利きCivet Coffee

先日、いわゆるCivet Coffeeをいただきました。ジャコウネコの糞から取り出した豆を使ったコーヒーですね。中にはべらぼうに高いものもあるらしいけど、まあピンキリなのでしょう。ジャコウネコを飼育してコーヒー豆を食べさせれば原料は採れるわけだから。

Tanao Hills Civet Coffee

さて、私の手元には先日購入した有田焼のコーヒーフィルターがあるので、せっかくだから飲み比べることにしました。

  • 有田焼のフィルターを使って淹れる
  • ペーパーフィルター使って淹れる

結果、見事に味が違いますね。私もコーヒー好きながら味にうるさいわけではないのだけど、比べてみたらペーパーフィルターで淹れた方は雑味がたっぷり残っているのが判ります。

対して有田焼のフィルターを使った場合、実にスッキリした味わい。これはいいですね。コーヒーの味ってこういうものなのかもという再発見がありました。有田焼フィルターの効果絶大だ。

ただし、素焼きのコーヒーフィルターは使用後が面倒なのが難点ですね。紙フィルターみたいにそれごと廃棄すればいいわけではないから。

こちらも読まれています:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください