保険申請

おそらく今日中にはMacの最新OS、OS X Mountain Lionの発売が開始されますね。


三菱東京UFJ-VISA先日、リロアンで怪我をして現地で縫合手術を受けた件、治療費に関してANAカードに付帯する旅行保険は適用条件だったものの、三菱東京UFJ-VISAカードの旅行保険には合致しました。こちらはANAカードと違って一般カード加入者も治療費用が30万円以下で補償されます。もちろん事前の申し込みも不要です。ちょっと頼もしい。だったらANAの上位カードへの切り替えは要らないや。

で、三菱東京UFJ-VISAカードには購入商品に対するショッピングセイバーというものがあり、こちらの申請も出来ないものかと思い立ちました。今回、そのカードで旅行代金を払ったので、旅行商品として何らかの保障が受けられないだろうかと。ツアーが開催されなかったわけではないものの、ダイビング付きのパックツアーにおいてドクターストップで主目的が履行されなかったわけだから、不慮のアクシデントによって商品が棄損したとも取れるはずです。嘘偽りのない証明書類は一通り用意できますし。

でも結論を言うとダメでした。保険の規定によると「保障の対象は器物に限られる」だそうで。ツアーに込み込みのダイビング代はいわば金券みたいな位置づけらしく、お金を落とした時と同様の扱いになるようです。残念。

でも、こういうところを柔軟にケアしてくれたなら、マイレージ目当てのANAカードなんか使わずに、日ごろのクレジットカード利用を三菱東京UFJ-VISAカードに一本化するのですがね。

まあ、旅行社の人に訊いてもそこまで保証する保険サービスは知らないそうだから(キャンセル費とかの負担を肩代わりしてくれるものはあるらしいけど)、ドクターストップがかかる怪我なんかしちゃいかんってことですね。

さて、履行しそこねたリロアンでの10ダイブは金額にすれば3万円程度かと。ここにきてまた余計な出費。「どうにか取り戻したい額」が増えてしまいました。みんな、このblog内の広告を見まくってくれないかな…。ときに広告を経由して商品を買ってくれると非常に助かるんだけどな…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください