Jet Finのスプリングストラップはダメだな…

夏に元のストラップがちぎれたため、Jet Fin Revoにスプリングストラップを付けたわけですが、ダメですねこれ。

なぜかというと…。

フック破損

この通りです。フィンを履こうとしているときに引っ張ったら、あっさりちぎれました。まあ樹脂なので耐性が弱いのはしかたがありません。私も筋力がある方だし…。

ただ、この商品が拙いのは、同パーツを新品に付け替えようとするとスプリングストラップの根元のネジやその周りを分解しなければならない点です。

ネジはいいとしても、このスプリングの根っこのパーツを分解して取っ手のパーツを交換した後、また付け直すのは至難の業でしょう。

接合パーツまあ、スプリングストラップのアイディア自体は悪くないので、もっと工夫してもらいたいものです。例えば「ブーツのかかとに接触する面」と「外側の面で取っ手付き」の2枚構成の張り合わせ構造にするとか。そうすればスプリング自体はフィンから取り外さずに樹脂パーツだけ交換できるので。いや、スプリングの根っこのパーツをネジ止め目貼り合わせ方式にするのが簡単のような気がします。

ちなみにmic21のスタッフに尋ねたら、Jet Finユーザであってもフィンの側面を少々改造してapolloのBio Fin用スプリングストラップを取り付けるのが密かに流行っているのだとか。あちらはネジを外すだけでハンドルパーツを交換できますしね。今回、メーカーの無償か安価な修理が利かなければ、私もそうするかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください