WiMAXの不便なところ

昨日、レンタル中のWiMAX端末URoad-7000を外に持ち出してみました。行き先は多摩動物公園。私のカメラ練習のフィールドですが、期せずしてそこで拙い現象に出くわしました。URoad-7000に接続しているiPhoneはWiMAX圏外に出ると通信がまったくできなくなるのです。

多摩動物公園内はまだWiMAX圏外でした。つまりURoad-7000は繋ぎ先がないわけですが、iPhoneはURoad-7000には繋がるので画面上部に電波強度をMAXで表示します。そのため一見すると良好な通信可能状態に見えるものの、実際にはWiMAX網から隔絶された状態。それでもiPhoneは電波強度の良好な既知のWi-Fiルータを見つけたので手放そうとはしません。

結局、URoad-7000の電源を切るかiPhone側の設定でWi-Fiをoffにして3Gに戻さないことには一切のデータ通信ができないということに。それって面倒ですよね。

もっともURoad-7000は約1年前の機種なので、URoad-8000やWMX-GWMRといった最新端末ではどうかは解りませんが、改善は見込み薄でしょうね。どちらかというとiOS側の問題のような気がしますので。Appleにリポートしておこうかな。

WiMAX Wi-Fi モバイルルータ URoad-8000


I-O DATA モバイルWiMAXルーター WMX-GWMR

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください