『マリンダイビング』2020年6月・7月合併号

月刊『マリンダイビング』2020年6月・7月合併号が発売になりました。

月刊『マリンダイビング』2020年6月・7月合併号の表紙

そう、合併号。いよいよ月刊じゃなくなっちゃいました。半世紀以上の歴史があるマリンダイビングにとって合併号は異例。ぜひとも手にとってみるべきでしょう。

まあ、無理もないですね。当面、海外旅行は絶望的、国内旅行も難しい状況なので。数日前、福岡のとあるダイビングサービスが再開したと聞いたけど、東京方面から行くのはまだ遠慮すべきだろうし、石垣島などは「当面は一週間以上滞在する客に限って受け入れる」なんてルールになったようで。ほとんどのダイバーは無理だ…。

ちなみに目次はこんな感じ。

月刊『マリンダイビング』2020年6月・7月合併号の目次

定版の海外特集記事は見当たりません。まだ誌面は確認できていないけど(近所の本屋さんが開いていないもので)、旅行会社の広告なども消えているかも。

さて、これで次の号が出るのは2ヶ月後の7月。延期されたマリンダイビングフェアの開催直前になります。本来ならマリンダイビングフェアの案内が載るはずだけど、さすがにどうなることか。

新型コロナ禍が長引き、月刊誌が隔月刊になり、さらには季刊に…なんてことにならないことを願うばかりです。

甘鯛の天ぷら

昨秋、天麩羅処ひらおの天神アクロス福岡店がオープンして、帰省した時に行きやすくなりました。

こちらは定番の天ぷら定食770円。それに甘鯛(220円)と鱧(200円)を追加。

天麩羅ひらおの天ぷら定食

甘鯛と鱧、両方ともふっくらしていて実に美味。未体験の人には是非オススメします。

African penguin

海の中道マリンワールドのケープペンギン。一般的な英名African penguinだそうな。

African penguin, Cape penguin, ケープペンギン

私はここの水族館が好きで実家への帰省時には度々訪れます。いつぞやは200匹のサメが泳ぐ大水槽で潜ったなぁ。

で、今回は確かめてみたいことがありました。まずはこちらの動画を。

柵のすぐ内側の手が届くところに何羽かのペンギンが鎮座していることが多いのだけど、昨年のその日は雛がいました。そして手を出したら指の股をまさぐってきたのですよね。そこで今回は成鳥で試してみようと。

で、昨年と同じように手を出したら齧られました。ケープペンギンの嘴はキザギザしているのでちょっと痛いですね。

結論。指の股をまさぐるのは雛の時の習性なのでしょう。親鳥から餌をねだる仕草なのかな。

エイリアン

この魚、何かわかりますか?

ワラスボ

答えはワラスボ、有明海に住むハゼです。マリンワールド海の中道で撮影しました。野生の個体を撮るのは不可能ですね。干潟に棲んでいるので。

水槽越しとはいえイエローバックの水中写真は印象的です。海の中だと背景は黒か青、せいぜい緑にしかならないので。