トランスフォーマー/ダークサイドムーン

トランスフォーマーのポスター

7/29日(金)のレイトショーで映画『トランスフォーマー/ダークサイドムーン』を観てきました。21:15〜00:05という強引な時間帯だったもののシネコンのそのスクリーンはほぼ満員。

本作の感想は「前半は退屈だったけど後半は面白かった」でしょうか。例によって3時間と長い作品の前半は今回の話の筋立てと寒いギャグを交えたサムの近況説明に終始します。

話は1960年代に遡り、米ソの宇宙開発、アメリカの月有人探査は未知な飛行物体(実態はトランスフォーマー艦)の月への不時着が発端だったことが語られます。ちなみに後ほどバス・オルドリン元宇宙飛行士が登場しますが、演じているのは本人ですね。

一方でサムは地球と人類を2度も救ったにも関わらず、オバマ大統領から勲章を貰っただけ。大学を出ても就職できていないという話が長々と続きます。いや、これも後に判明する黒幕との関係性の伏線になっているのですが、この辺りがとてもかったるくて…。

さて、物語は次第にオートボットとディセプティコンの戦闘に移っていくのですが、正直、巨大ロボットのプロレスは見ててどっちがどっちかも良く解りません。いや、原色カラーリングがオートボットでメタリックがディセプティコンで、本作は決定的な一撃はスロー再生になっているのですが、それでも何がなんだか。ちなみに私がちゃんと見分けがつくのはオプティマス・プライム、バンブルビー、メガトロン、スタースクリームの四体だけだったりします。

今回、オプティマスは装備がパワーアップされてて、ジェットパックをトラックのトレーラーに変えて帯同しています。一方でメガトロンはボロ切れをかぶって砂漠で隠遁生活を送っています。ただしオートボットと地球人との同盟関係は脆く、そのためメガトロンの策略によって追放の憂き目に。オプティマスはそれを見通した上で甘んじて地球を去るのですが…。

まあでも最後は勧善懲悪でめでたしめでたし。

◆◆◆

カーズ2のポスター

翌日、今度は1日遅れで初日を迎えた『カーズ2』を見ようと思ったものの、近所のシネコンではレイトショーをやっていませんでした。一番遅い時間でも18:30〜。お子様連れ客シフトですかね。あるいは馬鹿げた節電の一環か。時間が合わないのもそうですが、大人1枚が1800円+300円(3D料金)ってのもどうかと。

この辺りは日本の映画産業のビジネスモデルの弱点ですね。数ヶ月後にはDVDも3,000円に満たない価格で発売され、レンタルDVDもある割には料金が高すぎなので。ダイビングで海外に行く際の飛行機でも見られそうですし。

暑〜い夏

今年の夏は節電もあって暑い…そうですね。私は暑さにも寒さにも鈍感なので、さほど実感はないのですが。 いやもちろん暑くても平然としていられるわけではなく、生来の暑がりなので少々の暑さも今年や去年ぐらいの暑さも大して差はないかなと。

弛れてるオランウータン
「ああ、カラダがとろけそう…」

上の写真は多摩動物公園で撮影。本来の生態はほぼ完全に樹上生活のはずだけど、飼育下だとこうなっちゃいますよね…。さすがは霊長目ヒト科、見事な順応力。

マイティ・ソー

映画『マイティ・ソー(原題:Thor)』を見てきました。同じMarvelの前作『X-MEN ファースト・ジェネレーション』とはうってかわって、お気楽なヒーロームービーです。何しろ神様ですからね。

マイティ・ソー

以下、ネタバレ多数。

◆◆◆

人種・人権問題の色が濃いX-MENのような重苦しさはなく、笑えるシーンも多数。中でも一番笑ったのが、砂漠で発見されたハンマーを囲んでヤジ馬連中がバーベキューをやっていたところ。確かにアメリカ人ならやりそう。フットボールスタジアムの屋外駐車場みたいなノリで。ちなみにハンマーを引き抜こうとして荷台を持っていかれたトラックのドライバーはスタン・リーですよね。

それから追放されたソーを探しに地球にやって来た4人のコスプレ行進もほほ笑ましく、ソーがシールドのコールソンに親近感を表すシーンなども感慨深いです。北欧神を信仰していたバイキングゆかりのアイスランドの命名ルールでは、ソー・オーディンソンは「オーディンの息子ソー」という意味だったりします。コールソンならコールの息子ですね。

本作では足が不自由なドナルド・ブレイク医師に身をやつすくだりは割愛されているかと思いきや、ジェーンの元彼としてこの名前が登場。おまけにソーの偽名としても使われます。この辺は原作を知っている人はニヤリとしてしまいますよね。

さて、前々から気になっていたのが固有名詞の発音。ソーはトールの英語読みと聞かされていましたが、ジェーン(ナタリー・ポートマン)らは「トール」に近い音で読んでいるように聞こえました。

同じくハンマーの名前は「ムジョルニア」と表記されていますが、こちらは北欧風のまま「ミョルニル」でしたね。

最後、エンドロールの一番下に「ソーはアベンジャーズとして戻ってくる」の一文が。アイアンマン、ハルク、ソーが出そろい、今月後半には米国で『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』が公開されて、いよいよアベンジャーズメンバーのビッグ4(ビッグ3+1)が出そろいます。

そういえば、本作でソーがシールド警戒下にあるハンマーの奪還を試みた際、狙撃体制に入っていたボーガンの男はアベンジャーズメンバーのホークアイですね。

そして最後の最後、ニック・フューリーがからむ伏線を張ったところで映画が終了します。しかもロキが手ぐすねを引いていて…。なるほどソーとの戦いに敗れて異空間に吸い込まれたロキが飛ばされた先がミッドガルド(地球)だったのを見たためヘイムダルはソーに地球に行く方法があると告げたのか。

うん、愉快な作品でした。でも3D上映する必然性や相乗効果はまったくなかったかと。300円釣り上げるためだけの処置に思えてなりません。

さて、キャプテン・アメリカでどこまで話が進むのか。きっとアベンジャーズの結成シーンで終わるのではないかと予想するのですが、ともかく、その先はMarvelユニバースのクロスオーバーが見られそう。楽しみです。

でも、キャプテン・アメリカ、何で日本は10月公開なんだろう…。

X-MEN ファースト・ジェネレーション

映画『X-MEN ファースト・ジェネレーション(原題:X-MEN First Class)』を見てきました。実は二年ぐらい前、制作の噂が出たときから楽しみにしていたのにうっかり沖縄行きを入れてしまい、初日に見損ねたのですよね。

さて、以下は本作のネタバレ大量です。まだ見ていない人は読まないでおくべきでしょう。

◆◆◆

X-MENシリーズの第5作目は前作のクライマックスよりもさらに前の時代、キューバ危機(1962年)の頃の物語です。過去にたもとを分かち、敵同士でありながら互いに友情を持ち続けているプロフェッサーXとマグニートーの若き日の出来事が描かれています。私が昔のアニメ作品などで断片的に知り得た限りのX-MENとはいくつもの設定が変えられていますね。

Professor XMagneto

若き日のチャールズ・エグゼビアはジャン・リュック・ピカード艦長然とした晩年のプロフェッサーXとは違って随分チャラい感じです。対照的に若きエリック・レーンシャーはミュータントパワーこそ未開発であるもののマグニートーそのもの。なにしろ強制収容という強烈に暗い過去を背負っていますので。

裕福な家庭に生まれ、知性にも恵まれ、幼い頃に自身のテレパシー能力に気付いていたチャールズは、エリックを含む他のミュータントの教師役を買って出ます。

Mystique本作で最も重要な役割を担ったのがレイブン(後のミスティーク)でしょう。彼女はチャールズの妹として育ちます。あまり必然性のない設定のように思えますが、「ミュータントは誇り」「ありのままを受け入れよう」というレディー・ガガ的な思想でもってマグニートーに寄り添うことになる心の揺れ、振れ幅を体現しているのですよね。ちなみに半世紀後、変身能力を失ってもスーパーモデル級の容姿を保っていられた理由が明かされました。特殊な細胞を持つ彼女の場合、老化のスピードが遅いのだそうで。

Dr.Mactaggert次に驚くのがモイラ・マクタガート女史。本作ではなんとCIAの諜報員でした。3作目にもマクタガート博士として登場してましたし、てっきりお医者さんだと思っていたのですが、医官的な諜報員でしょうか。わざわざ同姓同名の別人ってことはないでしょうから、騒動に巻き込まれ、チャールズと親しくなったことでミュータント問題に取り組むべくCIAを退職して遺伝子学者になった秀才といった感じでしょうかね。

HAVOKそれから親子シリーズが三組。まずアレックス・サマーズ(ハボック)は原作ではスコット・サマーズ(サイクロップス)の弟ですが本作では親世代として登場します。同じサマーズ姓でやはり赤色の破壊光線(オプティックブラスト)を放つので、父親への設定変更でしょう。自分の意志で破壊光線を発射できる分、サイクロップスよりも洗練されているとも言えましょう。

VANSHEE同様にバンシーが第2作目に出てきたサイリーン(学園が襲撃を受けた際、超音波を伴って叫んでいた少女)の父親となるはずです。こちらは父娘でまったく同じパワーかな。

さらにもう一人、アザゼルがナイトクローラーの父親ってのも決まりですね。母親はもちろんミスティークで、この点は原作通り。悪魔的な外見とは裏腹に誰よりも善良な心を持った息子は父からはテレポート能力と器用な尻尾を、母親からは異形の姿と青い皮膚を受け継ぎました。

AZAZEL

SHAWそして圧巻はセバスチャン・ショウ。チャールズやエリックよりも上の世代のミュータントです。正直、私は途中までエリックが彼を憎む理由が解りませんでした。エリックがアルゼンチンでナチの残党二人を私刑し、ナントカ号って船を襲撃するくだりでも「何で?」と。なるほど、アウシュビッツでエリックの母を射殺したメガネのあいつがセバスチャン・ショウだったのですか(私はしばらく経たないとガイジンの見分けが付かないもので…)。ああ、だからこそショウはエリックのミュータントパワーにも動じず着目し、能力を開発しようとしたのですね。「自分はナチとは違う」という発言にも納得です。同じ選民思想でも支配者階級は金髪碧眼のアーリア人種ではなく自分たちミュータントであると。悲しいかな彼の地位とテレパシー遮断ヘルメットはマグニートーに奪われてしまいますが。

ちょっと解りにくいのは、爆発、破壊光線、銃弾、打撃とあらゆる物理的攻撃が通じないショウが突如無力化された点。エリックがショウのヘルメットを奪うことに成功したので、チャールズが遠隔地からフリーズの技をかけたのですね。第2作目の自然史博物館で来場者全員を固めたあれで。

そして終盤にチャールズが背中に銃弾を受け、下半身不随になって後の物語に繋がります。一つ大きな矛盾は第4作目でフェニックスパワーを秘めた少女ジーン・グレイを訪ねた際の彼はまだ歩けてたこと。どっちかって言うと前作の方の設定ミスでしょうが。

で、私の感想を言うと「終盤は盛り上がって面白かった」です。違う言い方をすると「前半は凡庸」かな。CIAでチャールズが皆に稽古をつけているあたりまでは割と退屈な感じだったなぁと。でも、一通り把握してからまた見返すと違う印象になりそうな気がしますが。

途中、ウルヴァリンは実に解りやすく登場したもののスタン・リーの姿は見つけられませんでした。今回もどこかに出演していると思うので、DVDが出たら改めて探してみるつもりです。


ウルヴァリン:X-MEN ZERO クアドリロジー ブルーレイBOX
〔初回生産限定:デジタル・コピー付〕 [Blu-ray]

上原美優の訃報を受けて…

残念ですね。奇しくも月間ダイバーの来月号の特集記事が上原美優だったのに、お蔵入りかな。不祥事とは違うものの、自殺となると扱いが難しそうなので。きっとインタビューでは海にまつわるポジティブなコメントを語っていたのでしょうから。

私はクリスチャン(確か自殺は禁じられている)でもクリンゴン(スタートレックの異星人。やはり自殺を禁じている)でもないものの、かつては「自殺なんかするやつは…」と思っていました。「生きたくても生きられない人が大勢いるのに」「死ぬ気があるなら開き直って行き直せばいいはず」などと。

でも自分も長く生きてきて、それなりのことを経験し、いろいろな話を見聞きするにつれ、きっと「人には生きることを続けられなくなる瞬間があるのだろう」と思うようになりました。その理由がもし仮に他人からすれば些細なことであっても本人にとっては最大限に深刻だったりして。

慎んでご冥福をお祈りします。