ダイビング代金前払い

東京における1日の新型コロナウイルス感染者数が遂に100人を超えました。厳しい局面です。医療崩壊を防ぐべく、この先、無症状者や軽症者は入院ではなく隔離処置になるようだけど、医療関係者や人工呼吸器等は急には充足できないのだし。

私自身はもしこれで死んでも天命だと思うのだけど、人一倍丈夫な私が無用心で感染して逼迫する医療リソースを使わせたりウイルスを媒介してしまうのは嫌なので、やはり無用な外出は控えます。

ただし、深刻なのが飲食店などの産業。この状態が続けばそうそう長くは持ち堪えられない店も多いので「先払い」が話題になっていますよね。良いアイディアです。

そしてこれ、私も以前に考えていました。

ダイビングサービスの錬金術』

苦境下では主にリピーターからの支援金を兼ねた利用料金先払いで食いつないでもらうのが良かろうと。客側も信頼する馴染みのお店に潰れられては困るから。

今、私が好きなフィリピンやインドネシアのダイビングサービスのすべてが営業を停止しているはず。国際線もまともに飛ばないし、入国後二週間の隔離を覚悟でレジャー渡航する人はいませんよね。いや、そもそもどの国もロックダウン中だし。でも、その間も店舗の賃料などの固定費がかかるなら、いつまでも耐えられませんよね。国内のサービスだって場合によっては同様の憂き目に遭います。そこで前払いが有効なわけです。

水中カメラマンのイラスト

ただし、新型コロナウイルスの拡散がいつごろ収まり、移動の制限が解除されるかは誰にも解りません。下手するとスキューバダイビング業界全体が一旦は壊滅のようになるかも…。

GPS搭載ダイコン

クラウドファンディングのMakuakeでGPS搭載ダイコン『ATOMOS MISSION ONE』が販売されています

GPSがナビゲートするダイブコンピューター MISSON ONE

GPUが付いているので連携アプリでは潜ったダイブサイト名を自動的に割り出して記録してくれるのでしょう。こりゃ便利だ。

カラーディスプレイ搭載のリスト型ダイコンは最近のトレンドだけど、どれも結構お値段が張るのですよね。でも、この製品はなかなかお手頃な価格。税込49,800円、52,300円、54,900円、57,400円の応援購入は既に終了し、現在は57,900円となっているけど、それでもまだリーズナブルかと。まあ、コロナ禍で海外に飛べずにダイビングをリタイヤ中の私には買えないのだけど。

あと、欲を言えばNitroxのアナライザーも内蔵されれば完璧。でもサイズ的に無理かな…。

引退

久々の投稿です。エイプリルフールではありません。だったら良かったのだけど…。

本来なら今週末はマリンダイビングフェア2020が開催される予定だったものの、7月に延期になっています。

延期は東日本大震災が発生した2011年以来。ただし今回の影響はそれ以上ですね。何しろ海外旅行が難しい状況なので。このイベントは大幅に規模縮小、もしくは中止になるかもしれません。

そして、私もこれを機にダイバー引退かも。まあ宣言してすっぱり辞める必要はないものの事実上そうなります。私が好きなフィリピンやインドネシアには当面行かれないし、国内に出向こうって気にもならないので。

それにウイルス対策が長引けば店をたたまざるを得ないダイビングサービスも国内外でたくさん出てくるだろうし。いずれ状況が落ち着いた頃には馴染みのサービスが存続していないという…。

ならばと更新が迫っていたダイバー保険も解約しました。

ブルーライン延伸のルートが決定

市営地下鉄ブルーラインが新百合ヶ丘まで延伸される際のルートが東側の案に決まりました。途中駅がヨネッティ王禅寺の付近に作られるようです。

横浜市営地下鉄延伸時のルート

三案の中で最も経済効果が高そうとの評価だけど、どうなのだか。あの近辺で人を集める施設と言えば、ヨネッティの他にはスーパーのいなげやぐらい。あとは田園都市学園大学があるか。

でも、ヨネッティの道路を挟んだ向かい側にはリニア新幹線の工事&メンテ用出口なんかが作られているみたいだし、広い敷地があるので、トンネル工事が終われば何かしら商業施設ができるかも。

ちなみに私の自宅からはヨネッティよりも新百合ヶ丘駅の方が近いので、途中駅を使う機会はなさそうです。

さて、この路線が通れば新百合ヶ丘から新横浜や横浜に行きやすくなるけど、果たして10年後まで私がこの地区に住んでいるかは怪しいかな。団塊の世代が後期高齢者になっていく2023年ごろから東京圏の凋落が始まると踏んでいるので、その頃には福岡あたりに引っ越しているんじゃないかな。

Masala Guava

9月末に代々木公園で開催された第27回ナマステ・インディア2019では
こちらのカレーとジュースを買いました。日本の輸入食材店で見たことがなかったから。

インドっぽいジュースとレトルトカレー

で、感想をお伝えしておきたいのがジュース3点。左からグリーンマンゴー、マンゴスチン、グアバです。

グリーンマンゴー、マンゴスチンはどちらも梅っぽい酸っぱさがありました。インド人の好みなのかな。

そしてグアバはというと、飲むと喉にヒリヒリ感が。ドライタイプのジンジャーエールとかに似た刺激です。で、ジュースの名前を確認したら「Masala Guava」とあります。「Masala」は調合スパイスって意味ですよね?

ほんでもってパッケージの下には唐辛子の絵も。私も辛い食べ物は好きだけど、甘いフルーツジュースに唐辛子を入れる感覚が理解できません。

でも、未知なる体験をしてみたい人はこちらで買って試してみてください。