MavericksでFrontRowが復活?

関連エントリ:OS X YosemiteでFrontRowが完全復活!


明日の22日(日本時間の23日)、新しいiPadなどとともにMacの新OS『OS X Mavericks』が発表される見込みです。Mavericksは月内に発売開始かな。

Front Rowのアイコンとはいえ私はいまだ自宅のiMacでLion(2011年7月発売)を使っています。現行のMountain Lion(2012年7月発売)の前のバージョンですね。理由はFront Rowが便利すぎるから。

Front RowはMacをAppleTVのようなメディアプレイヤーにする純正アプリ。離れたところからApple Remote(Apple純正の赤外線リモコン)を使ってMac内のコンテンツをフルスクリーン再生できます。
私はMacに繋いだ外付けHDDにビデオ(最近はNHKの『ダイオウイカ』や『深海鮫』がコレクションに加わった)を録り貯めているため、このアプリが必須です。
アメリカでの映画の予告編をザッピングできるところもいいのですよね。

そのFront RowがMountain Lionでまったく動かなくなったので、私はLionから移行できないでいました。PLEXやMacCentralMediaCentralといった同ジャンルのアプリも試したものの似て非なるものだったし。

でも、ここにきて良い情報を発見。フランス語ですが、Youtubeのデモ動画が貼られているので内容は解ります。どうやら有志がMountain Lion向けのFront Rowインストーラーを作ってくれたようです。今年の8月中旬にリリースされたみたいですね。

さっそくダウンロード。どうせならとMountain LionではなくMavericks(GM)にインストールしてみたところ、あっさり動きました。これで晴れて私のiMacも最新OSに移行できそうです。実に1年3ヶ月ぶりか。

と思ったのもつかの間、確かにDockから起動すれば動くしキーボードでは操作できるけど、肝心のApple Remoteに反応しません。起動はおろかメニュ操作も不可。これだと魅力激減です。

まっさらなMarvericsだからだろうと思い、Apple RemoteのMENUと右ボタンを長押ししてiMacにペアリングするも、やはりFront Rowは無反応。上下ボタンでMacの音量の調整はできるので、赤外線信号が無視されているのではなく、Front Rowの起動や操作との連携が切れているようです。

ああ、まだしばらくLionを使い続けることになりそう。MavericksはMacBook Airだけで使うか。

個人的な希望を言えば、Appleに純正のFront Row後継アプリを出してほしいところです。近年のMacは赤外線受光部がないのでリモコンにiOSデバイスも使えるようにして。

あるいはBluetoothリモコンでも良いし。

ほんでもってアプリ名は『Apple TV』かな。つまりセットトップボックスのApple TVをMac上で再現するアプリですね。映画や音楽もリモコンの簡単操作で買えたり借りれたりすると。

例えば、それが入ったMac miniをリビングの大画面テレビに繋いでおけば、けっこう楽しいメディア視聴環境ができ上がると思うのですよね。Apple、前向きに検討してくれないかな。

こちらも読まれています:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください