スティーブ・ジョブズ=白ひげ説

病気療養中だったスティーブ・ジョブズ氏が遂にAppleのCEO職を辞任すると発表しました。

ジョブズを今風に例えると「白ひげ」かな。ONE PIECEのエドワード・ニューゲート。世界を揺り動かす圧倒的な力を持ち、最強の男と称されるも、小柄なゴールド・ロジャーに海賊王の座を譲ってしまいました。

現実の世界でいうと、天下を獲ったのはロジャーならぬビル・ゲイツ。そのカリスマ性はジョブズに遠く及ばないとも言われるものの、それでも勝者は紛れもなく彼でした。もっともロジャーの力量はまだ劇中で描かれていませんが。

その後ロジャーは公開処刑されます。ゲイツはもちろん処刑ではなかったものの、先に身を引き表舞台から去りました。ペイジ、ブリン、ザッカーバーグといった新世代の海賊(?)も台頭する中、ジョブズは病と闘い前時代の最後の大物としてその名を轟かせ続けます。

でもその伝説も終わりです。CEOは辞めても会長として残るということで、彼の息のかかった製品は今後もいくつか登場するかも知れませんが、彼の時代は幕を閉じつつあります。

ただし、彼が成し遂げた偉業、新しい世界の秩序はこれかも讃えられ、語り継がれることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください