BCD個人輸入計画(1)

円高止まりません。震災直後以来の77円台ですか。なにしろ米国もユーロもデフォルト問題に直面していますからねぇ。 さてこういうときは円高メリットを活かしたいところ。とはいえ海外旅行に出かけるには燃油サーチャージが高すぎる気がします。パラオやフィリピンまででも片道1万円ぐらい。まだ許容できなくもない額ですが割高感は否めません。 そこで考えたのが輸入品の購入。私は過去にダイビングコンピュータ、水中ライト2機種、ゲージなどを個人輸入で買いました。ダイビング機材は送料を入れてもアメリカのお店で買った方が明らかに安かったりしますので。 今一番欲しいのは新しいウェットスーツなのですが、さすがに無理があるのでパス。 ならば次に欲しいのがBCD。なにしろ未だに18年前に買ったものを使っているので。

BCD 1993年モデル
私のBCD。SCUBAPRO CLASSIC 1993年モデル。 まだ裾の排気バルブが付いていません

まだ十分に使えはしますが当時とは自身の体型も体重も変わっているため(もちろん太った…)、どうにも浮力が適性ではない気がしています。水中では気にならないものの水面でボートを待つときに沈みがちなのは致命的です。 ちなみに今のBCDはSCUBAPRO CLASSICの<S>サイズ。直系の後継モデルの対応表を見ると胸囲が〜95cm、体重〜65kgだそうで。今となってはどちらも全然足りてません。胸元にもエアが入るジャケットタイプなので浮力に至っては<S>が約16.3kgで<M>の約21.3kg、<L>の約27.7kgよりも圧倒的に劣ります。ジャケットタイプは体重に合ったものを使わないとダメなのかもしれません。 ということでアメリカのショップから気に入った製品を取り寄せてみようかと。海外流通品のBCDはメンテナンス性に難がありますが(おそらく国内向けとは扱いが変わる)、そもそもBCDの本体はよほどのことがないと壊れない代物なので、まあ良かろうと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください