欲しがりません。勝つまでは

緊急事態宣言後の様子が気になってコナミスポーツ新百合ヶ丘の前を通ったら、このような看板が出ていました。

4/7 コナミスポーツ新百合ヶ丘 臨時休館のご案内
予想通り4月の営業は一週間で終わってしました…

私は3月いっぱいでコナミスポーツを退会したのだけど、実は3月の最後の一週間は九州に帰省してたので最後の利用は3/23日でした。それから半月が経過。そろそろ禁断症状が出始めています。何しろエグザス多摩センター店の頃から通算で四半世紀以上も通っていたわけだから。自宅でも軽い運動はできるけど、つまらないし。

振り返ってみるとダイビングスクールが潰れてからのコナミでは話す人が限られていたものの、それでも見知った集団の中にいれば自身がコミュニティの一員であることは実感できました。サウナと大浴場は自宅では味わえないし。

まあ、行きたくても営業していないのだから今は耐えるしかないのだけど。忸怩たる思いなのは運営側もそうだろうし。ロックダウン中の他国に比べればはるかにマシなのだし、必要な心構えは「欲しがりません。勝つまでは」ってところかと。

でも、ホリエモンがまた鋭い指摘をしていますね。「緊急事態宣言が終わったら大丈夫とか思ってるやつは脳内お花畑で、致死率を画期的に下げられる治療法確立がワクチンの治験が成功して認可されるまでダラダラと続くわけよこれ」と。同意。そうやって休館が長引くなら私の再入会への意欲も失せるかも…。

ちなみに私が店舗の前を通りかかった際、70代ぐらいの男性客がコナミのスタッフに食い下がって説明を求めていました。ついつい「営業したら、あんたらが一番危険なんだよ!」と言いたくなったけど野暮なのでやめときました。誰がが抗議したところでこの決断が覆るわけじゃないし。

コナミスポーツ辞めました

コナミスポーツ新百合ヶ丘は、しばらく休止していたプールとスタジオのプログラムを4月から再開しました。

コナミスポーツからのお知らせ
4/3(金)19時ごろ外から覗いてみたら、運動していた会員はごく少数でしたね

まあ、妥当な判断かな。新型コロナウイルスが世界中で猛威を奮い、日本でも感染者数が着々と増えてはいるものの無症状者や軽症者も多く、国内の死者数は今のところ二桁止まり。インフルエンザで毎年3,000人も亡くなっていることを踏まえれば、まだ比較的軽微です。

ただし、ひとたび会員やスタッフから感染者が出ようものなら全館閉鎖となることでしょう。他店舗の事例であってもそうなるかもしれません。このウイルスには未知の部分が多い上に、重症の場合は進行が早いとも言われ、弱年者の死亡例もちらほら聞かれ始めたので。

そしてそれは時間の問題のような気がします。何となく4月を無事乗り切れないんじゃないかとも。何しろ東京では1日の新規感染者数が3桁に迫る勢いだし、神奈川県の新百合ヶ丘近郊から都内に通勤している人も相当数いるはずだから。その上、スポーツクラブはクラスター発生の要注意スポット。何しろ運動中は誰一人マスクをしない上に息が上がれば飛沫が飛び散りやすく、大勢が代わる代わるトレーニング器具やロッカーなどを触り、汗をかけば無意識にその手で顔を触りがちなので。

そんなわけで私は3月いっぱいをもってコナミスポーツを退会しました。前身の「エグザス」の頃から27年ぐらい会員を続けていたのだけど、ここで一区切りです。

もっとも私はいまだインフルエンザにもかかったことがなく新型コロナウイルスも恐れていないのだけど(それで死ぬなら甘んじて受け入れます)、自身が感染して誰かに移したくはないので、なるべく自重しようと。ちょっとした運動は自宅でもできるし、状況が落ちついてから再入会しても良かろうと。

あるいはこれを機に他社のサービスに移籍するかも。7年前にコナミスポーツのダイビングサービスが潰れて、かつての仲間や顔馴染みのスタッフもほとんどいなくなったので頃合いかもしれません。

STAR TREK: PICARD

STAR TREK: PICARDがAmazon prime videoで始まったので早速見てみました。まだ1話しか公開されていないのでテレビ番組風に毎週1エピソードずつ追加されるのかな

STAR TREK: PICARD

以下ネタバレです。

本作のピカードは宇宙艦隊を退役後、10年以上(映画NEMESISから20年以上)が経過してフランスの実家のブドウ農園を継いで隠居しています。映画GENERATIONSで兄とその子が亡くなったから。

同居人はロミュラン人男性とバルカン人女性の夫婦。ピカードとは親しげで彼を救世主と認識し、世話を焼いています。もともとピカードはNEMESISの最後でシンゾンの野望を食い止めてロミュラン政府の信頼を勝ち得ていた上、後にロミュラン星が太陽の超新星爆発に飲み込まれた際に9億人のロミュラン人を救出したのだと。ロミュラン星の消失はリブート版STAR TREKで語られていましたよね。惨劇を防げなかった老スポック大使がネロに恨まれることになった出来事として。

ただし、その頃に火星のコロニーに対して人工生命体によるテロが勃発したため人工生命体の研究開発が禁止となり、データの試作機のB-4も機能停止状態で沖縄の研究所内に保管されています。

そして、どうやらブルース・マドックス(TNGの35話に登場した艦隊の科学者)が殉職したデータの何かを流用して、さらに高度なアンドロイドを生み出していることがほのめかされました。若い地球人女性にしか見えないデージ、そして双子のソージ・アーシャは彼の手によって作られたデータの娘らしいけど、色々と秘密がありそうです。

そしてソージがいるロミュラン再生施設はボーグキューブを流用したもの。いずれセブンオブナインも出るらしいので、ここに絡んでくるのでしょう。

また、デージの方は地球でピカードの目の前で爆死したような感じだったけど、残骸は残っていなかったからきっと生き延びていることでしょう。追跡能力に加えて遮蔽機能も持っているようだから。

さて、TNG、というかSTAR TREKのテレビシリーズはどもれ基本的に一話完結、もしくは数話ごとにまとまったエピソードの連続だったけど、本作は続き物になるのではないかと。でも、これもまた面白そうです。


追記:
ピカードと同居している女性はバルカン人ではなくロミュラン人みたいですね。夫(?)とは違って笑わないのでてっきりバルカンだと思っていたけど、どうやらロミュランで、しかもタル・シアーの元メンバーみたいです。

イオンって頼りになるよな

昨日、地球の海フォトコンテストの締め切りが迫っていることに気づきました。1月20日(月)必着なので今日17日(金)までに出さないと。さもなくば月曜日に持参しての直接入稿となってしまいます。

よって急遽写真をプリントする必要が。でも新百合ヶ丘界隈では2Lサイズでプリントできる機械がなかなか見つかりませんでした。

以前はイトーヨーカドーの4階でできたけど、今はL版のみになっていました。隣のOPAのどこかにないか探したけど見つからず。需要が少ないのでしょうね。

ならばとイオンの5階に行くと、ありました。DNPの大判対応機が。レストラン街、ふらんす亭の向かいです。

ただし機械には貨幣紙幣の投入口も電子マネーの端末も見当たらず。でもなんとかなるだろうと進めたら使い方が解りました。

まず、片割れにある受付機にメディアを装着、もしくはスマホと接続して写真を選んでプリントサイズなどを決定。するとレシートが出てきます。

イオンの写真プリントの注文受け付け機
イオンの写真プリントの受付機。こちらで注文します。

次にレシートを少し離れたレジに持っていき支払いをすませるとバーコードがついた紙を渡されます。

このバーコードを受付機の隣にあるプリンタのバーコードスキャナに読み込ませるとプリント開始です。

イオンの写真プリントのプリンタ
イオンの写真プリントのプリンタ。A4とかの大判も出せるのですね

少々ややこしいけど希少な2L対応機。イオンはやっぱり頼りになります。

ただし、レストラン街の寿司屋、魚敬が1/15(木)で閉店していました。残念。

イオン新百合ヶ丘中央店の魚敬

お手軽地デジチューナーという過去記事にアクセスがあります。探している人がいるのでしょう。

今時、ほとんどの液晶テレビは外付けHDD録画機能をもているけど、せいぜいダブルチューナー(視聴用と録画用)で裏録はできないので、別途録画環境が欲しいのは解ります。でもブルーレイ&HDDレコーダーを買うほどではないと。

ただし、AUB-100/102のクラウドファンディングはとっくに終了していて、もう参加できません。

AUB-100/102

でも、無事製品化に漕ぎ着けたらしくAmazonで買えるようになっています。

例えば年末年始の番組をしっかり録画して見たいといったニーズにはぴったりですね。