに。

スピードテスト結果1
WiMAX(左)とフレッツ光(右)

と、ここであることに気付きました。私のiPhoneは3GSなのでIEEE 802.11 b/gにしか対応していません。なるほど、有線なら50Mbpsほども出ているフレッツ光です。Wi-Fiだからといって7〜8Mbpsってことはないでしょうから。

ということでiPad 2で仕切り直し。こちらはIEEE 802.11 nに対応しています。結果はこう。

スピードテスト結果2
WiMAX(左)とフレッツ光(右)

これなら満足はしないまでも一応納得かな。

それに一番肝心なのは使用感。フレッツ光とは比べるべくもなく、遅いときは10年前のADSLを使っているような感じですが、まあ、ナローバンドによるある種のスローライフもいいかなと。私はあまり動画は見ませんし。

というわけで不満は多々あるものの、フレッツ光を解約してWiMAXに乗り換える覚悟ができました。時速300km/hで走れる車みたいなサービスは私には不要です。

WiMAXの速度も次第に改善されていってくれればと期待します。

マイティ・ソー

映画『マイティ・ソー(原題:Thor)』を見てきました。同じMarvelの前作『X-MEN ファースト・ジェネレーション』とはうってかわって、お気楽なヒーロームービーです。何しろ神様ですからね。

マイティ・ソー

以下、ネタバレ多数。

◆◆◆

人種・人権問題の色が濃いX-MENのような重苦しさはなく、笑えるシーンも多数。中でも一番笑ったのが、砂漠で発見されたハンマーを囲んでヤジ馬連中がバーベキューをやっていたところ。確かにアメリカ人ならやりそう。フットボールスタジアムの屋外駐車場みたいなノリで。ちなみにハンマーを引き抜こうとして荷台を持っていかれたトラックのドライバーはスタン・リーですよね。

それから追放されたソーを探しに地球にやって来た4人のコスプレ行進もほほ笑ましく、ソーがシールドのコールソンに親近感を表すシーンなども感慨深いです。北欧神を信仰していたバイキングゆかりのアイスランドの命名ルールでは、ソー・オーディンソンは「オーディンの息子ソー」という意味だったりします。コールソンならコールの息子ですね。

本作では足が不自由なドナルド・ブレイク医師に身をやつすくだりは割愛されているかと思いきや、ジェーンの元彼としてこの名前が登場。おまけにソーの偽名としても使われます。この辺は原作を知っている人はニヤリとしてしまいますよね。

さて、前々から気になっていたのが固有名詞の発音。ソーはトールの英語読みと聞かされていましたが、ジェーン(ナタリー・ポートマン)らは「トール」に近い音で読んでいるように聞こえました。

同じくハンマーの名前は「ムジョルニア」と表記されていますが、こちらは北欧風のまま「ミョルニル」でしたね。

最後、エンドロールの一番下に「ソーはアベンジャーズとして戻ってくる」の一文が。アイアンマン、ハルク、ソーが出そろい、今月後半には米国で『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』が公開されて、いよいよアベンジャーズメンバーのビッグ4(ビッグ3+1)が出そろいます。

そういえば、本作でソーがシールド警戒下にあるハンマーの奪還を試みた際、狙撃体制に入っていたボーガンの男はアベンジャーズメンバーのホークアイですね。

そして最後の最後、ニック・フューリーがからむ伏線を張ったところで映画が終了します。しかもロキが手ぐすねを引いていて…。なるほどソーとの戦いに敗れて異空間に吸い込まれたロキが飛ばされた先がミッドガルド(地球)だったのを見たためヘイムダルはソーに地球に行く方法があると告げたのか。

うん、愉快な作品でした。でも3D上映する必然性や相乗効果はまったくなかったかと。300円釣り上げるためだけの処置に思えてなりません。

さて、キャプテン・アメリカでどこまで話が進むのか。きっとアベンジャーズの結成シーンで終わるのではないかと予想するのですが、ともかく、その先はMarvelユニバースのクロスオーバーが見られそう。楽しみです。

でも、キャプテン・アメリカ、何で日本は10月公開なんだろう…。

Olympus PEN Lite3が発表されました

PanasonicのLUMIX DMC-G3、同GF3に続き、Olympusからもマイクロフォーサーズの第3世代機であるPEN EP-3、EPL-3、そしてPEN mini E-PM1が発表されました。

PEN E-P3
PEN E-P3
PEN E-PL3
PEN E-PL3
PEN E-PM1
PEN E-PM1

先週のPENTAX Qに続き、これまた「世界最速AF」をうたっているものの、下位2機種は秋の発売だそうで。

Olympusの良いところは何といっても目ぼしい機種に純正の水中ハウジング(水中プロテクター)を用意している点。今回はその秋発売のPEN Lite(EPL-3)用とPEN mini(E-PM1)用が発売されるようです。

PT-EP06L

PT-EP06L LEDライト点灯イメージこの通りまだ画像の段階のですが、注目すべきなのはレンズポートの周りに4個のLEDライトを配置していること。マクロ派フォトダイバーの多くが夢見ていた機構がいよいよ実現します。

現時点ではLEDの光量が解らないものの、接写可能な被写体(ウミウシ、ダンゴウオ、カエルアンコウなど)は外部ストロボ無しでも明るく撮れるように仕上げてくるでしょう。しかも影を作らずに。

これまでは内蔵ストロボ光のみで撮影しようにもレンズポートに蹴られるため、どうしてもワーキングディスタンスを取り、外部ストロボを炊いて撮る必要がありましたが、クローズアップレンズを用いてかなり接写できるようになるかもしれません。

加えて、今回はワイドを捨てたようにも見えます。他のメーカーのハウジングはレンズに合わせてレンズポートも取り換える仕様ですが、Olympusはレンズポート一体型。そして前モデルPEL Lite 2用ハウジングは大口径レンズポートを採用していました。クローズアップレンズはポートに被せるタイプのアダプターを介して接続する方式です。

PT-EP03

PMLA-EP01
PT-EP03(PEL Lite 2用ハウジング)とPMLA-EP01(マクロレンズアダプター)

対して新モデル用は絵を見る限り、レンズポートの赤い箇所に67mmのネジ径が切ってあり直接クローズアップレンズを取り付けられる仕様に思えます。だとするとズームレンズを使った際はワイド端側では画角の四隅がケラレるかもしれません。でも、LEDを搭載したことでも解るように、このハウジングはマクロ指向なのは明らか。

使い勝手、ON/OFFのギミック、LEDの光量と電源、そしてこれで撮ったマクロ写真の出来栄えが気になるところです。

INON製LUMIX GF2用ハウジングの虚しさ

INONからPanasonic LUMIX DMC-GF2用の水中ハウジング『X-2 for GF2』が発表されました。

GF2 housing

例によってレンズのフォーカス調整はダイヤルではなくレンズポートを回す方式。
グリップを握った手で上手く操作できるのかな…

ただ、悲しいことにPanasonicは既にGF2の後継機であるGF3を発表済みなのですよね。先に発表されたNauticam NA-EPL2もそうですが、専用のオプション品を発売する頃には既にカメラ本体の新製品が出ているというのは実に虚しい…。

もちろんGF3発表後もGF2は流通していて価格も手頃になっていますが、日進月歩のデジタル機器の分野では新製品があるのに旧製品を買うことに抵抗感を覚える人は少なくないのではないでしょう。特に今回は半年でのモデルチェンジ(通常は1年周期)だったので、GF2には何か欠陥があったのではという憶測も働きますし。

もちろんデジカメを水中で使うユーザは全体の内のほんの一部でしょう。でも、そこには根強いニーズがあるわけで、Panasonicが順製品を出すつもりがないのであれば、手を上げたハウジングメーカーと協調して、もっと早いタイミングで対応ハウジングの発売をアナウンスできるようにしてもらいたいものです。