ONE PIECE 第66巻

先日、ONE PIECE 第66巻が発売されました。やっとジョイボーイの伏線が少し回収されたかと思った矢先、また新たな思わせぶりな展開がわんさか。作者はあと何十年続ける気なのでしょうかね。

てなわけで以下は勝手な想像です。私は週刊少年ジャンプの連載は読んでいないので、ひょっとしたら既に結論も出ちゃっている件があるかもしれませんが。

・”四皇”黒髭による能力者狩り

てっきりティーチの特異体質とは胃袋が二つあって、それぞれの胃に異なる悪魔を宿せるって感じだと推測していたのですが、たくさんの能力を奪えるってことは作者はもっと特異な設定を考えているのでしょうね。

プルトン、ウラヌス、ポセイドン

ギリシャ神話に当てはめればそれぞれ冥府、天空、海の神。しらほし姫がポセイドンだったってことは、他の二つも生きている人物なのかな。ほんでもってクライマックスでは一堂に会するのではないかと。まだまだ何年も先ですね。

で、レイリーとプルトン、ウラヌスと空島の誰かは何となく繋がりがありそうななさそうな…。なぜレイリーが冥王と呼ばれているのかは明かされてませんし。

・ナワバリ

白髭亡き後、ビッグ・マムの海賊旗で守られてきた魚人島ですが、どうせなら話がわかる赤髪海賊団の旗を借りればよさそうなもの。シャンクスはナワバリなんかには関心がないということでしょうかね。

ま、いずれにせよ麦わらの一味がビッグ・マムを倒して魚人島を自身のナワバリにする方向で物語が進むはずですよね。

・ビッグ・マム

あの言動からするとビッグ・マムの能力は「酸」かな。何でも溶かしてしまうサンサンの実の能力者。マゼラン同様、ロギアっぽいパラミシアの。

マゼランのウィークポイントは四六時中の下痢でしたが、ビッグ・マムは定期的に甘いものを大量に食べないと自分自身まで消化されるって感じでしょうか。

・パンクハザード島

仲間の推測では、業火の向こうには極寒というパンクハザード島の現状は例の赤犬と青雉の死闘の名残りではないかとのこと。うん、確かにそんな気がします。4年前の事故とやらで無人になったので決戦の地に選ばれたと。

海軍を去った青雉、海賊になるのかな。サウロの意思を継いでいずれロビンに手を貸しそうな気がしますが、10人目はジンベエ?青雉?それとも…。

・下半身だけのサムライ

あれってバギーの仕業じゃないですかね。頂上戦争の修羅場をくぐり抜けたバギーも能力をパワーアップさせて他者もバラバラにできるようになったってことで。

戦争の後、無類の悪運の強さとアジテーションの影響力を買われて七武海に抜擢され、赤犬と青雉の死闘に立ち会わされた際にそのサムライを巻き込んでしまったとか。

さて、次の第77巻は周期的に8月第1週目の発売ですかね。待ち遠しいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください