ダンゴウオはまだか?

昨日は東京も気温が下がりましたよね。暑がりの私には快適だったけど。花粉も少ないし。

さて、今年は伊豆でダンゴウオの幼魚の出現が遅れています。例年だと2月後半には目撃情報が出てるはずなのに。何しろ3月12日の時点でも海水温が14℃もあるらしいのですよね。

このままだと今年のダンゴウオは無しかなと思っていたけど、この寒さで伊豆でもあと1℃くらい水温が下がってくれれば親魚も産卵に上がってくるかも。是非そうなってほしいものです。

とはいえ産んでも孵化まではしばらくかかるから今週末の三連休には間に合わなさそう。撮りに行くなら来週末かな。

でも、もし水温が下がらなければどうなるんでしょうかね。ダンゴウオは3年ぐらい生きるらしいから、ここで命が途絶えることはないだろうけど、今年生まれ育つ個体は例年より少なくなるかもしれません。例年、浅場で幼魚が見られるってことは、そこが産卵や孵化に適しているからだろうし、より深場で孵化しても生存率は低いかもしれないですよね。

ダンゴウオの幼魚
昨年撮影したダンゴウオの幼魚

こちらも読まれています:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください