自転車の空気もれを治してみた

ミニベロのコモラード

近ごろ私の自転車の後輪は空気が抜けやすくなりました。暫くぶりに乗ろうとするとタイヤがぺたんこ。でも空気を入れるとパンパンに膨らむし、1〜2時間問題なく走れるのでパンクはしてないはず。とはいえ翌日にはまたぺったんこになってしまいます。空気がじわじわと抜けているのでしょう。

よって修理することに。まず虫ゴムの劣化を疑ってダイソーで買ってきたスーパーバルブ(100円)に交換。

自転車用スーパーバルブセット

でも、症状改善せず。

ならばタイヤチューブ側に微細な亀裂があるのだろうと思い、自転車用瞬間パンク修理材をやはりダイソーで購入。

自転車用瞬間パンク修理材

このスプレー缶は修理剤とともに圧縮された空気も入れてくれるとのことで、試すと10秒もしないうちタイヤがぺたんこに萎んだ状態からにパンパンに膨らみました。

そうして試運転し、1日寝かせたものの空気量は保ったまま。修理材で防げる程度の微細な穴が空気もれの原因だったようです。調べたところこの症状を「スローパンク」って言うそうですね。簡単に治せて良かった。チューブにパッチを当てるのは面倒だから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください