ANAマイレージを使っていいものか迷う

私にとっては珍しく今年は毎月ダイビングに行ってたのですが、ついに途切れるかも。理由は資金難。サウスレイテ行きではフィリピン航空のマイレージを使い損ねたし、春先にはウェットスーツを新調したからなぁ。

ちなみに今年潜ったのは、谷津、葉山、谷津、サウスレイテ、谷津、福岡(水族館)、マクタン、レンベ。谷津と葉山はもちろんダンゴウオ狙いです。

マクタンは4泊5日のダイビング費込みで約10万円だったけど、レンベは3泊6日ながらパックツアー代が17.5万円もかかったのですよね。いや、ダイビングの充実ぶりからしてその価値はあったけど出費の額としては大きいわけです。しかも、まだ引き落とされていないし…。

とはいえ余力がゼロではないので、まったく海に行かれないわけではありません。さすがに夏の伊豆方面には気が向かないけど、沖縄あたりにならようやく貯まったANAマイレージで行かれます。国内だと燃油代もかからないし。

でも聞くところでは先日からANAとサンミゲルの間で提携交渉が始まったらしいのですよね。もちろんANAの機内でサンミゲルのビールを提供するための交渉ではなく、サンミゲル傘下のフィリピン航空との提携話です。

フィリピン航空は昨年の春に優良会社であるサンミゲルの傘下に入ったものの、機内で出されるビールはColt45だったりします。

現状、フィリピン航空のマイレージはフィリピン航空および系列のPAL Expressの航空券にしか使えないけど、話がうまくまとまれば事情が変わってきそうです。

フィリピン航空がスターアライアンスに加盟することはなくても、共同運行便にANAマイレージも使えるようになるなら、私は沖縄よりもフィリピンに行きたいと思います。何しろマクロダイビングの充実ぶりでは雲泥の差があるので。

沖縄も豊かな海だと言われていますが、マクロ生物の種類と個体数はさすがにフィリピンには遠くおよびません。しかも沖縄のサンゴは白化が進んで死にまくっているし、ボートは複数ショップの乗り合いで窮屈だし、潜水時間も短くなります。とはいえ今さらイソマグロを追っかけるような大味なダイビングはやりたくないし。

もっとも提携交渉がいい形でまとまるかは解りませんが、ここはしばらく様子見でしょうか。そのうち気が変わるかも知れないけど。

ピグミーシードラゴン
恩納村のピグミーシードラゴン。体長約3cm。肉眼では糸くずにしか見えません。 たぶん「レンベピグミーシードラゴン」と同種です。 またこれを撮りに行きたい気もしますが…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください