長距離・中距離・短距離

私はINONのクローズアップレンズUCL-330とUCL-165M67を携えて海に入ります。そして先日のリロアン(マクタン島に近い方の)ではカニハゼ(体長約50mm)で撮り比べてみました。

素の状態の105mmマイクロレンズ(マクロレンズ)ではワーキングディスタンス(レンズ端から被写体までの距離)が20cm以上必要です。言い換えると20cm以内に近寄ったらピントが合いません。よって長距離撮影用ですね。

カニハゼ(素の105mmマイクロレンズで撮影)
素の105mmマイクロレンズだけで撮影。迫力が足りませんよね

そこでUCL-330を装着すると10cmぐらいまで寄れるようになります。それでいてピントが合う距離も前後数cmの幅があるので非常に使いでがいいです。中距離撮影用。多くの場合、私のデフォルト構成です。

カニハゼ(UCL-330を装着して撮影)
UCL-330を装着して撮影したカニハゼ。 尾びれが見切れているけど、全体的にいい感じです

そしてさらに近寄りたい場合はUCL-330からUCL-165M67に換装します。これだと5cmぐらいまで寄れるもののピントが合う範囲も前後約1cmに限られてしまうのでシビアです。短距離撮影用。

カニハゼ(UCL-165M67を装着して撮影)
UCL-165M67を装着して撮影したカニハゼ。 ピントが手前の目の1mmぐらい奥に合っちゃっているような…


訂正:

ここに書いているUCL-330関連の話は間違っているようです。後日確認したところ、105mmマイクロレンズとUCL-330の組み合わせでは、焦点距離を縮める効果はほとんどなさそうなので。

よってUCL-165M67か、もしくはUCL-165M67+UCL-330を組み合わせで使えってことですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください