ONE PIECEって何だろう?

新型コロナウイルスの拡大を受けて、ONE PIECEを含む様々な漫画作品が休載になるようですね。無理もないけど。漫画家のお仕事は免疫を高く保つのが難しそうだし。

こんな時だからこそ、HUNTER x HUNTERが短期でも再開してくれないかと思うものの(休載が長引いて、続きの何話かは既に描き溜めてると期待して)、そうそう希望通りにはいかないかな。

さて、そんなわけでONE PIECEの97巻の発売も遅れることになるから96巻を振り返っておこうかと。

ONE PIECE 96巻の表紙

以下、感想などを順不同に。なお、連載は読んでいないので食い違いがあるかもしれない点はご容赦を。

ティーチの特異体質

白ひげ海賊団に拾われたティーチは、バギー曰く「眠ったことがない」そうで。頂上戦争で白ひげから奪った二つ目の悪魔を身に宿した際に体の異形が言及されていたけど、やはり特異な体質なのですね。後々また語られる機会が来るでしょう。いずれ麦わら対黒ひげの対決があるだろうから。

傳ジロー

睨んでいた通り狂死郎親分が傳ジローでした。オロチに歯向かった小紫を切り伏せるも密かに逃して、実は味方側の人物だってことがほのめかされてましたからね。

しかも丑三小僧として夜な夜な義賊活動に繰り出すものだから昼間は眠そうで、居眠り狂死郎の異名がついたというのは、なるほど納得。

初登場の際に「オロチ様も小心でござる」と笑っていたのも、今にして思えば「オロチが妄想癖に取り憑かれている」という印象を周りに植え付けるためだったわけだ。

侍、でけぇ

ふと気になったのが、光月おでんと赤鞘九人男が揃って巨漢であること。菊之丞にしてもそう。おでんの国外脱出の際にワノ国を離れたっきりの兄のイゾウはそれほどでもないのに。侍には何か理由があるのかも。

ロードポーネグリフ

白ひげのクルーだった光月おでんを借りたロジャーは、リンリンが持っていた石の写しに加えて、魚人島、ワノ国、そしてゾウで4つの赤いポーネグリフを揃えてラフテルに辿り着きました。

時は流れて現在、赤いポーネグリフはゾウの聖域に一つある他にはビッグマムとカイドウが一つずつ持っていて、最後の一つが行方しれず。魚人島の海の森にはジョイボーイの謝罪文の方しか残っていなかったはずなので、かつてその隣にあったやつが所在不明になっているわけですね。カイドウ達を倒して石を奪い返し、ワノ国を開国した後は、いよいよ最後の一つを探す流れになるのかな。

ONE PIECEとLaugh Tale

さて、ONE PIECE最大の謎が「ONE PIECEとは何か?」です。本巻ではラフテルで歴史のすべてを知り、漠大な宝の前でロジャーが大いに笑ったとだけ描かれているけど、私の希望的な予想はこう。

「ONE PIECEとはONE PIECEのコミックス全集である」

古代からの歴史が描かれた何千、何万冊にも及ぶ漫画本が全巻取り揃えられていて、新刊も随時追加されるという。自動漫画制作の仕組みは昔の「コミコミの実」の能力者の産物かな。

そして、ロジャーがそれを見つけた時にはその顛末の冒険譚も描き足されたものだから笑いを堪えられず、最果ての島を「Laugh Tale(笑い話)」と名付けたと。

つまりかつてはロジャー達が、そして先々ルフィたちもONE PIECEの劇中でONE PIECEの漫画を読むシーンが出てくるかも。

これぐらいとぼけた展開なら「歴史の全てを知る」と「思いっきり笑える」が両立するなと。まあ、単なる憶測ですが。

ルフィ&ロー&キッド

シャボンディ諸島以来の3海賊団共闘。敵もカイドウとビッグマムの四皇同盟。いよいよクライマックス前の大きな山場の一つに突入ですね。

こちらも読まれています:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください