ビックカメラ池袋東口カメラ館が閉店

先日、ビックカメラ池袋東口カメラ館が閉店しました。私も以前はちょいちょい利用していたのだけど。

ビックカメラ 池袋東口カメラ館
Nikonのオールドカメラのオブジェが印象的なお店でした

ビックカメラ池袋カメラ館まあ、残念だけどしかたないか。スマホ全盛のこの時代、カメラの需要は右肩下がりなのだろうから。

ちなみにこのあたりでは、松屋やケンタッキーフライドチキンなども閉店していますね。コロナの影響が色濃く出ているのでしょう。

さて、昨日1月20日は地球の海フォトコンテストの応募締め切り日でした。せっかく今年からオンラインで応募できるようになったのに、私はパス。何しろ去年は一度も潜りに行かず、新作写真がなかったもので。

あとはやはり池袋のイベント『マリンダイビングフェア 2021』が無事4月にフルサイズで開催されることを願うばかりです。

PHLightを訪ねてみた

先日、たまたま恵比寿に出向く用事があったのでPHLight英会話にも立ち寄ってみました。昨年のフィリピンEXPO会場にブースを出していたことで知ったフィリピン人講師による英会話スクールです。

PHLight英会話

フィリピン人の英語講師が有能なのは解っているけど、私が知りたかったのは教室としての永続性の担保。何しろフィリピン政府の方針がコロコロ変わって信用できないもので。例えば一度帰国した講師を再招聘しようとすると雇用条件を釣り上げたりするのですよね。かつてのCebwayのように政府の都合で続けられなくなりやしないかと。

でも、PHLight英会話では新たな講師を本国から呼び寄せるのではなく、すでに日本に生活基盤を持っているフィリピン人達を採用しているそうで。だったら長く続けられるでしょう。

現在、コロナ禍でフィリピン国内への英語留学はストップ。オンラインのみで行われています。よって代わりの手段としてPHLight英会話はいいかもしれません。フィリピン人は総じてエンターテインメントに長けた陽気な人たち。通えば英語力が上がる上に、きっと楽しいと思いますよ。

なお、PHLight英会話ではタガログ語コースもあり、ビジネスマンなんかが受講しているそうです。現地でフィリピン人をマネジメントする際に役立てたいのだと。確かにそれもありですね。

ちなみにPHLight英会話の場所はラーメン暖暮の恵比寿南店のすぐ側。暖暮は福岡県筑紫野市の二日市に本店があり私にとっては故郷の味。ラーメンも美味しいけど赤味噌を使った一口餃子がまた最高なのですよね。ぜひ一度お試しあれ。

賀正

新年、あけましておめでとうございます。

昨年は誰にとっても厳しい一年だったので、今年は多くの人が笑顔でいられる年になってほしいと切に願います。とりわけ私にとって。

それにしても昨日の東京の新型コロナ陽性者は1,137人と、過去最高を一気に400件近くも更新。正月前の駆け込み検診の結果でしょうかね。

陽性者=感染者ではないけど、母数が増えれば医療・保健機関への負担が増加します。もちろん中症以上の人の数も。正月休みを挟む来週は減りそうな気がするけど、再来週あたりにまた増加して、部分的な緊急事態宣言が出るかも。春はまだ先だし、しばらくは辛抱の時が続くのでしょう。

さて、今年は丑年だけど牛の写真なんて撮ったことがないので、代わりにウミウシ写真の中でも最も牛っぽい一枚を。

賀正(令和三年一月1日)

ウミウシとは実に不思議な生き物で、この個体は見てきて擬態したかのように牛そのもの。ツノっぽい触角だけでなく、目鼻口耳まで牛っぽい容姿をしていました。

ああ、いつになったら外国にまた潜りに行かれるだろうか…。

モバイルPASMOは便利だけど不便

先週、PASMOのiPhoneアプリがリリースされたので、さっそくダウンロードしてプラスチックのカードから移行。手順はとても簡単ですね。

Apple PayのPASMO、はじまる。

駅の改札で実際に使ってみると、無事通れるのは当然として、出るときに引かれた金額もすぐさま反映されますね。これは便利です。改札機の残高表示は見逃すことも多いので。

ただし、不可解な点も発見。Apple Payから1,000円チャージしたところ、残高の781円が1,781円にはならず、781円のとは別に新たに1,000円のPASMOがアプリ内に追加されました。

チャージ前はこのPASMOだけだったのに…

モバイルPASMO(残高721円)

チャージ後はこちらのPASMOが追加されました。もちろん二つのPASMOはID番号も違います。

モバイルPASMO(残高1,000円)

画面タイトルも「PASMO一覧」とあるし、一つのiPhoneで複数のPASMOを持てる仕様らしいのだけど、どう使い分けて良いのかよく解りません。

ひょっとして支払う際に781円の方がマイナスになったら1,000円の方に引き継がれて差額を払えるのかと思ったものの、残高不足エラーにました。

ならば、PASMOアプリ内で表示中の方が有効なのかと思い、アプリで2枚目のPASMOを表示して改札で試したけど、やはり表示されていない最初のPASMOの方が使われました。よって残高不足エラーで改札を出られず…。

しかたなくトレータイプの券売機を使って現金でチャージしました。

今のところ1,000円の方のPASMOはどうやれば使えるのか不明です。サポートに問い合わせても、こんな感じだし。

モバイルPASMOのサポートチャット画面
botが返答するだけなので、模範解答にない問題の解決方法は答えてもらえません。

追記:

どうやらPAMOアプリではなくWalletアプリで二枚目のPASMOをアプリ内で前面表示しておけば使えました。

iPhone WalletアプリのPASMO

ただし、電車利用の場合は入場時に使ったPASMOでないと清算もできないようです。考えてみれば当然ですね。

なお、なぜ1枚目にチャージできず2枚目が作成されたかはまだ解りません。

フィリピンEXPO 2020 in 新小岩公園

昨日、フィリピンEXPO 2020に行ってきました。

イベントは明日までだけど今日は台風の影響でクローズかも。台風のコースは次第に太平洋側に反れそうだけど雨風は強まるはずだから。そして明日は天気が回復するも足元がぐちゃぐちゃかな…。

このイベント、去年は上野公園だったけど、今年の会場は新小岩公園。唯一の入り口テントでCOCOAアプリの表示を求められるけど、脇道もあってそちらはノーチェック。そこもフィリピンっぽいな。

ちなみに昨日はステージプログラムなし。雨の中、土日に向けたリハーサルをやっていました。今日、ちゃんと開催できればいいけど。

フィリピンEXPO 2020のステージ
この日はステージプログラムなし。

会場の出店は小ぢんまりで来場者もちらほら。例年ならフィリピン人がわんさか集まるのだけど、ナチュラルなソーシャルディスタンス状態でした。まあ仕方ないけど。

で、現地で食べたのがTAMBAYANというお店のロミラーメン、Pancit Romi(500円)。私は今回が初めてです。

ロミラーメン(Pancit Romi)
ちゃんと名付けるなら、ラーメンではなく「フィリピンうどん」ですね。

店員が「うどんみたいだけど、うどんよりおいしいよ」と言うので試してみたのだけど、確かにうどんでした。それも博多うどんや伊勢うどんのようなコシのないフニャフニャのやつです。それが肉系のスープに蒲鉾やチキンなどの具と共に浸っています。

味は好き好きだろうけどとても美味、私は気に入りました。いつかまた見かけたら注文するでしょう。どうやらバタンガスあたりの料理らしいので、アニラオにまた行く機会があれば探してみようかな。

なお、メニューにはBALOTも載っていたけど一個350円、本国の10倍みたいなお値段なので、もちろんパスです。きっと鮮度も良くないだろうし。

レストラン系は5、6軒ぐらいあったかと。内3店は例によって話しかけないと出し物がわからない感じ。そこはフィリピンですね。現地のレストランでは良くあります。メニューに書いてあるからオーダーしたら「Not available」と言われるという。

なお、とあるお店では焼きティラピアとティラピアのスープ煮が売ってました。

焼きティラビアとティラビアのスープ煮
焼きティラビアとティラビアのスープ煮は共に1,000円。

ティラピアといえば上皇陛下がかつてタイの食糧事情を改善すべく、養殖をお勧めしたという魚。フィリピンでもたくさん獲れるのでしょう。

あとは特に見所もなかったので、Sisigを2種類とDinuguanをテイクアウトしました。

Sisig x 2 & Dinuguan
左上の黒いやつがDinuguan、右の二つが別々のお店のSisigです。

Sisigって美味いですよね。