武蔵小杉 vs. 新百合ヶ丘

住んでいる賃貸アパートの更新が迫ってきたので引っ越すことにしました。更新料を取られるのは嫌だから。

引っ越し先の条件として「両空港へのリムジンバスが出ている」や「大きなスポーツジムがある」などを考慮して絞った候補地が以下の二つ。

  • 武蔵小杉
  • 新百合ヶ丘

武蔵小杉はリムジンバスだけでなく成田エクスプレスも走っているし、新百合ヶ丘と同じくグレードIVのコナミスポーツもあります。

もちろん武蔵小杉は新百合ヶ丘よりも都心に近く電車の乗り入れも多いので家賃の水準が高いものの、その価値があると思えたならば、まあよかろうと。

そこで何回かに分けて武蔵小杉の近辺をぐるっと歩いてみたけど、その感想は「微妙」でした。近年これほどもてはやされているので何となく今風のかっこいい街かと思っていたものの、実際は古い街並みみの中にタワーマンションがいくつか建っている感じですね。

武蔵小杉のビル群。Wikipediaより
武蔵小杉のビル群。Wikipediaより

駅周りの商業ビルの規模やテナントも中途半端だし、再開発の建設ラッシュに街の新陳代謝が追いついていない印象です。昔からの住民も多いので無理もないけど。

そのためお値段が手ごろな賃貸物件は狭いか築年数が長いかあるいはその両方。古い物件は当然内装も昔風だけどもはや和室は不便だし、設計が古いキッチンや追い炊きできないお風呂、洗濯機置き場が室外とかだと残念ですよね。

よって個人的には武蔵小杉は高い家賃を払ってまで暮らしたい街には思えませんでした。タワーマンションに越してきた新しい住民や持ち家に住む昔からの住民には愛着のわく街なのだろうけど。

ならば武蔵小杉ではなく近隣駅の徒歩圏に住んで家賃を抑え、必要に応じて武蔵小杉に繰り出すのはどうかとも考えたけど、東急の両隣の新丸子と元住吉、そしてJR南武線の向河原と武蔵中原は小さな駅。しかも両沿線のエリアは古くから開発され切っているのでやはり街並みは古く、狭苦しい感じがします。そう、閉所が嫌いな私は細い路地の多い昔ながらの街が苦手なのですよね。

というわけで結局使い慣れた新百合ヶ丘に落ち着きました。武蔵小杉よりもローカルで街の規模がずっと小さいけど、その分家賃水準が安いし、それでいて必要な商業施設がミニマルに揃っていて一駅だけで生活が完結します。映画館もあるし。

新百合ヶ丘は遅れて開発されたため街並みが新しいのに高層タワーマンションなんて一棟もないので空が広くて解放感があります。多摩動物公園にも近いし。もう少し飲食店が増えてくれると嬉しいのだけど。

ただし新百合ヶ丘や多摩方面は起伏が多いのがちょっと難点。そこは土地がフラットな武蔵小杉近郊が羨ましいかな。

武蔵小杉のダイビングスクール

先日武蔵小杉に行く用事があったのでピーシーズというお店に寄ってみました。以前、新百合ヶ丘の駅前でビラを配っていて気になってたので。武蔵小杉店といいつつも最寄り駅は新丸子ですね。

ピーシーズ武蔵小杉店
ピーシーズ武蔵小杉店

応対してくれた下山未奈美さんにどんな感じのお店なのかを訊ねたところ、主に学生にCカードを取ってもらいダイビングツアーやスキーツアーを敢行しているのだそうな。まあWebサイトを見て、きっとそうだと思ったけど。

よって私が通いたくなるお店ではありませんでした。そう、私が期待したのは幅広い年代の仲間と集ってわいわいできる感じの店舗なのですよね。とっくの昔にCカードを取った人もこれからの人も分け隔てなく付き合えるような。かつてのコナミスポーツのダイビングスクールのように。

つくづくコナミスポーツのダイビング廃業が惜しまれます。あれからもう3年だ。やっぱかつての仲間と音信を保って頻繁に飲み会やるしかないかな。

ANAの罠

ANAマイレージって評判悪いですよね。JALの特典航空券は便に空席があれば取れるけど、ANAは空席の多少に関わらず枠が決まっています。しかもANAマイレージのシステムには罠があるという…。

来月、10ヶ月振りにダイビングに行こうかと。その際、予算を抑えるべくANAマイレージでマニラ行きを画策。ただし希望した日程だと復路に空きが無かったので空席を待つことに。

そして先日、「空席待ちのお座席がご用意できました」というメールが送られてきました。

ANAからのメール

メールを受信したのが1月26日の9時過ぎ。そして預かり期限は1月27日11時とのこと。

このとき、1月26日の11時頃にiPhoneでURLをタップしたものの、Safariの読み込みがもたついたためその場では何もせず数時間後にMacからアクセスしたところ、以下のメッセージが表示されました。

ANAマイレージクラブのエラー画面

解約した覚えなどないので問い合わせたら、「お客様が確認の手続きをしたため期限が26日の12時までに繰り上がり、その期限内に発券しなかったため解約となりました」だと。これには呆然。私は予約内容を確認していないけど、ANAマイレージのサーバーがURLを介したアクセスを検知したら、それでもう確認したことと見なされてしまうようです。

そしてどうやらメールの文中にある以下の文面がその断りだとのこと。

※ANAウェブサイトで購入する場合、予約確認時に再度期限が変更となる場合があります。
予約確認後、すぐに手続きをお願いいたします。

こんな曖昧な表記で、さも客側が解約の意思表示したことにするとは…。

何とも腑に落ちないので少々食い下がってみたものの、オペレータの女性は「申し訳ありませんが私としてはどうにもできません」とのこと。まあそうでしょうね。システムがそうなっているのだろうから。その場は改善を要望して諦めざるを得ませんでした。

そしてこの罠にはまったのは私だけではなく、一緒に行く予定だった連れも同じ理由で空席待ちの特典航空券が解約されてしまったとのこと。まったくもう。

ANAがそのようにシステム設計した意図を理解し兼ねるのだけど、サービスとして航空券の特典をうたいつつも、なるべくその権利を行使させたくないのでしょうかね。

せめて目立つところに「下記のURLにアクセスした場合、1時間以内に発券してください。その期限を過ぎると発券不可となります。」とでも書いてくれていればいいものを。ANAのシステム設計者はダメだな。

妊婦

妊娠中のイシヨウジ。

妊娠中のイシヨウジのお腹
妊娠中のイシヨウジのお腹

この状態の雌はペアとなった雄のお腹に歯磨きチューブを絞るような感じで卵を産みつけます。