Apple IDのサービス設計のAppleらしからぬお粗末さ

先日、会社のMacBook Pro用からMac App Storeにアクセスして無料アプリをダウンロードできるようにすべく、会社のメールアドレスを使って新たにApple IDを作成しました。

手続きは簡単、特に問題もなく終わります。ただし、さっそくMac App StoreからXcode(無料)をダウンロードしようとしたところ、支払い方法の設定を求められました。そこで「クレジットカードなし」を選ぼうとしたものの選択肢に現れません。どうやら「クレジットカードなし」を選ぶためにはApple IDを作る前に無料の音楽なりアプリなりをダウンロードした実績を作っておく必要があるようで。そんなの解らないよ…。

仕方なくApple IDを取り直そうとAppeに問い合わせてそのApple IDを削除してくれるよう頼んだところ「削除してもいいけど、そのアドレスは二度と使えないよ。やり直したければ別のメールアドレスでどうぞ」という返事。でも、そのために会社のメールアドレスを増やすのは気が引けるので却下です。

ならばと、既存のApple IDのクレジットカードを設定を「なし」に変更する方法を教えて欲しいと頼んだところ、あっさり「できません」と。これってAppleらしからぬ設計ミスに思えます。

一度削除したApple IDを再取得できないのは良いでしょう。でも、Apple IDの支払いを後から「なし」に変更できないのは、どうにも理解不能です。クレジットカードなし状態のApple IDの作成や利用は抜け道でも何でもなく公式に認められているのですから、いつでもVISA、Master、American Expressなどと並んで「なし」を選べるようにしていて然るべきでしょう。例えば、我が子にMacを譲るといった場合に「Apple IDはそのまま、クレジットカード情報だけは外したい」といったニーズは多々ありそうな気がしますし。

あるいは、せめて一連のApple IDの新規作において、早い段階でクレジットカードを設定するかどうかを訊ねるか、クレジットカード情報を入力させてから「作成」ボタンを押させるような手順にしておけば、今回のような袋小路にはまり込むこともなくなります。そもそも後から取り返しがつかないことに関しては十分に配慮するというところがMacのOSの真骨頂だったはずなのに。

例えば、Windows XPではOSが入っているHDDのフォーマットがメニューから選べた(実行には至らないが…)。
対してMacの場合、OSの入ったHDDのフォーマットは選べないようになっている。

早急な改善を望みたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください