ハウジングがリフレッシュ

Nauticam製ハウジングのオーバーホールが仕上がってきました。昨秋、浸水もないのにリークセンサーが光ったし、くたびれが目立っっていたので、ここらでちゃんと治しておくべきだろうと。

Nauticam D7000ハウジング
全Oリングは当然として、レンズポートのガラスやリークセンサーの基板とランプも交換となりました

費用はアンサーの野元さんの言では「ハウジング本体で約4万円、スーパービューファインダやレンズポートもあるから、諸々で8~9万円くらいだろう」との予想だったけど、結局127,440円まで膨らみました。まあ仕方ない。放置してもいいことはないので。

修理内容及び技術工賃明細

それに約6年間、300ダイブ以上で使ったもんな。普通は1〜2年もしくは100ダイブごとのオーバーホールが推奨だら、それを一括払いにしたと思えば割安かも。オーバーホールなしで使い続けるのはリスキーだけど。

さて、これでハウジングの見た目はともかく性能的には新品同様になったはずです。ならば早速ダンゴウオの幼魚を撮りに行きたいけど、川奈のジェスターの海峡情報を見ても、まだ目撃情報がありません。一昨年ぐらいまでは2月後半には大量に出ていたはずだけど、去年から遅れているようです。3月3日の時点で海水温が14℃以上あるそうだし、そりゃ生態の変調も起きるでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください