人生初の手術

幸いなことに私はこれまで入院や手術(親不知を抜いたのは除く)を経験せずに生きて来られたのですが、とうとう手術を初体験しました。もっとも単に縫合した程度だけど。

唇付近に傷を負った際、自分では「口のあたりをちょっと切っただけだろう」と思っていたものの、マリンビレッジのYokoさんがすかさず病院の手配を始めました。どうやら傍目には大けがに見えていたようです。

そうして臨時雇いのバンジーさん(日本語の日常会話ができるフィリピン人女性。フィリピンでは短い時間単位で雇えるみたい)に連れられ、マリンビレッジすぐそばの定期船乗り場から対岸のネグロス島に移動。片道20分ぐらい。期せずして私にとってのフィリピンの有人島への上陸はこれで5島目となりました。マクタン、ルソン、セブ、レイテ、ネグロス。

SANTANDER 1号
定期連絡船(First Class)のSANTANDER Ⅰ号には第八たいゆうが使われていました

波止場からさらに車で10分あまり移動してドゥマゲッティ市の救急病院に到着。ここで傷口を縫ってもらうことに。

縫合担当は私服の年配男性ドクター(もちろんフィリピン人)。口だけぽっかり穴の空いた布を顔に掛けられ、カタコトの日本語を交えた英語で「イマカラ、Injection、Needle、イタイ、オーケェ?」とかと訊かれて、「OK」と答えると、口の横にチクリ。これが麻酔の注射だったはずですが、その後もチクリチクリが計8回。三度目からは毎回糸を引っ張る感触が伝わってきます。麻酔はほとんと効いてないようで。そんなものなんでしょうかね。病院慣れしてない私には、それが良い処置なのかどうかは解りませんが、まあ身を委ねるしかないので。

あとは抗生物質の錠剤と痛み止めの薬をもらってパンプボート(大型のバンカーボート)の定期船に乗って帰って来ました。

advil
宝石みたいな鎮痛剤のAdvil。 中を見たら試供品と書かれていました

大事に至らなかったので言えるのですが、不運は不運なりに異国の片田舎で人生初の手術的なことを施されるのは面白い経験だったかな。もちろんもう一回は御免だけど。抗生物質を飲むのは30年以上ぶりだなぁ。

それにしても、ここ1年は以前にはなかったような旅のトラブルが多い。不運なのか加齢で注意力が落ちたせいなのか…。ともかく何か幸運を呼び込まないとな。

こちらも読まれています:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください