Facebook疲れ

ここにきて私の数少ないFacebook友達が減ってきました。友達登録から外されちゃったのでしょう。先方が不意に「こいつには近況を流したくない」と思い立ったのかな。うん、確かに私はほとんどコメントや「いいね!」も返さないし、友達リストの整理の際とかにそうされても無理はないかな。

でも、なにも登録を削除せずとも今のFacebookには友達の属性を設定できるので、「Acquaintances list(知り合い一覧)」に格下げ編入(大きなニュースだけが流れるようになる)すれば事足りるはずなのですが。

ま、いいけど。私の性分は「来るものはなるべく拒んで、去るものはまったく追わない」なので。追加機能を把握して使いこなすよりも削除する方が簡単ですしね。

もちろん削除の理由は訊ねませんし、相手のウォールも見ません。Facebook上で再開する前の状態に戻るだけです。近しい人とは直接コミュニケーションを取ればいいし、逆に疎遠な人はやっぱり疎遠だと。そもそも私の場合、Facebookを始めない友人、知人の方が圧倒的多数だったりしますし、Facebookを始めるまでは知ることがなかった相手の近況や日常の出来事なんかを不意に知ってしまうつまらなさなんてのもあります。

でもなあ、人によっては落ち込むかもね。友達登録の削除はFacebookという言わば上辺のつきあいでさえ絶交されたようで。この先、中学生とか「Facebookの友達登録を外されて不登校に…」なんてことも起こりそうです。

もっとも、日本でも急速にユーザを増やしているFacebookとて、半年後、一年後はどうなっているか。ここ10年ぐらいではホームページ、blog、mixi、Twitter、どれもブームになってはしばらくして「●●疲れ」と呼ばれたりしました。なくなりはしないものの、たいていは「それなりの使い方」に落ち着くものです。Facebookもきっとそうなりますね。

差し当たり私にとってのFacebookは「情報収集のツール」。私とFacebook友達になってくれた奇特な人が流す近況は読ませてもらいますが、企業や団体のお知らせの類いを集めるのが主眼です。以前は公式Webサイトに能動的に取りに行かなければならなかった情報が勝手に届くのが便利なので。もちろん不要な情報で水増しされてもきますが、その点はTwitterと同じ。いや、メディアすべてがそうですね。

そして私の主な発信メディアはこのblog。これはもう自己満足の世界であるとともに自分に課した試練みたいなものなので今後も続けると思います。

でも、Facebookの方は「あなたがた、そうまでして人々と頻繁にコミュニケーションを取りたいの?」と思ってしまうのですよね。いや、他人の行動や価値観は否定しませんが、たぶんそのうちFacebook疲れして「たまに気が向いたときにだけアクセスしてみるだけ」みたいな人も増えて、やっぱり落ち着くべきところに落ち着くのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください