スーパーボウルへの険しい道のり

SuperBowl-46近年、私の誕生日に合わせてスーパーボウルが開かれることが多くなりました。何となく嬉しいです。

私はあらゆる球技の中ではアメリカンフットボールが一番面白いと思っています。野球以上に緻密なセットプレーの連続と一発大逆転の妙味、サッカーのような突然の攻守交代、ラグビーよりも激しいフィジカルコンタクト。これらのすべてが盛り込まれているので。しかもスーパーヘビー級のプロレスラー並の大男揃い。その一方で先進的でもあります。テレビ中継ではファーストダウンの目安となるバーチャルな線が合成表示されますし、ヘッドコーチがクオーターバックにトランシーバーで指示を出すのですよね。

というわけで私も毎年スーパーボウルを楽しみにしています。今朝はよほど午前休にしようかと思ったものの、月曜の朝には定例会があるので、まあ録画でもいいかと。

でも、日中うっかり結果を見てしまわないように気をつけないと。私は勝敗やスコアを知っててもゲームを楽しめる方ですが、どうせなら何も知らされずに観戦したいところです。

ただし、仕事を終えて帰宅するまでにはあちこちにトラップが。まず、報道系のWebサイトにアクセスしたら結果が出ていたりしますし、メーラーにはNFL Japanからのメール、Facebookのニュースフィードにも何かしらニュースが流れてきているはずです。もちろんiPadのNFLオフィシャルアプリは絶対に起動できません。幸い、iPhoneのMMSに試合結果を送り付けてくる知人はいませんけど。それやられると待機画面に表示されちゃいますからね。

ほんでもって帰宅の電車移動用に「小島慶子キラ★キラ」や「荒川強啓デイキャッチ!」のPodcastをダウンロードして聴くと、そこで何かしら触れられているかも。月曜日は生島純さんや永谷修さんが出てるので。

加えて山手線の車内モニタやYAMADA電気の電飾看板にニュースが流れかねないので観ないようにしないと。

というわけで頑張って何とか情報を遮断したまた家に辿り着くことができました。これから4時間、年に一度の楽しい時間を堪能します。

琉神マブヤー THE MOVIE 七つのマブイ

おう、琉神マブヤーの映画が今日から全国公開されてますね。 といっても全国14館、関東は新宿ミラノと川崎チネチッタのみらしいけど。

新宿ミラノの本日11:50からの回では『舞台挨拶&ハイタッチ会付き上映』が行われるそうな。あげー。

琉神マブヤーの映画ポスター

キャストは映画用に一新されていて豪華。仲間由紀恵さんまで出ています。残念ながらマジムン軍団に私の好きなハブクラーゲンはいないようです。

それにしても今や沖縄のテレビCMはコンビニも車も保険も、とにかく何でもかんでも琉神マブヤー。沖縄好きの人なら映画も見ておかないと。

でも、このために映画館に行くのも何だ。DVDになってからでもいいかな。上映館少ないんだから、iTunesとかで同時公開してくれてもいいと思うんだけど…。

practice, practice, practice

我ながらこの一年弱でずいぶん水中写真が進歩したと思っています。画質の面ではSONY Cyber-shot HX5VをNikon D7000に持ち替えたことが大きいのですが、絵づくりの面では動物園での練習の成果が出たのだろうと。

私は天気のいい休日にちょっと時間が空いたら多摩動物公園に向かうことにしています。そしてウォーキングがてら写真の練習です。こないだの日曜日も半袖Tシャツ姿で写真を撮っていました。気温が10℃以下でも日が照っていて風がなければ体感温度は十分なので。

そうして撮った一枚がこちら。

大あくびするアムールトラ
ひなたぼっこ中のアムールトラ

撮りたいものを見つけたら、どういう絵面にしたいかを考えてポジション取り。あとはカメラを構えて決定的瞬間が来るのを待ちます。でも要点はそれぐらい。写真の上級者はどうか解りませんが、私のレベルならこれだけで十分な練習になります。

水中写真のためだからと水族館に出向く必要はありません。水族館の光は不自然なので、むしろ写真の練習には不向きです。

カメラもコンデジで十分。要は自分の思い通りにならない生きものの印象的な構図を考え、動きを予想しつつ決定的な瞬間を待って撮る感覚が身に付けばいいわけで。そして陸上での上達は水中でも活きてきます。

タツノオトシゴのガチャガチャ

昨日、タツノオトシゴのガチャガチャ(ガシャポン)を発見しました。1回200円です。 さっそく2個購入。出てきたのがこちら。例によってマグネットになっています。

タツノオトシゴのガチャガチャ
オオウミウマの「黒」と「黄色斑点」

大きさは縦が55mm、幼魚サイズですね。注文をつけると、もっと透明感のある樹脂を使ってくれてれば背びれが本物に近く見えると思うのですが。 なお、フィギュアのバリエーションは全16種類ですが、モデルはオオウミウマとリーフィーシードラゴンの2種類のみと、ちょっと寂しい感じです。

タツノオトシゴのガチャガチャの差し込み紙

それに、先日のウミウシフィギュアほどのお見事さは感じられません。

ツノキイボウミウシ
ウミウシはフィギュアの題材として絶妙

と言うことで個人的にはタツノオトシゴよりもウミウシの種類をもっと増やして欲しいところです。