エポーレットシャーク

以前にも紹介したアンボンのナイトダイビングで撮影した歩くサメの一種。このときは歩くどころかぜんぜん泳ぎもしなかったけど。

エポーレットシャークの一種

この個体の発見者のマークさん(英国人外科医)は「アポレイトシャーク」と呼んでいたけど、スペルは解らず。

でも先週フジテレビで放送された「へんな生きもの2014」の録画を見ていたら、近縁種が登場していました。「エポーレットシャーク(Epaulette shark)」だそうな。

へんないきもの2014の1シーン
なぜか自分の尻尾を咬んで、側転を繰り返すエポーレットシャーク

そうか、アポレイトではなくエポーレットだったのか。自分の英語ヒアリング能力の低さを痛感しました。 ちなみEpauletteとは軍服などの肩章のことらしいです。 まあこれで一件落着。

こちらも読まれています:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください