セブにPCを送ってみた

今年の9月、セブのマクタン島在住で知り合いのフィリピン人女性がラップトップPCを欲しがっていたので、手持ちのスペア機(Windows)を譲ることにしました。私はWin機は滅多に使わないし、近々新しいMacを買ったらWindowsも入れるつもりだったので、あげても支障はありません。

てなわけで9月26日に郵便局から手続き。3Kgの送料は3,800円。まあ、割安かと。フィリピンに国際小包を送ったのはこれが初めてです。

郵便物はWebで追跡できるので毎日確認していたところ、このように進みました。

国際小包の追跡ページ

10日ぐらいと聞いていたけど約1ヶ月かかってますね。いや、PCだから通関に時間がかかっただけで中身が衣服とかだったらもっと早かったのかも。

でも、この追跡ページの表記ではどこに到着したのかが不明です。配達予定日が空白なので後日情報がアップデートされるかと思いきや1週間経っても音沙汰なし。

そこで郵便局に調査を依頼したら3週間後にようやく電話連絡がありました。「ラプラプ市の郵便局に到着している」とのこと。よってすぐに彼女に連絡を入れて受け取りに行かせることにしました。そう、フィリピンでは配達してくれないのですよね。ああ、だから配達予定日が空白だったのか。だとしても、せめて「どこの郵便局に到着済み」という情報は追跡ページに書き入れてくれないと、こちらは動き様がないわけです。

結局、2ヶ月ぐらいかかってようやく受け取り可能に。後で思ったけど、ステータスが「到着」になったらラプラプ郵便局に電話で問い合わせればよかったわけだ。もし、無いと言われたら他のセブ内の目ぼしい郵便局に順番に当たると。面倒だけど、そこはフィリピンだから…。

で、受け取りの際は112ペソの手数料がかかると聞いていたものの、他に5,000ペソの追加料金を払わされたそうな。彼女は「Manila fee」と言っていたけどそれは通称で、実質は関税でしょうね、PCだから。物品を「書籍」とでも書いとけば不要だったのかな?いや、きっとバレるよな…。

5,000ペソというと1万円超。現地の一般労働者の給与の一週間分くらいのはず。いや、もっとかな。中古品を手に入れるつもりだった彼女の予算は9,000ペソと聞いていたのでそれよりは安いけど、予想外に大きな出費を強いてしまいました。それほどの税金がかかるんだったら「来年まで待って」と言って、次に行く際に手荷物にする手もあったし。フィリピン航空の機内持ち込み手荷物はPC込みだと10Kgまで許容だから。

まあ、過去は変えられないので、それを有効に使って時間をかけて元を取ってもらうしかないですね。彼女は英語教師なので他にモバイルWi-Fiがあればオンライン英会話クラスを実施できましょう。

密航者

9月にセブから帰って1週間ほどたった際、旅で使ったスーツケースを移動しようとしたら物陰で何かが動きました。正体はこちらのヤモリ、体長約4cm。

フィリピンのヤモリ

どうやらマクタン島から連れ帰ってしまったようです、AOSMEC Square Hotelにはたくさんいたもんな。いつの間にか紛れ込んでいたわけだ。ほんでもって私の自宅で飲まず食わずの一週間を過ごしてたと。

で、せっかくのヤモリだから室内で飼って部屋を守ってもらおうかとも思ったけど、あいにく私の部屋には虫が入って来づらい作りなので餌にはまったくありつけなさそう。というわけで残念だけどベランダに放つことに。

でも、そのすぐ後に気づいてしまいました。「これが日本にはいない外来種だったら拙いな…」と。とはいえすぐさまどこかに行ったもので回収できず。

可愛い生き物なのであっさり死んでもらいたくはないけど、子孫は残さず無難に生涯を終えてもらいたいものです。

APECOの続報

昨日、国際フォーラムでロングステイフェアが開催されたので行ってきました。

入り口正面に構えていたのはハロハロのブース。APECOの紹介です。

APECO

APECOとは、マニラから北東に車で8時間ほど走ったところにあるオーロラ州が発行するフィリピン永住権。永住権があれば外国人でも金利の高いフィリピンで銀行口座が開けるし、日本国内でもJALやANAの航空券が外国人料金(全区間10,800円)で利用できるようになります。

1年前から変わったこととしては以下。

  • 取得ツアーが3泊4日から4泊5日に伸びた
  • 犯罪経歴証明書を日本で取ってから行く決まりになった

また、APECO取得者にはオーロラ州の新開発リゾートに年間60日滞在できる権利が付くけど、肝心のリゾートはヴィラが一棟完成したぐらいの状況だそうな。飛行機も 1日1便ということで、まだまだですね。

ちなみに残数が200を切ったと聞いていたので、「それが終わったら追加募集では値段が上がったりするかな?」と聞いたら、「それはないと思います」だそうな。だったら本当に必要だと思うタイミングまで待っても大丈夫ですね。7年ごとに更新タイミングが来てしまうわけだし。

大阪名物って何?

先日、知り合いと話していて「大阪名物って何?」という話題になりました。彼女は釜山から韓国人の友達が来日する際、大阪で会うので予習しておきたいとのことで。

とはいえ私も大阪にはあまり馴染みがありません。大阪って九州人の我々にとって昔は「東京よりも近い大都会」だったけど、LCCが飛んだ今となっては感覚的に東京よりも遠いのですよね。

で、改めてて考えてみたら大阪名物って何だろうなと。観光地だとUSJ?大阪城?海遊館?まあ、好き好きです。吉本新喜劇とかは日本語ができない外国人が楽しむには厳しいだろうな。

ほんでもって食べ物でいうと、お好み焼き?たこ焼き?551の豚まん?串カツは大阪だっけ?他は?大阪の郷土料理って何?

お好み焼き

「食い倒れ」と言われているだけあって、きっと安くて美味しいものは多いのだろうけど、これっていう名物は思い浮かびません。どなたか「これは是非」ってものがあったら教えてください。

BAYSIDE English Cebu乗っ取り事件のその後

まにら新聞の11月15日付けの記事として『セブ英会話学校の女性経営者に対する脅迫などの罪で起訴された山中博被告ら3人が出国か』と報じられました。

まにら新聞の記事「セブ英会話学校の女性経営者に対する脅迫などの罪で起訴された山中博被告ら3人が出国か」
まにら新聞の記事

有料会員ではない私は全文を読めないけど、どうやらBAYSIDE Enlgish Cebuの佐々木綾子元経営者と幼少の子息を脅迫した事件で起訴されて裁判が進行中だった元東進ハイスクール講師の山中博被告、その配下の松井元輝被告と土原弘人被告が何者かの手引きによって既にフィリピンから第三国に出国済みかもしれないとのこと。被告人の出国は当然ながら認められないので偽造旅券を使ったのか、もしくは船で海を渡ったのかな。フィリピンの近隣国というと、マレーシア、インドネシア、パラオ、台湾など。でもそうなると裁判は負ける上、逃亡罪も加わって下手すると国際指名手配。日本とフィリピンの間には犯罪者引き渡し条約こそないけど、どの国にいても何かの拍子に身元を疑われればフィリピンに送還されかねないので、さぞ不自由な逃亡生活を強いられるのではなかろうか。ああ、だから偽造旅券で別人になりすましてるのかも。

ちなみに裁判の進行状況はというと、風の噂では原告側が圧倒的に劣勢だと聞いていました。何しろ佐々木さんは資産をあらかた騙し取られて経済的に窮していた一方で、騙し取った方の山中被告は資金に物を言わせて超強力な弁護士を雇ったので、例えば原告がギブアップするまで裁判を長引かせることもできるのだと。兵糧攻めですね。でも彼らが本当に国外逃亡を図ったのなら、状況は噂とは違っていたのかも。かつては「判決も金次第」と言われたフィリピン司法だけど、ひょっとしてドゥテルテ政権下では、そういう露骨なことができなくなっているのかな。ほんでもって彼らはフィリピンで服役するよりは逃亡生活の方がいいと判断したのか…。とはいえ佐々木さんも、これで勝訴を勝ち取ったところで被告らに罰を受けさせることも、金銭的な賠償を受けることも当面はできないわけだ。

で、気になるのはBAYSIDE English Cebuの今後の運営がどうなるのか。山中被告は英会話学校を経営したいのではなく、ボランティアを装った裏金ビジネスやマネーロンダリングの隠れ蓑に学校を使いたいだけだったようだけど、曲がりなりにも現経営者のはず。下手するとこれであの学校のマネジメント体制が崩壊し、先生やスタッフへの給与が払われなくなったり在学中の生徒が投げ出されるなんてことが懸念されます。山中博被告、つくづくとんでもないことをしでかしてくれたもんだ。