愛川欽也パックイン・ジャーナルが終了します

CSチャンネルの朝日ニュースターが朝日新聞からテレビ朝日に売却されたことに伴い、同局一の人気番組『愛川欽也パックイン・ジャーナル』が今週末の放送を最後に終了します。私はこの番組が好きで開始当初から見続けてきたのですが、月日の流れは早いもので出る側も見る側も14年分歳を食ってしまったのですね…。

パックイン・ジャーナルは簡単に言うと愛川欽也さんが司会の床屋談義みたいな番組。ただし名の知れたジャーナリストや弁護士やらがコメンテーターを勤めるため、各人の解説力や情報ソースはしっかりしていました。「日本で一番わかりやすいニューストークショー」を名乗りながらも各界の有識者の視聴者も多く影響力の大きい番組だったのですよね。

そして何といっても圧巻だったのは番組の開始当初からの悲願だった政権交代を目の当たりに出来たこと。そして残念だったのは、せっかくの政権交代が不成功に終わりそうなこと。長く続きすぎた自民党中心の政治のしがらみを断って、少しは身軽な行財政になれるはずだったのに…。

もっと言うと政権交代でいったんは番組内に燃えつき症候群的な雰囲気が漂った(愛川さんも辞意をチラつかせた)のに、民主党政権の予想外の迷走ぶりから継続せざるを得ず、その後はどこか痛々しいものがありました。まるで引退を許されなかった力士みたいで。

4月からの朝日ニュースターの番組表(今は見られなくなっています)では見事に報道色が薄れました。メインコンテンツはプロ野球の西武戦。親会社が替わってテレ朝のおまけチャンネルという扱いになったのでしょうかね。もう見る価値なしかな。

kinkin.tv logoちなみにパックイン・ジャーナルはkinkin.tvでリニューアルスタートしますね。月々500円のペイテレビ(当初無料)ですが、こちらの方が面白そうです。

こちらも読まれています:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください